スコット・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・ホール
Scotthall2010.jpg
プロフィール
リングネーム スコット・ホール
レイザー・ラモン
ビッグ・スコット・ホール
ダイヤモンド・スタッド
テキサス・スコット
スターシップ・コヨーテ
本名 スコット・オリバー・ホール
ニックネーム バッド・ガイ
ローンウルフ
ザ・カウボーイ
身長 198cm
体重 127kg
誕生日 1958年10月20日(56歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗 フロリダ州タンパ
トレーナー ヒロ・マツダ
バリー・ウインダム
マイク・ロトンド
デビュー 1984年10月
テンプレートを表示

スコット・ホールScott Oliver Hall1958年10月20日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身。1990年代後半に一世を風靡したnWoのオリジナルメンバーであり、WWFではレイザー・ラモンRazor Ramon)のリングネームでも活躍した。

息子のコーディ・ホールもプロレスラーであり、現在はインディー団体で活動している。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

バリー・ウインダムにプロレスラーとしての基礎を学んだ後、1984年10月にフロリダ地区でデビュー。デビュー当初は スターシップ・コヨーテStarship Coyote)を名乗り、スターシップ・イーグルとのタッグチームアメリカン・スターシップAmerican Starship)として活動、MACW(Mid-Atlantic Championship Wrestling)やCSW(Central States Wrestling)など、NWAの加盟団体を主戦場としていた。

1985年から本名のスコット・ホールScott Hall)名義でAWA(American Wrestling Association)に参戦し、カート・ヘニングとタッグを結成。1986年1月18日、ジミー・ガービン & スティーブ・リーガルからAWA世界タッグ王座を奪取した[1]1987年5月、当時AWAとの招聘ルートを持っていたマサ斎藤のブッキングで新日本プロレスに初来日を果たす。以降も新日本の常連外国人として、1990年まで7回に渡って来日。1990年3月19日にはパニッシャー・ダイス・モーガンとのタッグでマサ斎藤 & 橋本真也が保持するIWGPタッグ王座に挑戦するも敗戦。

1990年7月7日、カルロス・コロンが主宰するプエルトリコの団体WWC(World Wrestling Council)に参戦。ボツワナ・ビーストと対戦するも反則裁定による勝利となる。8月、オットー・ワンツが主宰し、オーストリアグラーツを拠点とするCWA(Catch Wrestling Association)に "西部の荒くれ者" テキサス・スコットTexas Scott)を名乗り参戦。

1991年よりWCWにホール自身の発案による "世界一セクシーな男" ダイヤモンド・スタッドDiamond Studd)として登場(リングネームは、ダイヤモンド・ダラス・ペイジがマネージャーを務めたことに由来)。1992年ポール・E・デンジャラスリー率いるデンジャラス・アライアンスに加入するが、タイトル戦線に絡むことはできず、同年にWCWを離脱した。

WWF[編集]

レイザー・ラモン時代

1992年5月、WWFへ移籍。キューバからの密入国者で、マイアミのビーチでドラッグを密売する商人ギミック"バッド・ガイ" レイザー・ラモンRazor Ramon)へとリングネームを改める。当初はバッド・ガイの異名通りヒールとして入団間もないながらもランディ・サベージブレット・ハートといった実力者達に勝利を収める。

1993年5月17日、RAWにてジョバーであったショーン・ウォルトマンに3カウントを奪われたことをきっかけに、ウォルトマンとの友情アングルが組まれベビーフェイスに転向。9月27日にはWWF IC王座を保持するリック・マーテルとの王者決定戦に勝利してベルトを奪取した[2]

1994年3月20日、WrestleMania Xにてショーン・マイケルズと繰り広げたラダー・マッチは、WWE史に残る名勝負として知られている。

WrestleMania XもIC王座を巡り、マイケルズのボディーガードであるディーゼルを始め、ジェフ・ジャレットゴールダストディーン・ダグラスなどのレスラー達と抗争を展開した。

1995年、当時WWFと提携していたテネシー州メンフィスを拠点とするUSWA(United States Wrestling Association)にも出場し、4月3日にはビル・ダンディーからUSWA統一世界ヘビー級王座を奪取。5月1日にジェリー・ローラーに敗れるまでタイトルを保持した[3]

1996年より契約などに関する不満を公然と口にし、またリング外でトラブルを起こすようにもなり、遂には試合出場停止をされてしまう。そして古巣であるWCWからオファーを受けると、契約がまだ残っているにもかかわらず移籍を決めてしまう。さらにはその1週間後、盟友のディーゼルことケビン・ナッシュも同様に契約が残っていながら移籍を決意。これに対しWWFはホール及びナッシュはまだWWFの契約下にあり、WCWとの契約は無効だとの訴えを起こすが裁判所が判断を回避したために当初の予定からは幾分遅れることにはなったもののWCWへの移籍を果たす。

WCW[編集]

