ルーク・グラハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーク・グラハム
プロフィール
リングネーム クレージー・ルーク・グラハム
エル・ロボ
本名 ジェームズ・グラディ・ジョンソン
ニックネーム 恐竜
身長 193cm
体重 132kg - 138kg
誕生日 1940年2月5日
死亡日 2006年6月23日(満66歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州ユニオンポイント
デビュー 1961年
引退 1980年代後半
テンプレートを表示

クレージー・ルーク・グラハム"Crazy" Luke Graham)のリングネームで知られるジェームズ・グラディ・ジョンソンJames Grady Johnson1940年2月5日 - 2006年6月23日)は、アメリカ合衆国プロレスラージョージア州ユニオンポイント出身。生年は1936年ともされる[1]

ゴールデン・グラハムズThe Golden Grahams)ことグラハム四兄弟(ジェリーエディ、ルーク、ビリー[2] の「三男役」として活躍した。兄弟の中では一番の巨漢だが、彼らが「兄弟」であることはギミック上の設定であり、実際には血縁関係はない。

来歴[編集]

1963年ドクター・ジェリー・グラハムの弟としてルーク・グラハムを名乗り、スチュ・ハートが主宰するカナダカルガリー地区で活動。フロリダに転戦したエディ・グラハムに代わるジェリーの新パートナーとなり、1964年6月にはニューヨークWWWFでUSタッグ王座を獲得した[3]

1965年にジェリーとのコンビを一時解消し、同年3月に日本プロレスに初来日。帰国後はロサンゼルスWWAに定着し、7月23日にペドロ・モラレスからWWA世界ヘビー級王座を奪取する[4]。同時期、日本の豊登も1964年12月にザ・デストロイヤーから奪取した同王座のベルトを保持しており、2本のベルトが混在する事態を招いた(飛行機嫌いの豊登が渡米を渋りロサンゼルスでの防衛戦を行わなかったため、WWA本部が豊登の王座奪取を無効にしたとされる)[5]。同年9月20日、ロサンゼルスに遠征してきた豊登を下し、王座統一を果たしている(しかし、豊登の在位はWWAのタイトル史には記録されていない)[4]

1960年代後半よりWWWFに復帰し、ブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座にも挑戦[6]1970年代に入るとキャプテン・ルー・アルバーノマネージャーターザン・タイラー金髪の野獣コンビを結成。1971年6月には、ルイジアナ州ニューオーリンズで行われたとされる架空のトーナメント決勝戦において[7]ディック・ザ・ブルーザー&ザ・シークを破り優勝したとして[8]WWWF世界タッグ王座の初代チャンピオン・チームに認定された[9]。同年11月12日にもザ・モンゴルズジート&ベポ)からインターナショナル・タッグ王座を奪取し二冠王となったが[10]、12月6日のMSG定期戦でカール・ゴッチ&レネ・グレイに敗れ世界タッグ王座から陥落[9]

以降はジョージアGCWジム・バーネット主宰)やテネシーNWAミッドアメリカ(後のCWA)などNWAの南部テリトリーを転戦し、リッパー・コリンズとの金髪タッグなどで活動。1974年1月にはNWAルートで全日本プロレスに来日している。全日本には1978年第6回チャンピオン・カーニバルにも出場したが、勝ち星は大熊元司からの1勝のみという惨憺たる戦績に終わった。

1980年プエルトリコWWCビル・ワット主宰のMSWAで活動。MSWAではテッド・デビアスマイク・ジョージディック・マードックジェイク・ロバーツらのジョバーを務めた。1981年2月には、当時MSWAと接点を持っていた国際プロレスに来日し、『ルー・テーズ杯争奪戦』後期予選に参加した他、ラッシャー木村との金網デスマッチも行われた。

キャリア末期の1984年には中西部NWAセントラル・ステーツ地区バズ・タイラーやテッド・オーツとセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を争った。1980年代後半に引退し、タクシードライバーに転身[7]。近年では2001年アーカンソー州のインディー団体 "Galaxy Championship Wrestling" に登場し、彼の「息子」という設定のルーク・グラハム・ジュニアとチームを組んだ[11]

2006年6月23日心不全により死去[11]。66歳没。

獲得タイトル[編集]

ワールド・レスリング・アソシエーション(ロサンゼルス)
ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・ヘビー級王座:1回
  • NWAジョージアTV王座:1回
  • NWAメイコン・タッグ王座:1回(w / ムーンドッグ・メイン
NWAミッドアメリカ
  • NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:2回
  • NWA世界タッグ王座ミッドアメリカ版):1回(w / カール・フォン・ブラウナー)
  • NWAテネシー・タッグ王座:1回(w / リッパー・コリンズ)
  • NWAアラバマ・タッグ王座:1回(w / リッパー・コリンズ)
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWA世界タッグ王座(デトロイト版):1回(w / リッパー・コリンズ)
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCカリビアン・ヘビー級王座:1回
  • WWC北米タッグ王座:2回(w / ゴージャス・ジョージ・ジュニア、ブルドッグ・ブラワー

脚注[編集]

  1. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P53(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ Wrestling Family Profiles: The Graham Family”. Online World of Wrestling. 2010年1月28日閲覧。
  3. ^ WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月22日閲覧。
  4. ^ a b WWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月28日閲覧。
  5. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P126(1996年、日本スポーツ出版社)
  6. ^ The WWE matches fought by Luke Graham in 1967”. Wrestlingdata.com. 2013年12月16日閲覧。
  7. ^ a b Wrestler Profiles: Luke Graham”. Online World of Wrestling. 2010年1月28日閲覧。
  8. ^ WWWF World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月28日閲覧。
  9. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月22日閲覧。
  10. ^ WWWF International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月22日閲覧。
  11. ^ a b "Crazy" Luke remembered fondly”. SLAM! Sports (June 25, 2006). 2010年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]