チーフ・ジェイ・ストロンボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チーフ・ジェイ・ストロンボー
プロフィール
リングネーム チーフ・ジェイ・ストロンボー
ジョー・スカルパ
"ジョルティン" ジョー・スカルパ
本名 ジョセフ・ルーク・スカルパ
ニックネーム 荒鷲酋長
身長 183cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1928年10月4日
死亡日 2012年4月3日(満83歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州の旗 ペンシルベニア州
フィラデルフィア
デビュー 1947年
引退 1985年
テンプレートを表示

チーフ・ジェイ・ストロンボーChief Jay Strongbow)のリングネームで知られるジョー・スカルパJoe Scarpa、本名:Joseph Luke Scarpa1928年10月4日 - 2012年4月3日)は、アメリカ合衆国プロレスラーペンシルベニア州フィラデルフィア出身。

実際にはイタリア系の出自だが、インディアンギミックの選手ではワフー・マクダニエルと並ぶ屈指のビッグネームであり、ベビーフェイス陣営の重鎮として長年WWEを支えた。日本でのニックネームは「荒鷲酋長」。

来歴[編集]

1947年ジョー・スカルパの名でデビュー。以降1960年代全般にかけて、NWAジョージア地区ミッドアメリカ地区ガルフ・コースト地区などで活躍し、各地区のシングルおよびタッグ王座を幾度となく獲得。日本には、1966年1月に日本プロレスに初来日している。1967年12月にはフロリダ地区ジョニー・バレンタインを破り、NWAフロリダ・ヘビー級チャンピオンとなった[1]

1970年よりWWWFに参戦し、インディアン・ギミックのチーフ・ジェイ・ストロンボーに変身。このキャラクターがニューヨークの観客に愛され、同地区で大ブレイクした。主戦場としたニューヨークでは "人間発電所" ブルーノ・サンマルチノとタッグを組み、バリアント・ブラザーズと激しい抗争を繰り広げた。また、他地区にも精力的に遠征しており、デトロイトではザ・シークと流血の抗争を展開した。

1978年4月には新日本プロレスの第1回MSGシリーズに参加、予選トーナメントで藤原喜明バロン・シクルナを破り、決勝リーグに進出してアントニオ猪木アンドレ・ザ・ジャイアントと闘った。

WWWF / WWFではスーパースター・ビリー・グラハムグレッグ・バレンタインを相手にインディアン・ストラップ・マッチを行い、ラフファイトの強さも見せた。タッグ戦線では1972年ソニー・キング1976年ビリー・ホワイト・ウルフ1982年に「弟」のジュールズ・ストロンボー(実際には血縁関係はない)と、パートナーを替えながらWWWF世界タッグ王座(WWFタッグ王座)を通算4度獲得[2]1985年の引退まで、一貫してベビーフェイス陣営で長く活躍した。

引退後はロード・エージェントとして1999年までWWFで働き、1994年にはWWF殿堂に迎えられた(殿堂入りのインダクターは、当時ストロンボーの弟子として活躍していたインディアン・レスラーのタタンカが務めた)。晩年もゲストとしてWWEに登場したことがあり、2008年11月17日のRAWアトランタ大会)ではステファニー・マクマホンからWWE殿堂者として紹介された[3]

インディアン選手の代名詞でもある『戦いの踊り』や雄たけびを好んで試合に取り入れ、ショー・プロレスの先駆者存在でもあった。そんな彼らしく、「入場と退場が、試合で最も大切なムーブだ」という言葉を残している[4]

2012年4月3日、死去[4]。83歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAガルフ・コースト・ヘビー級王座:1回
  • NWA南部タッグ王座(ガルフ・コースト版):1回(w / リー・フィールズ)
NWAミッドアメリカ
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・ヘビー級王座:1回
  • NWA世界タッグ王座(ジョージア版):1回(w / ドン・カーティス)
  • NWAメイコン・タッグ王座:1回(w / エル・モンゴル)
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回
  • NWAフロリダ・ブラスナックル王座:2回
  • NWA世界タッグ王座(フロリダ版):1回(w / ドン・カーティス)
  • NWA南部タッグ王座(フロリダ版):3回(w / ホセ・ロザリオ
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCカリビアン・ヘビー級王座:1回
ワールド・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年3月30日閲覧。
  2. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年3月30日閲覧。
  3. ^ Raw: Lumberjacks bring predictable chaos”. SLAM! Sports. 2008年11月18日閲覧。
  4. ^ a b Chief Jay Strongbow dies”. SLAM! Sports. 2012年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]