ジュールズ・ストロンボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュールズ・ストロンボー
プロフィール
リングネーム ジュールズ・ストロンボー
チーフ・ジュールズ・ストロンボー
チーフ・ランニング・ヒル
フランキー・ヒル
フランク・ヒル
本名 Francis Huntington[1]
ニックネーム 荒熊酋長
身長 188cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 1952年????
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カンザス州の旗 カンザス州
カンザスシティ
テンプレートを表示

ジュールズ・ストロンボーJules Strongbow)のリングネームで活躍したフランク・ヒルFrank Hill、本名:Francis Huntington1952年 - )は、アメリカン・インディアンの元プロレスラーアメリカ合衆国カンザス州カンザスシティ出身。

来歴[編集]

1970年代フランク・ヒル名義でデビュー。インディアンギミックベビーフェイスとして、中西部NWAセントラル・ステーツ地区AWAなどで活動する。1978年にはAWAにて、ニック・ボックウィンクルブラックジャック・ランザボビー・ダンカンレイ・スティーブンスパット・パターソンスーパー・デストロイヤー・マークIIアンジェロ・モスカロード・アルフレッド・ヘイズセシル・デュボアなど大物ヒールジョバーを務め、インディアン・レスラーの大御所ワフー・マクダニエルのパートナーにも起用された[2]

1979年11月、ワフー・マクダニエルとのインディアン・コンビで全日本プロレス世界最強タッグ決定リーグ戦に初来日。キャリア不足のためマクダニエルの足を引っ張る形となり、対戦チームへの白星配給係で終わったが、開幕戦でアブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シークの「地上最凶悪コンビ」に血ダルマにされたシーンは語り草となるなど、ジョバーとしての役割を全うした。

帰国後はロサンゼルス地区チーフ・ランニング・ヒルChief Running Hill)を名乗り、メキシコ系アメリカ人アル・マドリルとのタッグチームで活動。オックス・ベーカー&ジ・エンフォーサーなどのチームと抗争し、ヒール時代のハルク・ホーガンともシングルマッチで対戦している[3]1981年にはオクラホマ州のトライステート・プロモーションにてポール・オーンドーフの実弟テリー・オーンドーフらと組み、同地区認定のタッグ王座を獲得した[4]

1982年チーフ・ジェイ・ストロンボーの「弟」として、ジュールズ・ストロンボーのリングネームでWWFに登場。6月28日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにて、ミスター・サイトー&ミスター・フジの日系悪党コンビからWWFタッグ王座を奪取した[5]。7月13日にアレンタウンでサイトー&フジに奪還されるが、10月26日に同所で返り咲きに成功。以降、翌1983年3月8日にワイルド・サモアンズに敗れるまでタイトルを保持した[5]。WWFでは、ジェシー・ベンチュラアドリアン・アドニスブラックジャック・マリガンジミー・スヌーカカウボーイ・ボブ・オートンスウェード・ハンセンバロン・シクルナスーパースター・ビリー・グラハムバディ・ローズビッグ・ジョン・スタッドサージェント・スローターイワン・コロフらと対戦し、当時マグニフィセント・ムラコが保持していたインターコンチネンタル王座にも再三挑戦している[6][7]

WWFを離れた1984年からはフリッツ・フォン・エリックの主宰するテキサス州ダラスのWCCWにて活動[8]。リングネームに "チーフ" を冠し、チーフ・ジュールズ・ストロンボーChief Jules Strongbow)として活躍する。WCCWでは "ロックンロール" バック・ズモフ[9]とコンビを組み、ファビュラス・フリーバーズキラー・カーンジェイク・ロバーツジノ・ヘルナンデスクリス・アダムスミッシング・リンクスコット・アーウィン&ビル・アーウィンなどのヒール勢と抗争。ジュールズが劣勢になると、ロックンローラー・ギミックのズモフがエプロンサイドをパーカッション代わりに叩きながら彼を鼓舞し、士気の高まったジュールズが闘いの踊りを舞って反撃に転ずるという展開を見せた。

1985年はニューヨークのインディー団体IWCCWにてグレート・コキーナと対戦[10]1988年よりペンシルベニア州のインディー団体NWF(かつてクリーブランドに存在したNWFとは別組織)に参戦し、晩年のブルーザー・ブロディともタッグを組んだ。以降も1990年代から2000年代初頭にかけて、同団体やオハイオ州のIWAなどにスポット出場。1999年には、当時のインディアン・レスラーの新鋭だったナバホ・ウォリアー[11]と組んでアイアン・シーク&ニコライ・ボルコフの往年の反米コンビを破り、NWFタッグ王者となっている[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAハリウッド・レスリング
NWAトライステート
  • NWAトライステート・タッグ王座:2回(w / テリー・オーンドーフ、エリック・エンブリー) [4]
ワールド・レスリング・フェデレーション
インディー団体
  • NWFタッグ王座:2回(w / ナバホ・ウォリアー、アル・ボールド・イーグル)[1]
  • WWWAタッグ王座:1回(w / アル・ボールド・イーグル)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Wrestler Profiles: Jules Strongbow”. Online World of Wrestling. 2009年9月22日閲覧。
  2. ^ The AWA matches fought by Frank Hill in 1978”. Wrestlingdata.com. 2015年1月12日閲覧。
  3. ^ The NWAHW matches fought by Frank Hill in 1980”. Wrestlingdata.com. 2015年1月12日閲覧。
  4. ^ a b NWA Tri-State Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  5. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月19日閲覧。
  6. ^ The WWE matches fought by Frank Hill in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年1月12日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by Frank Hill in 1983”. Wrestlingdata.com. 2015年1月12日閲覧。
  8. ^ The WCCW matches fought by Frank Hill in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年1月12日閲覧。
  9. ^ Wrestler Profiles: Buck Zumhoff”. Online World of Wrestling. 2014年2月26日閲覧。
  10. ^ The IWCCW matches fought by Frank Hill in 1985”. Wrestlingdata.com. 2015年1月12日閲覧。
  11. ^ Wrestler Profiles: Navajo Warrior”. Online World of Wrestling. 2014年2月26日閲覧。
  12. ^ NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年3月1日閲覧。
  13. ^ WWF Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]