バディ・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バディ・ロジャース
プロフィール
リングネーム "ネイチャー・ボーイ" バディ・ロジャース
本名 ハーマン・ロード・ジュニア
ニックネーム アトミック・ブロンド
ネイチャー・ボーイ
野生児
身長 180cm - 183cm
体重 103kg - 110kg
誕生日 1921年1月20日
死亡日 1992年6月26日(満71歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州カムデン
デビュー 1939年
引退 1978年
テンプレートを表示

バディ・ロジャース"Nature Boy" Buddy Rogers1921年1月20日 - 1992年6月26日 )は、アメリカ合衆国プロレスラーニュージャージー州カムデン出身[1]。ニックネームは「ネイチャー・ボーイ」。出生時の本名はハーマン・ロードHerman Gustav Rohde Jr.)であったが、後年にリングネームのバディ・ロジャースを正式な名前とする法的手続きを取った。

ニック・ボックウィンクルリック・フレアーなど後世の名選手に多大な影響を与え、ジャイアント馬場が憧れたレスラーとしても知られている。日本のリングに上がったことはなく、未来日のまま他界した。

来歴[編集]

少年時代からYMCAレスリングを学び、17歳でデール・ブラザース・サーカスに入団した[1]。本名ハーマン・ロードの名前でデビューしたが、デビュー年は1939年1941年の二つの説がある[1]

その後、リングネームをバディ・ロジャースに変えるが、これは当時アメリカで流行した三文SF小説の登場人物をアダプトしている[1]。ニックネームの「ネイチャー・ボーイ」は日本では「野生児」と誤訳されているが、このニックネームはナット・キング・コールの同名の歌から取られたものであり、あえて言えばいわゆる「自然児」。どちらもプロデュースしたのは、プロモーターのジャック・フェファーであった[1]

ダーティー・チャンプ」の元祖となったヒール選手である。決め技の足4の字固め、 ロジャース・ストラートと呼ばれる気取った歩き方[2]レフェリーの影で反則を繰り返す小ずるい動き、ピンチに陥ると「オー・ノー」と許しを乞うたり[2]、わざと反則負けを食らって王座を防衛したりなど、ニックネームの「ネイチャー・ボーイ」も含め、そのダーティー・チャンプとしての所作はリック・フレアーに受け継がれている。また、常に白タオルを持って入場するスタイルは、同じくダーティー・チャンプとして活躍したニック・ボックウィンクルを経て、後にカート・ヘニングが受け継いだ。金髪の伊達男系ヒールというキャラクターにおいては、彼ら以前にもジャッキー・ファーゴレイ・スティーブンスバディ・コルトなどがロジャースのギミックを継承しており、バリアント・ブラザーズハリウッド・ブロンズなどのタッグチームもその影響下にあった。

リングを降りても「悪役」だったようで、カール・ゴッチによる「襲撃事件」(長くゴッチの襲撃説が広まっていたが、ゴッチと口論になった後控え室からロジャースが出ようとした際、ゴッチに付き添っていたビル・ミラーがドアを蹴ってロジャースの腕が挟まれて負傷したというのが真相といわれている)など、ダーティーなイメージが付きまとった。しかし日本人で唯一対戦経験のある[2]ジャイアント馬場は、自分がアメリカ修行時代に見た中では人気と実力を兼ね備えた最高のレスラーと語っている。また、ビンス・マクマホン・ジュニアも最も憧れた選手と回想している。

1940年代後半からは数々のタイトルを取り、全米一の観客動員力を誇るスーパースターであったが、NWA内部の権力闘争の影響でNWA王座に就くのは遅く、1961年6月30日、シカゴコミスキー・パークパット・オコーナーを破りようやく第43代NWA世界ヘビー級王者となる。1963年1月ルー・テーズに敗れて王座転落後、自らのボスであったビンス・マクマホン・シニアWWWF設立に協力し初代WWWF世界ヘビー級王者となったが、同年5月ブルーノ・サンマルチノに48秒で秒殺されて王座を失い、そのまま選手としては引退。1978年に一時期復帰し若手時代のリック・フレアーと対戦(フレアーの勝利)、「ネイチャーボーイ継承の儀式」を行った。1980年代にはWWFジミー・スヌーカマネージャーとしてプロレスの現場に復帰している。WWFではインタビューコーナー "Rogers' Corner" のホストも担当した。

1992年6月26日、スーパーマーケットで床に落ちていたクリームチーズに足を滑らせ、頭部を強打して死去。1994年に、その生前の功績を称えられWWF殿堂入りを果たした(インダクターはブレット・ハート)。

オコーナーを破って世界チャンピオンになった試合は当時のプロレス観客動員新記録となる38,622人を集め、興行収益も当時のプロスポーツ興行のゲート収入記録を大きく塗り替える17万5000ドルであった[2]。インタビューにおいてロジャースは生涯のベストバウトと語っている。この試合の記録とされるビデオでは1本目ロジャース(カウンターのダブル・ブーツからフォール)、2本目オコーナー(オコーナー・ロールと呼ばれる後方回転エビ固め)、3本目ロジャース(オコーナーのドロップキック自爆からフォール)となっている[2]。一方、東京スポーツ新聞社刊『プロレス名勝負物語』によれば、1本目オコーナー(回転エビ固め)、2本目ロジャース(バックブリーカー)、3本目ロジャース(足4の字固め)とされる。一方、東京スポーツ新聞社刊『プロレス名勝負物語』によれば、1本目オコーナー(回転エビ固め)、2本目ロジャース(バックブリーカー)、3本目ロジャース(足4の字固め)とされる。

エピソード[編集]

  • 足4の字固めは、他のレスラーが使っていたフィギュア・4・ボディシザースという技をヒントにロジャースが考案した。
  • アトミック・ドロップもロジャースのオリジナル技。技の名称は、第二次世界大戦頃に用いていた自身のニック・ネーム "アトミック・ブロンド" から取られたという。
※上記は『月刊ゴング』1979年6月号掲載のバディ・ロジャース・インタビューに基づいたもの
  • 力道山はロジャースとアントニオ・ロッカの2人を何としても来日させたかったが、招聘することはできなかった。現役当時は両者共アメリカマット界の超人気レスラーだったため、日本に行く時間的余裕がなかったことが理由とされている。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWA
WWWF
その他
  • ロサンゼルス版・世界王者(1948年、J・フェファー派)[1]
  • ボストンAWA世界王座(1952年、ポール・バウザー派)[1]
  • オハイオAWA世界王座(1952年、アル・ハフト派)[1]
  • シカゴAWA世界王座(1952年、レイ・フェビアーニ派)[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 斎藤文彦「ボーイズはボーイズ 連載apprx1162 “ネイチャー・ボーイ”バディ・ロジャースの時代(前編)」、『週刊プロレス』No.1738、平成26年5月21日号(5月8日発行)、61頁、2014年。
  2. ^ a b c d e f g h i j 斎藤文彦「ボーイズはボーイズ 連載apprx1163 “ネイチャー・ボーイ”バディ・ロジャースの時代(中編)」、『週刊プロレス』No.1739、平成26年5月28日号(5月14日発行)、53頁、2014年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]