エド・ウィスコスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・ウィスコスキー
プロフィール
リングネーム "イージー" エド・ウィスコスキー
カーネル・デビアーズ
メイジャー・デビアーズ
ポーリッシュ・プリンス
メガ・マハリシ
デレク・ドレイパー
ウルフ・ウィスコスキー
本名 エドワード・ウィスコスキー
ニックネーム ザ・マングース
身長 190cm - 193cm
体重 118kg - 124kg
誕生日 1945年1月10日(69歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミズーリ州セントジョセフ
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー ロード・リトルブルック
ハーリー・レイス[1]
デビュー 1972年[1]
テンプレートを表示

"イージー" エド・ウィスコスキー"Easy" Ed Wiskoski1945年1月10日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーミズーリ州セントジョセフ出身のポーランド系アメリカ人

キャリア後期はアパルトヘイト将校ギミックカーネル・デビアーズCol. DeBeers)のキャラクターで活躍した。近年のハードコア・レスリングに通じるラフファイトを繰り広げたヒールのレジェンドとして、"The Grandfather of Hardcore" の異名を持つ[1]

来歴[編集]

ノースウェスト・ミズーリ州立大学ではアメリカンフットボールで活動し、NFLシンシナティ・ベンガルズに短期間所属後、1972年にプロレスラーとしてデビュー[1]ベビーフェイスのポジションでNWAミッドアトランティック地区などを転戦後、1975年よりヒールに転向。同年5月31日、地元ミズーリカンザスシティを本拠地とするセントラル・ステーツ地区にて、ジェリー・オーツからNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を奪取[2]。同地区ではディック・ザ・ブルーザーアンドレ・ザ・ジャイアントなどの大物ベビーフェイスとも対戦した[1]

1977年、7月の全日本プロレス初来日を経て、オレゴンおよびワシントン州をサーキット・エリアとする太平洋岸北西部のPNW(パシフィック・ノースウエスト・レスリング)に参戦。11月12日にダッチ・サベージを破ってNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を獲得し[3]、12月7日にはバディ・ローズと組んでムーンドッグ・メイン&ロン・バスから同タッグ王座を奪取した[4]

1978年はローズとのコンビでサンフランシスコにも進出し、10月25日に同地区認定のNWA世界タッグ王座ディーン・ホー&ロン・スターから奪取。ローズの負傷後はロディ・パイパーを新パートナーに起用し、最終的には同王座の最後のチャンピオン・チームとなった[5]1980年6月7日には、同地区のフラッグシップ・タイトルだったUSヘビー級王座にも戴冠している[6]

サンフランシスコ地区の閉鎖後はNWAの南部テリトリーを転戦し、1981年オクラホマにて、セントラル・ステーツ地区での抗争相手でもあったマイク・ジョージと組み、7月11日にエディ・ギルバート&リッキー・モートンからトライステート・タッグ王座を奪取[7]1982年デレク・ドレイパーDerek "The Mongoose" Draper)の変名でフロリダに登場、7月16日にデビッド・フォン・エリックを下して南部ヘビー級王座を獲得した[8]

1983年1月、ポーリッシュ・プリンスThe Polish Prince)と名乗ってニューヨークWWFに登場[9]フレッド・ブラッシーマネージャーに迎え、当時のWWFヘビー級王者ボブ・バックランドへの新しい刺客としてデビューしたが、数試合のTVテーピングを行ったのみで継続参戦することはなかった。その後は欧州CWA遠征などを経てPNWに復帰し、メガ・マハリシMega Maharishi)なる教祖ギミックの異色キャラクターに変身。1985年4月13日にはケンドー・ナガサキをパートナーにパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座に返り咲いている[4]

1986年南アフリカヨハネスブルク出身を自称し、アパルトヘイトを推進する反米主義者の将校カーネル・デビアーズColonel DeBeers)に変身してAWAに登場。4月20日にミネアポリスメトロドームで開催されたビッグイベント "WrestleRock 86" ではワフー・マクダニエルに勝利[10]。以降は愛国軍人ギミックのサージェント・スローターをはじめ、スコット・ホールジミー・スヌーカと抗争を展開した。

AWAには団体最末期の1990年まで出場し、ダイヤモンド・ダラス・ペイジポール・E・デンジャラスリーがマネージャーを担当していたこともある。なお、AWA時代の1987年11月にはブルーザー・ブロディのパートナーとして全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦への参加が発表されていたが、ブロディはジミー・スヌーカと組んで出場することになったため、再来日は実現しなかった。

AWA崩壊後はカリフォルニアの新興団体UWF(ハーブ・エイブラハム派)を経て、1992年より古巣のPNWに戻り、ジェシー・バーのファミリーが立ち上げた後継団体のチャンピオンシップ・レスリング・USAにも参戦。ビリー・ジャック・ヘインズブリックハウス・ブラウンレイ・ミステリオ・ジュニアらと対戦し、1994年6月には日本から遠征してきた剛竜馬ともタッグを組んでいる[11]。同団体認定のTV王座も再三獲得し、1997年3月18日にマット・ボーンを破って現役最後となる5回目の戴冠を果たした[12]

引退後は2001年から2006年まで、オレゴン州ポートランドにてレスリング・スクールをバディ・ローズと共同で運営[13]メイジャー・デビアーズMajor DeBeers)の名義で北カリフォルニアのインディー団体にも時折出場していた[11]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

パシフィック・ノースウエスト・レスリング / チャンピオンシップ・レスリング・USA
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:2回[3]
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:5回(w / バディ・ローズ×3、ケンドー・ナガサキ、ジョン・ランボー)[4]
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・TV王座:1回
  • CWUSA TV王座:5回[12]
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回[2]
NWAトライステート
NWAサンフランシスコ
NWAオーストラリア
  • NWA豪亜タッグ王座:1回(w / ラリー・オーディ)[14]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Col. DeBeers”. Cagematch.net. 2012年4月20日閲覧。
  2. ^ a b NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年12月5日閲覧。
  3. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月20日閲覧。
  4. ^ a b c NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月20日閲覧。
  5. ^ a b NWA World Tag Team Title: San Francisco version”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月20日閲覧。
  6. ^ a b NWA United States Heavyweight Title: San Francisco version”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月20日閲覧。
  7. ^ a b NWA Tri-State Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月20日閲覧。
  8. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title: Florida version”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月20日閲覧。
  9. ^ WWE Yearly Results 1983”. The History of WWE. 2012年4月20日閲覧。
  10. ^ AWA WrestleRock”. Cagematch.net. 2012年4月20日閲覧。
  11. ^ a b Matches: Col. DeBeers”. Cagematch.net. 2012年4月20日閲覧。
  12. ^ a b Championship Wrestling USA Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月20日閲覧。
  13. ^ "Playboy" Buddy Rose”. Online World of Wrestling. 2012年4月20日閲覧。
  14. ^ NWA Austra-Asian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]