ヒール (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロレスにおけるヒールHeel)とは、プロレス興行のギミック上、悪役として振舞うプロレスラーのこと。悪役悪玉悪党派などとも呼ばれる。通常、ヒールは反則を多用したラフファイトを展開する。金的への攻撃、凶器の使用といった反則はもちろん、レフェリーへの暴行、挑発行為、観客席での場外乱闘、果ては他者の試合への乱入なども行う。ヒールの対義語としてはベビーフェイス(善玉、正統派)が存在する。

ヒールは、元々はアメリカのプロレス業界で用いられていたスラングである。日本では元々「悪玉」、「善玉」という日本語の表現が用いられていたが、現在では日本のプロレス業界でも一般的な単語になっており、プロレス以外のスポーツや一般社会や創作物の中でも、敵役的なイメージの人物をヒールと呼ぶことがある。メキシコにおけるルチャリブレでは、ヒールのことを「ルード」、ベビーフェイスを「リンピオ」あるいは「テクニコ」と呼ぶ(いずれも男性形。女子ではルードはルーダと呼ばれる)。

歴史[編集]

外国人ヒールの一例。マイクアピールを行うイラン出身のアイアン・シーク

1920年代、アメリカの都市部で隆盛したレスリング・ショーにおいて「正義」対「悪」という、勧善懲悪アングルが興行を盛り上げる上で必要と考えられたため、「ベビーフェイス」と同時に「ヒール」が発祥した。

基本的にはどの国でも自国レスラーがベビーフェイス、外国人レスラーがヒールというのが通例であった。アメリカでは人種に基づく差別や偏見が根強く存在し、多くの場合第二次世界大戦で敵国人だった日本人グレート東郷ハロルド坂田など)やドイツ人ギミックではあるがハンス・シュミットフリッツ・フォン・エリックワルドー・フォン・エリックなど)、あるいは共産圏スラブ系イワン・コロフニコライ・ボルコフなど)や異文化異教徒を象徴するアラブ系ザ・シークスカンドル・アクバなど)、正体不明の覆面レスラーザ・デストロイヤーザ・スポイラーなど)といった、わかりやすいヒールが主流であった。ジャイアント馬場もアメリカ修行時代にはヒールとして活動している。

日本でも力道山時代には、外国人=ヒールという図式のもと、アメリカ人の悪役を日本人である力道山[1]が倒すのが定番の流れだった。戦勝国であるアメリカの大柄なレスラーを、敗戦で意気消沈した日本の小柄な力道山が倒すという展開に当時の日本のファンは熱狂した。

しかし1970年代に入ると、日本のプロレス界ではアメリカ人のドリー・ファンク・ジュニアテリー・ファンクの兄弟がベビーフェイスとして人気を得た[2]スタン・ハンセンブルーザー・ブロディなどは本来はヒール的な役回りでありながら、その強さで日本人ベビーフェイス以上の人気を得た。逆に上田馬之助極悪同盟は日本人でありながら日本国内でもヒールであった。アメリカでも、1980年代末の冷戦終結後は、ロシア人ギミックのニキタ・コロフがベビーフェイスとして活躍している。

1983年ロード・ウォリアーズNWA世界タッグチーム王座を獲得した以降は単純な勧善懲悪の時代も終わり、1990年代にはストーン・コールド・スティーブ・オースチンジ・アンダーテイカー、またnWoD-ジェネレーションXに代表されるような、かっこいいヒール(=アンチヒーロー)が人気を博した。日本では蝶野正洋鈴木みのる藤田和之、またノーフィアーラス・カチョーラス・オリエンタレスが同様の人気を得ている。

さまざまなヒール[編集]