WCW移籍後、レイザー・ラモンのリングネームはWWFが商標登録していたため、WCWには本名のスコット・ホールScott Hall)として1996年5月より参戦。実際はWWFから引き抜かれたにすぎなかったものの、移籍当初はケビン・ナッシュと共に、ビンス・マクマホンの指示を受けてWCWを潰しにアトランタにやって来たと称していた。これはエリック・ビショフが日本の『新日本プロレス vs UWFインターナショナル』の対抗戦をヒントに考え出した[4]。『WWF vs WCW』という団体間の抗争アングルに基づいたストーリーだった。

しかし、この『WWF vs WCW』はすぐに頓挫。そのため急遽アングルが変更され、ハルク・ホーガンを加えた3人でnWoを結成する。シックスらを加えて一大勢力となり、プロレス界の枠を越えた一大ブームを巻き起こした。

nWo結成後、メンバーが拡大していく中でホールはナッシュとのジ・アウトサイダーズで活動し、WCW世界タッグ王座を保持するハーレム・ヒートスティービー・レイ & ブッカーT)と抗争を展開し、10月27日のHalloween Havoc 1996にて王座戦を行い勝利してベルトを奪取。

1997年3月5日、新日本プロレスのStrong Style Evolution in 大阪ドームに参戦。ナッシュ & 蝶野正洋と組んで武藤敬司 & スタイナー・ブラザーズとドリームタッグマッチを行い勝利。11月23日、World War III 1997にて3リングバトルロイヤルにて優勝を飾る。

1998年2月、一時シングルへと転向。WCW世界ヘビー級王座を保持するスティングと抗争を展開するもベルトを奪取するに至らなかった。5月、nWoは二派に分裂。ナッシュはnWoウルフパックを結成し、ホールはホーガン率いるnWoハリウッドへと加入。7月20日、Nitroにてザ・ジャイアントと組んでナッシュ & スティングとWCW世界タッグ王座戦を行い勝利し、ベルトを奪取。

タッグ戦線では活躍していたホールだがナッシュとは対照的にシングルでの王座戦になると敗戦が少なくはなかった。しかし、1999年2月1日、Nitroにてクリス・ベノワWCW US王座挑戦権争奪マッチを行い勝利。2月21日にWCW US王座を保持するロディ・パイパーと対戦して勝利し、WCWで初のシングル王座を獲得。

故障により長期欠場となりWCW US王座を剥奪されるが11月に復帰すると8日にWCW US王座争奪テキサス・トルネード・ラダー・マッチでブレット・ハート、ゴールドバーグシッド・ビシャスと対戦して勝利し、ベルトを奪取。21日、WCW世界TV王座を保持するブッカーTとWCW US王座とWCW世界TV王座を懸けたダブルタイトル戦に勝利して二冠王へと輝く。12月13日にはナッシュとのタッグでゴールドバーグ & ビシャスが保持するWCW世界タッグ王座を奪取し、通算7度目の獲得となりトップコンテンダーとなるも2000年2月、度重なるアルコール依存症による無断欠場と、暴力事件での逮捕がきっかけとなりWCWから解雇となった。

インディー団体[編集]

WCW解雇後、2000年11月にECWに参戦。11日にはジャスティン・クレディブルと対戦して勝利。

2001年3月、新日本プロレスに参戦。TEAM 2000のメンバーとしてG-EGGS、7月にはBATTと抗争を展開するも思ったような活躍ができなかった。

9月にはG1 CLIMAXの外国人レスラー版といえるG1 WORLDにエントリーするも勝ち点4で予選落ちという結果に終わる。このリーグ戦では初戦でドン・フライとのカードが組まれ、好カードと期待されたものの予想を裏切りフライのパンチ1発でKOされてしまう事態になった。23日、武藤敬司が保持する三冠ヘビー級王座に挑戦するもベルトを奪取するに至らなかった。

WWE[編集]

2002年2月17日、No Way Out 2002にてホーガン、ナッシュと共に登場し、オリジナルnWoを再結成した。3月4日、RAWにてスパイク・ダッドリーを相手に復帰戦を行い、レイザーズ・エッジを決めて復調している事をアピール。7日のSmackDown!ではザ・ロックと対戦するもnWoとWWEのレスラーが入り乱れての乱闘となりノーコンテストに終わる。11日、RAWにてホーガン & ナッシュと組んでストーン・コールド・スティーブ・オースチン & ザ・ロックと3vs2によるハンディキャップマッチを行い勝利した。

勢いに乗り3月18日、WrestleMania X8にてオースチンと対戦するがフィニッシャーであるスタナーを2連続で喰らい敗戦。更にはホーガンはザ・ロックに敗戦して改心。nWoから離脱。代わりにXパックを迎えてホーガンと抗争を展開するも5月に遠征していたイギリスでのトラブルによってWWFから解雇となった。

インディー団体[編集]

WWF解雇後、2002年6月にジェフ・ジャレットが主宰するTNAに参戦。10月30日、NWA世界ヘビー級王座を保持するロン・キリングスに挑戦するもベルトを奪取するに至らなかった。

