バズ・タイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バズ・タイラー
プロフィール
リングネーム "アバランシュ" バズ・タイラー
ニックネーム 雪崩男
身長 187cm[1]
体重 127kg - 135kg
誕生日 1946年????[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サウスカロライナ州スパータンバーグ
デビュー 1966年[1]
引退 1985年
テンプレートを表示

"アバランシュ" バズ・タイラー"Avalanche" Buzz Tyler1946年[1] - )はアメリカ合衆国の元プロレスラーサウスカロライナ州スパータンバーグ出身。

現役選手時代はヒールのラフ&パワーファイターとして、中西部南部などNWAのローカル・テリトリーで活躍した。

来歴[編集]

日本におけるプロフィールでは、1966年カロライナ地区でデビューしたとされる[1]1976年下期より、NWFの残党が参画していた独立団体IWAのカロライナ地区での興行にて、リップ・タイラーのパートナーとなって活動、ジョニー・パワーズブルドッグ・ブラワーマイティ・イゴール、マクガイヤー・ブラザーズなどと対戦した[2][3]

IWA崩壊後はテネシーNWAミッドアメリカ地区に参戦し、ミスター・レスリング2号ペッツ・ワトレートージョー・ヤマモトボビー・イートンラニー・ポッフォらと対戦[4]1978年2月22日にはダッチ・マンテルに代わるジプシー・ジョーの新パートナーに起用され、ミッドアメリカ・タッグ王座を獲得した[5]

その後はミズーリおよびカンザスNWAセントラル・ステーツ地区に入り、ボブ・スウィータンルーファス・ジョーンズと抗争。1980年8月8日には、ニューヨークから同地区に遠征してきたボブ・バックランドWWFヘビー級王座に挑戦している[6]1981年4月1日にはブルドッグ・ボブ・ブラウンからセントラル・ステーツ・ヘビー王座を奪取[7]。後にブラウンとはタッグを組み、デューイ・ロバートソン&ハーキュリーズ・ヘルナンデスなどのチームを破ってセントラル・ステーツ・タッグ王座も再三獲得した[8]

1981年下期から1982年にかけては南部NWAフロリダ地区にて活動[9][10]ドリー・ファンク・ジュニアボビー・ジャガーズオックス・ベーカー、そして当時ヒール修行中だったデビッド・フォン・エリックとも共闘し、ダスティ・ローデスジャック・ブリスコジェリー・ブリスコバグジー・マグローブライアン・ブレアースウィート・ブラウン・シュガーブッチ・リードらと抗争を展開した。

1983年8月、全日本プロレスに初来日。翌1984年の再来日ではタイガー・ジェット・シン軍団の一員となり、シリーズ最終戦の6月14日にシン、上田馬之助鶴見五郎と組んで、ジャイアント馬場ジャンボ鶴田天龍源一郎プリンス・トンガの全日本軍と後楽園ホールにてエリミネーション・マッチで対戦した。前日の6月13日には、大阪府立体育会館にて鶴見とのコンビで阿修羅・原&石川隆士アジアタッグ王座にも挑戦している。

その間、アメリカではセントラル・ステーツ地区を主戦場に、1983年10月20日にスーパー・デストロイヤー、1984年2月9日にタリー・ブランチャードを破り、セントラル・ステーツ・ヘビー王座に返り咲いている[7]。1984年9月12日にはテネシーでのタッグパートナーだったジプシー・ジョーから同TV王座を奪取したが、翌月の10月13日にマーティ・ジャネッティに敗れてタイトルを失った[11]

以後、ジム・クロケット・ジュニアの管理するNWAミッドアトランティック地区に主戦場を移し、1984年12月にはワフー・マクダニエルUSヘビー級王座に連続挑戦[6]。同地区ではベビーフェイスのポジションに回り、ジミー・バリアントらのパートナーとなって悪党マネージャーポール・ジョーンズ率いるヒール軍団と抗争。1985年3月16日にはロン・バスからミッドアトランティック・ヘビー級王座を奪取[12]。7月16日開催のグレート・アメリカン・バッシュではマニー・フェルナンデス&サム・ヒューストンと組み、ポール・ジョーンズ・アーミーのアブドーラ・ザ・ブッチャースーパースター・ビリー・グラハムコンガ・ザ・バーバリアンと6人タッグマッチで対戦した[13]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAオールスター・レスリング
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / ブルドッグ・ボブ・ブラウン)
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWAミッドアトランティック・ヘビー級王座:1回[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P80 (2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ The IWA matches fought by Buzz Tyler in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年4月28日閲覧。
  3. ^ The IWA matches fought by Buzz Tyler in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年4月28日閲覧。
  4. ^ The Mid-America matches fought by Buzz Tyler in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年4月28日閲覧。
  5. ^ a b NWA Mid-America Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月19日閲覧。
  6. ^ a b Wrestler-Datenbank: Buzz Tyler”. Cagematch.net. 2011年11月19日閲覧。
  7. ^ a b c NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月19日閲覧。
  8. ^ a b NWA Central States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月19日閲覧。
  9. ^ The CWF matches fought by Buzz Tyler in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年4月28日閲覧。
  10. ^ The CWF matches fought by Buzz Tyler in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年4月28日閲覧。
  11. ^ a b NWA Central States Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月19日閲覧。
  12. ^ a b NWA Mid-Atlantic Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月19日閲覧。
  13. ^ The Great American Bash 1985”. Pro Wrestling History.com. 2011年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]