ヒールにはいくつかの類型が存在する。

狂人ヒール
ギミック上、正常とは思えないような凶暴な行動やラフファイトでベビーフェイスを攻撃し、観客の反感を買うことを主眼としたキャラクター。
アブドーラ・ザ・ブッチャータイガー・ジェット・シンザ・シークマーク・ルーインジョージ・スティールなどのほか、WWEに所属していたブライアン・ピルマンサイコ・シッドジョン・ハイデンライクケインランディ・オートン2005年にヒールターンしたあとのエディ・ゲレロや、極悪同盟全日本プロレスに参戦していたVOODOO-MURDERS新日本プロレスCHAOSや旧G・B・Hのメンバーなどがこれにあたる。
モンスターヒール
常人離れした巨大な体格を活かし、その巨躯とパワーにものを言わせた怪物的なファイトとパフォーマンスで観客に恐怖心を煽り立てるタイプのヒール。
スカイ・ハイ・リーオックス・ベーカーアンドレ・ザ・ジャイアントキングコング・バンディビッグバン・ベイダージ・アンダーテイカーブロック・レスナーウマガ、女子ではモンスター・リッパーアメージング・コングなどが代表的。アメリカ修業時代のジャイアント馬場(ババ・ザ・ジャイアント)も同タイプ。
エゴイストヒール
エゴイストヒールの一例。派手なコスチュームに身を包み尊大な態度を取るリック・フレアー
ギミック上、エゴイストとして尊大に振舞うタイプ。自身の経歴や出自、容貌や肉体美などを鼻にかけ、自身を誇大表現・自己賛美したマイクパフォーマンスを行って観客を煽る(観客を見下したような発言も多く、それに対してベビーフェイス側が「みんなをバカにするな」と掴みかかったところで試合開始のゴングが鳴るというパターンが定番)。
古くはゴージャス・ジョージバディ・ロジャース、その影響下にあったニック・ボックウィンクルリック・フレアー、筋肉マン系のスーパースター・ビリー・グラハムリック・ルード、色悪系の"ザ・モデル" リック・マーテルショーン・マイケルズ1994年ヒールターンしてからの蝶野正洋SMASH参戦以降の華名DRAGON GATEBlood Generationカート・アングルクリス・ジェリコエッジアルベルト・デル・リオなど。
バカヒール(ヘタレヒール)
エゴイストヒールに近く、またエゴイストヒールとキャラクターを兼ねることも少なくないが、馬鹿げた発言や大人げのないパフォーマンス、もしくはパフォーマンス失敗、敗戦時での身体を張った恥晒しなどで観客から笑われることを求められるなどの違いがある。試合では漁夫の利を得やすい立場であるが、アングルの展開次第で正統派レスリングの技術を発揮したりなど、単純にバカや滑稽さだけでは収まりきらないキャラクター性まで要求されることも多く、ある種の才能が要求される役回りである。
アメリカではミスター・マクマホンエリック・ビショフホンキー・トンク・マンJBLクリスチャンサンティーノ・マレラドルフ・ジグラーヒース・スレイター、日本では冬木弘道アン・ジョー司令長官"brother"YASSHIヘイトFMWのブリーフブラザーズ(金村キンタロー&ミスター雁之助)、マシーン軍団魔界倶楽部ZAPなどが代表格。
外国人ヒール
外国人選手がこれに該当。日本では、古くは力道山時代のシャープ兄弟以降、外国人=ヒールという図式はプロレスにおけるもっとも根本的なアングルである(ただし、昭和期の日本でもビル・ロビンソンミル・マスカラスザ・ファンクスのように外国人ベビーフェイスも存在した)。アメリカにおいては、異教徒としてのアラブ系、異文化民族としての東洋系、冷戦時代におけるスラブ系第二次世界大戦以来のドイツ系、アメリカにノーと言えるフランス系がヒールとなることが多い。なお、メキシコではかつての日本と同様、アメリカのレスラーはヒールになる場合が多い。
昭和期のアブドーラ・ザ・ブッチャースタン・ハンセンのように、ヒールのポジションでありながらベビーフェイス的な支持を集めた外国人選手も存在する。
外敵ヒール
単によそ者というだけで、反則攻撃などヒールらしい振る舞いをするとは限らないが、団体抗争における他団体の選手がこれに該当する。団体(国際プロレス)消滅後であるが、1980年代前半の新日本で活躍した国際軍団、1980年代中期の全日本で活躍したジャパンプロレスなどが代表例。USWA時代のジェリー・ローラーのように、所属団体ではクリーンファイトを繰り広げているが、他団体参戦時にはラフプレイに転じるレスラーもいる(日本では獣神サンダー・ライガーなどがその代表。ライガーは新日本でヒールを演じていた際に、他団体ではベビーフェイスになったことがある)。
反逆者ヒール
団体のエースや首脳陣(フロント)の動向に反発して敵対する立場のキャラクターを務める。世代抗争などを絡める場合もある。
かつての新日本プロレスの維新軍、反選手会同盟(のちの平成維震軍)、nWoジャパンTEAM 2000C.T.Uなど。ストーン・コールド・スティーブ・オースチンなどのように、アンチヒーローとして支持を集め、ベビーフェイスに転じる場合もある。また、一時期の高木三四郎のように団体を牽引する立場の人物が反旗を翻すケースも稀に見られる。
武闘派ヒール
レスラーのキャラクターや立ち位置ではなく、ファイトスタイルに基づいた分類で、ラフファイトや反則技、場外乱闘や過激で危険な技といった技術・行為を積極的に取り入れて戦うレスラーのこと。ハウスショー的アングルが少ない団体で多く存在する傾向がある。
1990年代の全日本プロレスにおける川田利明渕正信などがこれに該当した。また、蝶野正洋がヒール転向した当初も「武闘派」と称していた。
極悪マネージャー
悪徳マネージャーとも呼ばれる。レスラーではない、第三者の者がヒールレスラーの専属マネージャーとしてリングサイドに陣取り、試合中盤にベビーフェイスの選手の足を引っ張って転倒させたり、凶器をリング内へ投入したり、レフェリーの注意を引きつけて反則行為を助長させる、勝負どころでレフェリーのカウントを妨害するなどして観客の憎悪を煽る行為を行う。大抵の場合ベビーフェイスのレスラーに制裁を受けたり、味方のヒールレスラーに手渡した凶器の誤爆などによって失神するなどし、控え室へ押し戻されるというのがお約束となっている。
アメリカではルー・アルバーノボビー・ヒーナンジミー・ハートジム・コルネットポール・エラリングポール・ベアラーアルマンド・エストラーダ、日本マットでは将軍KYワカマツ星野勘太郎ビクター・キニョネスマネージャー・ポリスなど。
極悪レフェリー
ヒールレスラーに買収された、もしくは結託したというギミックで試合中にヒールレスラーに有利なレフェリングを行う(ヒールレスラーの反則行為を無視するなど)。大一番の試合でも同様の行為を行うが、ほとんどの場合試合中のアクシデントでリング外へ落ちたり失神するなどし、サブレフェリー(正式なレフェリー)と交代して中立なレフェリングが行われ、ベビーフェイスが勝利するパターンがアングルの基本線である。
テディ・ロングニック・パトリックチャールズ・ロビンソン阿部四郎伊藤豪玉岡金太テッド・タナベなどが代表。なお、ブッチャーやシンの試合を裁くジョー樋口ミスター高橋のように、別にヒールではないが試合を盛り上げるために「凶器に気づかないふり」をしていたレフェリーも存在する。彼らはヒールと見なされることはないものの、「レフェリーどこ見てんだ!」という類の野次を浴びるのはよくある事態であり、またお約束であった。

