AAA (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AAAトリプレアAsistencia Asesoría y Administración)は、メキシコプロレス団体

概要[編集]

1992年EMLL(現:CMLL)ブッカーを務めていたアントニオ・ペーニャが独立して、メキシコシティを本拠地に設立した。CMLLから引き連れたルチャドール達に加えレイ・ミステリオシコシスといった新世代のレスラー達が活躍、アメリカン・プロレスを意識したエンターテイメント性の強いプロレスを推し進め、ライバル団体のLLIを壊滅に追い込み、メキシコを基盤に南米やアメリカへの人気を獲得していく。

WWEレッスルマニアに相当するトリプレマニアという興行が、年間を通して最大の興行とされる。ストーリーには団体代表のペーニャ自身も深く関わっている(ビンス・マクマホンと違ってあくまでもリンピオ扱い)。なお、ヘキサゴンと呼ばれる六角形のリングを初めて考案しており、提携しているアメリカのTNAにも輸出された、選手も多くが参戦している。

2014年9月より北米進出としてルチャ・アンダーグラウンドなるブランドを創設。AAAに所属しているレスラーのみにならず、元WWE所属のレスラーや飛び技を得意とするインディー団体で活動しているレスラーを出場させて人気を獲得しようとした動きを見せている。

タイトル[編集]

レイ・デ・レイエス
レイナ・デ・レイナス
トリプレマニア
アラス・デ・オロ
コパ・アントニオ・ペーニャ
ルチャ・リブレ・プレミア

所属選手[編集]

男性レスラー[編集]

テクニコ[編集]

エル・メシアス
エレア・パーク

ルード[編集]

エクストリーム・タイガー
シベルネティコ

女性レスラー[編集]

ジェニファー・ブレイク

ミニ[編集]

オクタゴンシート

過去の日本人所属選手[編集]

AAA殿堂[編集]

  • 2007年 : アントニオ・ペーニャ、レイ・ミステリオ・ジュニア
  • 2008年 : エディ・ゲレロ
  • 2009年 : ペペ・カサス
  • 2010年 : 該当者なし
  • 2011年 : オクタゴン
  • 2012年 : ペロ・アグアヨ
  • 2013年 : アビスモ・ネグロ

日本との関係[編集]

日本ではCSのGAORAで毎月の現地中継放送が、2000年より行われていたが2012年以降放送されていない。

2000年に、年間最大イベントの「トリプレマニア8」を後楽園ホールで開催し、横浜、名古屋、神戸、大阪のJAPANツアーを行った。その後、2003年2004年には単独来日興行を開催。

2007年9月3日には、プロレスリング・ノアとの共催で「トリプレセム」をディファ有明で開催。

2008年5月25日の「レイナ・デ・レイナス」にOZアカデミー勢が参戦した。

2010年3月19日、メキシコにおいて、ノアの森嶋猛石森太二組がAAA世界タッグ王座を獲得した(第5代王者)。

2011年10月23日全日本プロレス両国大会で、ダーク・オズダーク・クエルボ組が第60代世界タッグ王座を獲得。2012年3月20日まで王座を保持した。

2012年11月27日プロレスリングWAVEとのコラボ興行を後楽園ホールで開催し、10回目となる「レイナ・デ・レイナス」も興行内に盛り込まれた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]