WCWマンデー・ナイトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WCWマンデー・ナイトロ』 (WCW MondayNitro) は、1995年9月4日から2001年3月26日までアメリカのTNTで毎週月曜夜に放送されたプロレス番組。WCWがプロデュースした。同番組は、WWFWWF・ロウと視聴率で接戦を繰り広げた。1996年の半ば、ナイトロはWCW対nWoのストーリーラインで人気を博し、視聴率ではWWFに84週連続で勝ち続けた。視聴率でのナイトロの連勝は1998年4月13日まで続いた。1997年には、スポーツ番組の中で最も視聴率を稼いだ週が16週もあった。番組は、WCWがWWFに買収されて終了した。

初期の成功[編集]

WCWマンデー・ナイトロの出現で、同じ月曜夜に放送されたWWFのマンデー・ナイト・ロウとのライバル関係は白熱し、のちにプロレスファンに「マンデー・ナイト・ウォーズ」と呼ばれるようになる。ランディ・サベージハルク・ホーガンといったスター選手の多くがWCWと契約し、特にWWFからスコット・ホールケビン・ナッシュを引き抜き、元WWFのホーガン(ハリウッド・ホーガンと名乗った)を含めて反WCWのヒール集団nWoを結成したことで、ナイトロの人気は安定して高いまま継続した。

ロウの挽回[編集]

WWFのロウが「アティチュード路線」に転じていた時、ナイトロでは相も変わらず同じ筋書きで番組が進行されていた。クリス・ジェリコレイ・ミステリオ・ジュニアエディ・ゲレロといった団体の若いレスラーたちがプッシュされないまま、ホーガンとナッシュを初めとしたnWoのメンバーがメインイベントで幅を利かせていた。nWoのメンバーは決して負けることはなく、脚光を浴びたい中堅レスラーが加入してチームは肥大化していった。この時期の唯一の希望が持てる新人は、ゴールドバーグダイヤモンド・ダラス・ペイジであった。1998年7月6日、アトランタジョージア・ドームで行なわれたゴールドバーグ対ホーガンのメインイベントの試合は、11週ぶりに視聴率でWWFに勝つことができた。

その一方でロウでは、WWFオーナーのビンス・マクマホンストーン・コールド・スティーブ・オースチンとの抗争が人気であった。トリプルHD-ジェネレーションX軍、マンカインドザ・ロックといった新しいレスラーも、メインイベント級の扱いを受けるようになった。

変化[編集]

ロウがコンスタントにナイトロより視聴率で勝るようになると、エリック・ビショフとWCW幹部は挽回のために一連の応急措置をほどこし、短い期間盛り返した。しかしナイトロには新しいスターを作ることができずにいた一方で、WWFは次々に新しいタレントを生み出した。この構図は1999年になるとさらにはっきりとする。WWFが元WCWの中堅選手のクリス・ジェリコと契約し、ザ・ロックとの抗争を始めると、すぐにクリス・ジェリコはスター選手となった。

1999年1月4日の放送で、ビショフは思い切った戦術をとった。1990年代前半にカクタス・ジャックとしてWCWのリングに上がっていたミック・フォーリーが、その日マンカインドとしてロウでWWF王座を勝ち取っていた。ナイトロのアナウンサーは番組内でその結果を故意にばらしたのだが、その夜の視聴率の争いは結局WWFが勝利した。

その夜のナイトロのメインイベントでは、のちに「フィンガーポーク・オブ・ドゥーム」と呼ばれることになるnWo再結成の筋書きが繰り広げられ、WCWタイトルの信頼性を大きく損なってしまった。

立て直しのために、元WWFのライターのビンス・ルッソーとエド・フェララが引き抜かれた。二人のライターは、ストーリーラインをより際立たせて、レスリング以外の部分をより長くし、お色気路線をより強くした。これがさらに状況を悪化させ、視聴率は低空飛行のまま、WCWは崩壊を迎える事となる。

最終回[編集]

2001年3月23日、WCWは長年のライバル団体であったWWFによって買収され、3日後の26日にフロリダ州パナマシティビーチで開催されたナイトロが最終回となった。 この日のナイトロは、前週の告知により「Night of Champions」のサブタイトルが付けられ、全王座がかけられる事になった。

外部リンク[編集]