ルー・アルバーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャプテン・ルー・アルバーノ
キャプテン・ルー・アルバーノの画像
プロフィール
リングネーム キャプテン・ルー・アルバーノ
本名 ルイス・ビンセント・アルバーノ
身長 178cm
体重 135kg(全盛時)
誕生日 1933年7月29日
死亡日 2009年10月14日(満76歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州マウントバーノン
デビュー 1953年
引退 1995年
テンプレートを表示

キャプテン・ルー・アルバーノ"Captain" Lou Albano、本名:Louis Vincent Albano1933年7月29日 - 2009年10月14日)は、アメリカ合衆国プロレスラープロレスマネージャー俳優ニューヨーク州マウントバーノン出身のイタリアシチリア)系アメリカ人。

ヒールのプレイング・マネージャーとして知られ、1960年代末から1980年代にかけて、地元ニューヨークのWWF(現・WWE)で活躍した。

来歴[編集]

1953年カナダモントリオールでプロレスラーとしてデビュー。トニー・アルティモア(トニー・アンジェロ)とのイタリア系ギャングスターギミックタッグチームザ・シチリアンズThe Sicilians)で活躍し、1961年にはシカゴでミッドウエスト・タッグ王座を獲得。その後ニューヨークWWWFに進出し、1967年アーノルド・スコーラン&スパイロス・アリオンからWWWF USタッグ王座を奪取した[1]

アルティモアとのコンビ解消後はマイクパフォーマンスの才能を活かし、1969年よりWWWFでイワン・コロフマネージャーに転身。1971年1月18日にはブルーノ・サンマルチノからWWWF世界ヘビー級王座を奪取させることに成功した[2]。以降、フレッド・ブラッシーグラン・ウィザードと共に、ビンス・マクマホン・シニア時代のWWWF / WWFを代表する悪徳マネージャーとしてブーイングを浴び続けた。

自他ともに認める悪相の持ち主であったことから、ゴージャスなブラッシーや頭脳派のウィザードと比べ野卑で単細胞なイメージを売り物にし、TVインタビューでゲップを連発するなど意図的に下品な振る舞いをしていた。頬に安全ピンゴムバンドを括り付けるなど、ビジュアル面でもブラッシーやウィザード同様にファンに強いインパクトを与えたが、どことなくユーモラスで憎めないキャラクターも支持され、後にベビーフェイスとしても人気を集めることになる[3]

1983年シンディ・ローパーの『Girls Just Want to Have Fun』のミュージック・ビデオにローパーの横柄で保守的な父親役で出演(出演のきっかけは、プエルトリコサンフアンでのコンサートを終えたローパーがニューヨークに戻る飛行機内でアルバーノと出会い、彼に興味を持ったことによる[4])。同曲は大ヒットし、さらなるビジネスの拡大を目論んだローパーのマネージャー(デビッド・ウォルフ)のアイデアで、1984年よりWWFにて彼女とアルバーノの対立アングルがスタートする。同時期、WWFはビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下に入っており、マーケティング戦略においても新機軸を次々と打ち出していた。同年7月23日、"The Brawl to End It All" と銘打ち、マディソン・スクエア・ガーデンにてローパーとアルバーノの代理対決、ウェンディ・リヒターファビュラス・ムーラ戦が行われる[5][6]。両者がセコンドに付いたこの試合はMTVで放送され大反響を呼び、ロックン・レスリングRock 'n' Wrestling)という新しいコンセプトが誕生、翌年のレッスルマニアへの試金石ともなった[4][7]

ローパーとの一連のアングルにより、アルバーノのユニークな個性はプロレスファン以外の一般層からも認知され、1985年からはベビーフェイスのマネージャーに転向。旧敵のハルク・ホーガンアンドレ・ザ・ジャイアントとも共闘し、その陽気なキャラクターで主に子供ファンの人気を獲得した。1986年の末にWWFを離れ、その後は俳優としてショービジネス界で活躍。1989年の『The Super Mario Bros. Super Show!』ではマリオ役を演じた。

1994年フェイスターンしたヘッドシュリンカーズのマネージャーとして一時WWFに復帰。1996年にはWWE殿堂に迎えられた。近年もオールドタイマーのリユニオン・イベントに登場し、WWEの番組にも時折出演していた。2009年10月14日、自宅にて老衰のため死去[8]。76歳没。

担当選手[編集]

タッグチーム

自身がタッグ出身ということもあり、マネージャー時代はタッグチームを手掛ける場合が多く、初代王者チームとなったターザン・タイラー&ルーク・グラハムを皮切りに、担当したほとんどのチームをタッグ王座に就かせた(上記はUSエクスプレス以降がベビーフェイス転向後の担当チーム)[9]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  2. ^ History of the WWE Championship”. WWE.com. 2010年4月19日閲覧。
  3. ^ DVD『WWE ワールド・グレイテスト・レスリング・マネージャーズ』(2006年、ジェネオン・エンタテインメント
  4. ^ a b ショーン・アセール、マイク・ムーニハム共著『WWEの独裁者-ビンス・マクマホンとアメリカン・プロレスの真実 』P73-78(2004年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583037880
  5. ^ The Brawl to End It All”. Pro Wrestling History.com. 2010年4月19日閲覧。
  6. ^ WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2010年4月19日閲覧。
  7. ^ フレッド・ブラッシー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『フレッド・ブラッシー自伝』P395-396(2003年、エンターブレインISBN 4757716923
  8. ^ Pro wrestler, music video icon Albano dies at 76”. GMA News.TV. 2009年10月14日閲覧。
  9. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]