シャーメル・サリバン・ハフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャーメル
シャーメルの画像
プロフィール
リングネーム シャーメル
クイーン・シャーメル
シスター・シャーメル
ペイズリー
ストーム
本名 シャーメル・サリバン・ハフマン
身長 174cm
体重 57kg
誕生日 1974年11月2日(40歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州ゲイリー
テンプレートを表示

シャーメル・サリバン・ハフマンSharmell Sullivan-Huffman1974年11月2日 - )は、アメリカ合衆国プロレスマネージャーインディアナ州ゲイリー出身のアフリカ系アメリカ人

プロレスラーではないが、時折リング上で試合を行うこともあった。夫は黒人プロレスラーのブッカー・T

来歴[編集]

アメリカのスペルマン・カレッジを卒業後、1991年にミス・ブラックアメリカとなった。

1999年WCWナイトロ・ガールズに "Nitro Girl Storm" の名義で加入。その後、当時WCWに所属していたレスラー、ジ・アーティスト(プリンス・イヤウケア)のマネージャーに転じ、名前もペイズリーPaisley)に改めた。また、タミー・リン・シッチと抗争を行い、数試合をこなした。

WCW崩壊後は、バックステージのインタビュアーになったが、このことに傷ついたシャーメルは、TV出演から降板し、以後TVから遠ざかることになる。

クイーン・シャーメル時代

2005年3月、ブッカー・Tと結婚。これをきっかけに、DIVAとして同年4月からWWEへの出演を開始した。復帰の際のリングネームシャーメルSharmell)(J SPORTSの字幕においては「シャメール」と表記されていた)。復帰に際して、カート・アングルとの抗争アングルが用意され、カート・アングルが夫婦仲を悪化させるように仕向けるストーリーが、PPVジャッジメント・デイまで続いた。

2007年のWWE離脱後は夫ブッカー・Tと共に、2009年までTNAに在籍していた。

得意技[編集]

  • スクープ・スラム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]