ヒールターン[編集]

かつてベビーフェイスだったレスラーが、ヒールに転向することをヒールターンと呼ぶ。これは興行自体がマンネリ化するのを避けるためであったり、レスラー自身のベビーフェイスでの人気が今一つであったり、陰りが見えてきた場合や、若手レスラーのキャラクター作りのために行われる。

またレスラーが新人・若手・中堅を経てトップレスラーへと上り詰めてゆく過程においては、リング上のパフォーマンスで観客の心理をコントロールするスキルと演技力を身につける必要があり、その実践訓練としてヒール修行は必須で、いわばトップレスラーを目指すにあたって超えるべき関門の1つともいえる。実際、ヒールレスラーのパフォーマンスに憧れてプロレス入りした者も珍しくはなく、自ら志願してヒールターンする場合、あるいは最初からヒールとしてデビューするケースもある。

ヒールにターンする場合、観客が理解しやすい様に、他のベビーフェイスレスラーを襲撃する、リング上で仲間割れを起こす、コスチュームや髪型を変えるなどの派手なパフォーマンスを行うのが常道である。他方で、自団体がエース候補として育てている若手選手がある日突然ヒールターンして狂人やエゴイストの様な振る舞いをするのは、長期的なキャラクターイメージや販売戦略を考えた場合にはさすがにマイナスとなりかねないため、その場合には「若さゆえにフロントに反逆し、世代闘争を掲げて現エースという大きな壁に歯向かう」などという筋書きで、そのアングルにおけるキャラクターの立ち位置はヒールでありつつも、リング上での成長物語的な要素も絡めて単純な悪役像に落とし込まない様にアングルが構成されるのが基本である。

演出上、ヒールターンは選手が自ら行動を起こした場合と、ヒール軍団による勧誘といった場合がよく見られるが、本来は団体経営陣やプロモーターの判断によって決められている。そのため選手によっては不本意ながらヒールに転向しているケースや、それまでベビーフェースもしくはスター選手であった選手が1年以上長期欠場し、後遺症に悩まされ以前のファイトが出来なくなった(もしくは以前の勘を取り戻すまで)場合[3]にもヒールターンが行われることもある。同様に、一度引退した選手が現役復帰する際に試合感覚を取り戻すまでの間[4]にもヒールターンが行われることもある。

これらの事情から、ヒールキャラクターには不向きな性格の者がヒールを演じているケースも少なくない。希にデビュー前の新人をヒールとして売り出すために架空のプロフィール(元不良や暴走族出身など)で紹介し、デビュー戦でラフファイトの試合を行わせていたこともあったが、偽りのプロフィールに嫌気がさしたり、基本的な試合運びができないといった事態により、試合中に負傷してしまい、短期間で引退を余儀なくされてしまった選手もいる。

ヒール軍団[編集]

ECW出身の選手で結成されたWWEのヒール軍団「ECWオリジナルズ」は典型的な外敵ヒールでもあった。

ヒールによって構成されるチームはアングルの一種である団体抗争を演出する上で不可欠の存在である。プロレス史の中には絶大な人気を誇ったヒール軍団も少なくない。

主なヒール軍団[編集]

海外
国内

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 生まれは朝鮮半島だが、誕生時点では日本領だったことから日本国籍であり、また角界入りした際に長崎県出身とされたため、当時はほとんどその事実は知られていなかった。
  2. ^ 対するヒールはザ・シークとアブドーラ・ザ・ブッチャーであった。
  3. ^ 例としては全日本女子プロレス時代の北斗晶やFMWの里美和など。北斗の場合ヒールターン後の実績こそ目覚しいものがあるが、試合感覚が完全に戻りきらなかったことが大きく影響し、その後負傷が立て続けに襲いWWWAシングルのベルトには引退するまで1度も手が届かなかった。
  4. ^ FMWに復帰した工藤めぐみやコンバット豊田など。その後試合感覚が戻ったあとにベビーフェースへと転向した。