2004年5月15日、日本の団体であるハッスルに参戦。ナッシュとジ・アウトサイダーズを再結成。橋本真也 & 小川直也と対戦するが敗戦した。

11月よりホールと共にTNAと契約を交わし入団。12月5日、Turning Point 2004にてナッシュ & ジャレットとキング・オブ・レスリングKings of Wrestling)なるユニットを結成してジェフ・ハーディー & AJスタイルズ & ランディ・サベージと対戦するが敗戦。

2005年1月16日、スペシャルレフェリーにロディ・パイパーを迎えてジェフ・ハーディーと対戦するも敗戦した。

2007年7月13日、WWCに参戦。当時WWEに所属していたカリートと対戦するが敗戦。翌14日にはWWCユニバーサルヘビー級王座を保持するカリート、アポロとトリプルスレットマッチによる王座戦を行い勝利し、ベルトを奪取している[5]。9月には再びWWCに参戦し、14日にエディ・コロン、15日にはオーランド・コロンといったコロン一族を相手にWWCユニバーサルヘビー級王座防衛戦を行いいずれも勝利している。

10月6日、WWFやWCWに所属経験のあるICPが主宰するJCW(Juggalo Championship Wrestling)に参戦。WWFのオールドスターであるジェイク・ロバーツと対戦して勝利。7日にはメキシコのメジャー団体であるAAAにサプライズ参戦し、コパ・アントニオ・ペーニャ2007に出場するが優勝するに至らなかった。

2008年8月9日、JCWのBloodymania IIに参戦し、ナッシュとジ・アウトサイダーズを久々に結成。アイアン・セインツ(サル・トーマセリ & ヴィトー・トーマセリ)と対戦して勝利した。

2009年3月21日、ウィスコンシン州を拠点とするインディー団体であるGLCW(Great Lakes Championship Wrestling)のTwo Words... Too Sweetにてホールと組んでジ・アウトローズBGジェイムス & キップ・ジェイムス)とnWo vs D-ジェネレーションXを実現するも試合途中にナッシュに裏切られ敗戦。

2014年、WWE殿堂入り

2010年1月1日、TNAに復帰。シックス・パックとナッシュと共にTNA版nWoと言えるザ・バンドthe BAND)を結成。5月4日、ヘルナンデスと喧嘩別れして孤立していたTNA世界タッグ王者であるマット・モーガンに挑戦。勝利してベルトを奪取するが、6月にTNAより解雇となった。

一時は長年にわたる多量の飲酒、コカイン鎮痛剤などの過剰摂取の影響で、日によっては一人で歩くことすらままならなくなっていたが徐々に回復。2011年7月17日には地元フロリダのインディー団体アイ・ビリーブ・イン・レスリング(I Believe in Wrestling)に、息子のコーディ・ホールと共に登場。女子レスラーのサンタナ・ギャレットのセコンドとして親子共演が実現。

以降、コーディのマネージャーとして活動。2013年9月21日、NEW(Northeast Wrestling)にて盟友であるナッシュとコーディがタッグを組んでアウトキャスト・キラーズ(ディアブロ・サンティアゴ & オマーン・トゥーガ)と対戦して勝利した姿を見届けている。また、同年にはダイヤモンド・ダラス・ペイジが開いている教室であるヨーガを受けて薬物中毒から順調に立ち直っている。

2014年4月5日、盟友のナッシュがインダクターに務め、レイザー・ラモンとしてWWE殿堂に迎えられた。ホールは爪楊枝を加えて登場するとお馴染みの"Hey Yo"で始めてプロレスへの愛情を語った。スピーチが終わると、ナッシュに加えてトリプルH、マイケルズ、ウォルトマンがステージに現れ、一夜限りの「クリック」の復活となった[6]

その他[編集]

得意技[編集]

ハイジャック・バックブリーカーの体勢で頭の上まで相手を担ぎ上げ、前方に投げ捨てるタイプのパワーボム。
ブロックバスター

入場曲[編集]

  • Born in the U.S.A.
  • Bad Boy
  • Rockhouse
  • Wolfpac
  • Ready or Not
  • Marvelous Me

獲得タイトル[編集]

WWF IC王者時代
TNA
WWF/E
WCW
AWA
USWA
  • USWAユニファイド世界ヘビー級王座 : 1回
WWC
  • WWCカリビアン・ヘビー王座 : 1回
  • WWCユニバーサル・ヘビー王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月1日閲覧。
  2. ^ History of the WWE Intercontinental Championship”. WWE.com. 2011年6月1日閲覧。
  3. ^ USWA Unified World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月8日閲覧。
  4. ^ ハルク・ホーガン自伝『Hollywood Hulk Hogan』(ISBN 4757714483)によると、「かつて日本では以前数人のレスラーが他団体に移籍して殴り込みをかけたことがあった。ビショフがそれを参考にしたかどうかはわからない」(大意)とあり、ジャパンプロレスもそのモデルの一つと推定される。
  5. ^ WWC Universal Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月8日閲覧。
  6. ^ Razor Ramon Bio”. WWE.com. 2014年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]