ロニー・メイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"ムーンドッグ" ロニー・メイン
プロフィール
リングネーム ロニー・メイン
ムーンドッグ・メイン
マッドドッグ・メイン
ブロンド・ボンバー
本名 ロナルド・ドイル・メイン
ニックネーム 宇宙犬
身長 178cm - 183cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 1944年9月12日
死亡日 1978年8月13日(満33歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州
フェアファクス
デビュー 1960年代
テンプレートを表示

"ムーンドッグ" ロニー・メイン"Moondog" Lonnie Mayne、本名:Ronald Doyle Mayne1944年9月12日 - 1978年8月13日)は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州フェアファクス出身。

ボサボサに伸ばしたブロンドの髪と髭、凶器に使用する動物の骨など、ムーンドッグ・スタイルの先駆的存在となった狂乱ファイターである[1]

来歴[編集]

デビュー後は太平洋岸北西部オレゴン州ワシントン州をサーキット・エリアとするNWAパシフィック・ノースウエスト・レスリング(PNW)にて活動。1966年3月にはロニー・メインリングネーム日本プロレスに初来日、『第8回ワールドリーグ戦』の予選でジャイアント馬場とも対戦した[2]

その後、ムーンドッグ・スタイルを確立し、特異なキャラクターの野獣派ヒールムーンドッグ・メインに変身。1967年11月28日、ポートランドにてジン・キニスキーNWA世界ヘビー級王座に挑戦、反則負けを喫している[3]1968年11月は日本プロレスに再来日し、ブルート・バーナードと狂乱コンビを結成、12月7日に栃木県体育館にて大木金太郎&吉村道明アジアタッグ王座に挑戦した[4]

主戦場のPNWでは1960年代後半から1970年代初頭にかけて、ルーサー・リンゼイスタン・スタージャックマッドドッグ・バションロジャー・カービーミスター・フジなどを破り、パシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を再三獲得[5]。タッグでは、マット・ボーンの父親である "タフ" トニー・ボーンとのコンビで活躍した[6]。狂乱ファイトの一方でコミカルなキャラクターも支持され、ベビーフェイスのポジションでも活動していた。

1973年WWWFに進出し、1月15日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてペドロ・モラレスWWWF世界ヘビー級王座に挑戦[7]ブルーノ・サンマルチノヘイスタック・カルホーンとのシングルマッチも行われた[7]。同年7月には新日本プロレスに来日、外国人選手の招聘ルートが脆弱だった当時の新日本ではエース格となり、メインイベントでアントニオ猪木と度々対戦した[8]

1973年下期より地元カリフォルニアのサンフランシスコ地区に参戦し、12月29日に同地区のフラッグシップ・タイトルであるUSヘビー級王座をパット・パターソンから奪取[9]。翌1974年もパターソンやピーター・メイビアロッキー・ジョンソンらを相手に、同王座を巡る抗争を展開した[10]1975年からは南部にも進出し、ジョージアではアブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグを結成[8]テキサスではベビーフェイスに転向し、1977年1月にフリッツ・フォン・エリックと組んでザ・シーク&ゲーリー・ハートと対戦している[8]

太平洋岸での活動も続け、1978年はサンフランシスコとロサンゼルスNWAハリウッド・レスリング)の両テリトリーを股にかけて活動。サンフランシスコではベビーフェイスとなって観客の声援を集め、5月13日にドン・ムラコからUSヘビー級王座を奪取、6月24日にロディ・パイパーに敗れてタイトルを失うも、7月15日にパイパーを破って奪還に成功した[9]

ロサンゼルスではヒールとしてミル・マスカラスとも対戦し[8]、8月11日にはヘクター・ゲレロを下してアメリカス・ヘビー級王座も獲得[11]。サンフランシスコのUS王座と合わせ、カリフォルニアの2大テリトリーにおける看板タイトルの2冠王となったが、2日後の1978年8月13日自動車事故により死去[1]。33歳没。

彼の死後、両タイトルは空位となり、アメリカス王座は8月25日にチャボ・ゲレロ[11]、US王座は9月16日にバディ・ローズ[9]、それぞれ新王者決定トーナメントを制して戴冠している。

獲得タイトル[編集]

パシフィック・ノースウエスト・レスリング
NWAサンフランシスコ
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・へビー級王座:2回[11]
  • NWAアメリカス・タッグ王座:1回(w / ロン・バス)[13]
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWAテキサス・へビー級王座:1回[14]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ

脚注[編集]

  1. ^ a b Legends: The Moondogs”. Lethal Wrestling. 2011年6月1日閲覧。
  2. ^ The JWA matches fought by Lonnie Mayne in 1966”. Wrestlingdata.com. 2015年3月14日閲覧。
  3. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1967”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月1日閲覧。
  4. ^ The JWA matches fought by Lonnie Mayne in 1968”. Wrestlingdata.com. 2015年3月14日閲覧。
  5. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月1日閲覧。
  6. ^ a b NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月1日閲覧。
  7. ^ a b WWE Yearly Results 1973”. The History of WWE. 2011年6月1日閲覧。
  8. ^ a b c d Wrestlers Database: Moondog Mayne”. Cagematch. 2011年6月1日閲覧。
  9. ^ a b c d NWA United States Heavyweight Title: San Francisco version”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月1日閲覧。
  10. ^ The PCAC matches fought by Lonnie Mayne in 1974”. Wrestlingdata.com. 2015年3月14日閲覧。
  11. ^ a b c NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月1日閲覧。
  12. ^ NWA World Tag Team Title: San Francisco version”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月1日閲覧。
  13. ^ NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月14日閲覧。
  14. ^ NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月14日閲覧。
  15. ^ NWA Macon Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月14日閲覧。
  16. ^ NWA Hawaii Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月14日閲覧。
  17. ^ NWA Hawaii Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]