ジム・ガービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・ガービン
プロフィール
リングネーム ジミー "ジャム" ガービン
"ゴージャス" ジミー・ガービン
ジム・ガービン
ボウ・ジェームズ
本名 ジェームズ・ウィリアムス
ニックネーム 野獣男爵
身長 180cm - 185cm
体重 107kg - 110kg
誕生日 1952年9月25日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
デビュー 1968年
引退 1994年
テンプレートを表示

ジム・ガービンJim Garvin、本名:James Williams1952年9月25日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身。

1980年代を全盛期に、主にヒールのポジションでNWA南部テリトリーを中心に活動した。

来歴[編集]

9歳の頃にレスリングを始め、1968年に17歳でデビュー[1]。当初はボウ・ジェームズBeau James)なるリングネームを用いたが、マネージャーを務めていたテリー・ガービンおよび義父のロニー・ガービンの「弟」としてジム・ガービンJim Garvin)と改名[2]。以降、モントリオールテネシー、地元のフロリダなど各地を転戦してキャリアを積む。

エディ・グラハムの主宰するフロリダのCWFでは1970年代後半よりベビーフェイスの新鋭として頭角を現し、ジャック・ブリスコスティーブ・カーンのパートナーを務め、ボブ・ループディック・スレータージョー・ルダックスコット・アーウィンバグジー・マグローなどのヒール勢とタイトルを争った[2]

1980年10月、フロリダとの提携ルートを持っていた新日本プロレスの『闘魂シリーズ』に初来日したが、同シリーズには当時「まだ見ぬ強豪」として話題を集めていたポール・オーンドーフも初来日しており、ハルク・ホーガンの2度目の来日とも重なって、ガービンが注目されることはなかった。帰国後はオーンドーフが主戦場としていたビル・ワットのMSWAに参戦し、1981年3月にアーニー・ラッドを破りルイジアナ・ヘビー級王座を獲得[3]1982年からは古巣のフロリダでヒールに転向し、バリー・ウインダムミスター・レスリング2号スウィート・ブラウン・シュガーらと抗争した[4]

ヒールターン後の1983年"ゴージャス" ジミー・ガービン"Gorgeous" Jimmy Garvin)と名乗ってテキサス州ダラスWCCWに登場。従妹の「サンシャイン(Sunshine)」ことバレリー・フレンチ[5]を女性マネージャーとして帯同し、7月25日にケビン・フォン・エリックからNWAアメリカン・ヘビー級王座を奪取した[6]。抗争相手のクリス・アダムスにサンシャインを奪われると、今度は妻のパティ・ウィリアムスを「プレシャス(Precious)」と名乗らせて新しいマネージャーに起用[1]、アダムス&サンシャイン対ガービン&プレシャスのミックスド・タッグマッチも行われた[5]

1984年8月には、プレシャスを同伴して全日本プロレスの『スーパー・パワー・シリーズ』に来日。当時まだ日本では女性マネージャーの存在が珍しかったこともあって[7]、新日本での初来日時とは比較にならないほどの注目を浴び、天龍源一郎UNヘビー級王座にも挑戦した。シリーズ中は、同時来日していたNWA世界ヘビー級王者リック・フレアーともタッグを組み、ジャンボ鶴田&天龍の鶴龍コンビと対戦している[8]

1985年からはバーン・ガニアAWAに進出し、リック・マーテルが保持していたAWA世界ヘビー級王座に再三挑戦[9]。タッグではミスター・エレクトリシティことスティーブ・リーガル(ロード・スティーブン・リーガルとは別人)をパートナーに、9月29日にミネソタ州セントポールにてロード・ウォリアーズからAWA世界タッグ王座を奪取[10]。翌1986年1月にスコット・ホール&カート・ヘニングに敗れるまで保持した[10]

王座陥落後はジム・クロケット・ジュニアの運営するNWAミッドアトランティック地区(MACW)に参戦、ワフー・マクダニエルとの抗争を経て、1987年よりベビーフェイスに転向。プレシャスを巡るリック・フレアーとのアングルも組まれ、4月から7月にかけてフレアーのNWA世界ヘビー級王座に再三挑戦した[11]。ロニー・ガービンとのガービン・ブラザーズも復活させ、1988年バーシティ・クラブと抗争を展開するが、9月に足を負傷してしばらく欠場することになる。

1989年ジミー "ジャム" ガービンJimmy "Jam" Garvin)と名乗り、WCCW時代の旧友マイケル・ヘイズが再編したファビュラス・フリーバーズの新メンバーとして、MACWを買収したテッド・ターナーWCWにて復帰。6月14日にはトーナメントの決勝でボビー・イートンスタン・レーンミッドナイト・エクスプレスを下してNWA世界タッグ王座を獲得した[12]。以降もロックンロール・エクスプレスリック&スコットスタイナー・ブラザーズなどと抗争、1991年2月24日には黒人タッグチームのドゥーム(ロン・シモンズ&ブッチ・リード)を破り、WCW世界タッグ王座にも戴冠している[13]

1993年WCWを離れ、古巣WCCWの後継団体でもあるダラスのGWFに参戦。テリー・ゴディとフリーバーズを再結成し、1994年6月3日にブラック・バート&ジョニー・ホークからGWFタッグ王座を奪取した[14]。引退後はUSエアウェイズパイロットとなって活躍している[1]

獲得タイトル[編集]

コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAトライステート / ミッドサウス・レスリング・アソシエーション
  • NWA USタッグ王座(トライステート版):1回(w / ハーブ・カルバート)
  • ミッドサウス・ルイジアナ・ヘビー級王座:1回
ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアメリカン・ヘビー級王座:4回
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回
  • WCCWテレビジョン王座:1回
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
グローバル・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

  1. ^ a b c Jimmy Garvin on his 23 years in wrestling 'Jimmy Jam' has settled down”. SLAM! Sports (January. 13, 2000). 2010年11月1日閲覧。
  2. ^ a b Wrestler Profiles: "Gorgeous" Jimmy Garvin”. Online World of Wrestling. 2010年11月1日閲覧。
  3. ^ Mid-South Louisiana Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月1日閲覧。
  4. ^ The CWF matches fought by Jimmy Garvin in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年10月20日閲覧。
  5. ^ a b Valet Profiles: Sunshine”. Online World of Wrestling. 2010年11月1日閲覧。
  6. ^ NWA American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月1日閲覧。
  7. ^ ガービン以前には、1981年国際プロレスの最終シリーズにて、ジ・エンフォーサーが夫人のバニー・キャロルをマネージャーとして帯同したことがある。
  8. ^ The AJPW matches fought by immy Garvin in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年10月20日閲覧。
  9. ^ The AWA matches fought by immy Garvin in 1985”. Wrestlingdata.com. 2014年10月20日閲覧。
  10. ^ a b AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月1日閲覧。
  11. ^ Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1987”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月1日閲覧。
  12. ^ NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月1日閲覧。
  13. ^ WCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月1日閲覧。
  14. ^ GWF Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]