ルチャリブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルチャリブレLucha Libre)は、スペイン語プロレスのことである。ルチャリブレは「自由な戦い」という意味[1][2]。特にメキシカンスタイルのプロレスのことをルチャリブレと呼ぶ。日本ではルチャとも俗称される。このページでは、メキシカンスタイルのプロレスについて記述する。ルチャリブレはメキシコ合衆国において非常に高い人気を得ている大衆芸能「格闘技」で、兼業も含めれば数千人の競技人口を誇り、メキシコを中心に中南米で盛んに興行がおこなわれている。

特徴[編集]

ルチャリブレでは選手のことを男性はルチャドール、女性はルチャドーラと呼ぶ。さらに彼らはプロレスリング同様にベビーフェイステクニコ(テクニカ)ヒールルード(ルーダ)に分かれて激しい戦いを繰り広げる。

一部のトップスターはエストレージャスペルエストレージャスターまたはスーパースター)と呼ばれる。覆面レスラーが多いのも特徴で、アステカなどの文化的な影響から神聖視されており、マスクマンは人前では決してマスクを脱がない。その究極とも言えるのがエル・サントで、死後もマスクを脱がずにそのまま葬儀が行われた。日本でもザ・グレート・サスケが、岩手県議会議員になった際マスクをつけたまま会議に出席するとして物議を醸した。

女子専門の団体は存在せず、ルチャドーラは男子の興行において前座あるいはミックストマッチ(男女混合戦)として戦うことが多い(過去にCMLL女子部休止期間中にLLFと呼ばれる女子団体が存在した)。

他の国のプロレスと違い二世や三世が多いことで知られる。そのためリングネームには「の子」の意味を持つ「El Hijo del」「Hijo del」「Jr.」を用いるレスラーも多い。

日本では、ミル・マスカラスの影響もあって空中殺法のイメージが強いが、実際は投げ技(巻き投げやティヘラと呼ばれるヘッドシザーズ・ホイップなど)やジャベ(鍵の意)と呼ばれる関節技、ストレッチ技も多用される。ロープワークをはじめとする動き(ムーブ)を駆使するのもルチャの特徴で、突進してくる相手をジャンプして飛び越えたり、相手の股の間をくぐり抜けるなどの軽快で機敏な動きを見せる。

原因・理由は不明であるが、世界の一般のプロレスリングとは鏡写しの動きを取る。具体的には、通常ヘッドロックは左脇に抱えるのが絶対的なルール(マナー)であるが、ルチャにおいては必ず右脇に抱える。ルチャドールが海外で試合をするとき、逆に海外の選手がルチャの試合に出るときはそれぞれに合わせる。

日本の小柄なレスラーや女子レスラーは、メキシコへルチャリブレ留学に行くことが多く、新日本プロレスのジュニアヘビー級においてメキシコ帰りのタイガーマスク藤波辰爾がルチャの技術を披露し人気を集めた。

1990年2月にはルチャ専門の団体としてユニバーサル・プロレスリング・ジャパン(通称ユニバ)が旗揚げしたが、興行的には成功しなかった。しかし、グレートサスケが旗揚げしたみちのくプロレスが、ハイスパート・ルチャと呼ばれる空中殺法を多用したスタイルを確立し、東北地方にターゲットを絞って興行を集中させ、東北にルチャを根付かせることに成功した。2000年代には闘龍門が闘龍門2000プロジェクト(T2P)にて、古典的なジャベを使用するスタイルをルチャリブレ・クラシカとして前面に押し出して成功し、その後闘龍門出身者による団体としてDRAGON GATEdragondoorプロレスリング・エルドラドが設立された。他にも、FULLやCMLLジャパン、大阪プロレスなど、ユニバーサルの流れを汲む団体がいくつも設立され、女子でもチャパリータASARIを筆頭にルチャリブレのムーブを取り入れる選手は多く、日本のプロレスリング興行におけるファイトスタイルの一形態として定着した感がある。これらの日本式ルチャを、特にハポネス・ルチャと呼んで区別する場合がある。2002年にはその日本式ルチャに影響を受けたチカラという団体が米国の地に産声を上げ、フィラデルフィアを舞台に高い人気を博すようになった。

試合形式[編集]

日本やアメリカのプロレスリングと基本的には大きく変わらないが、メキシコでは三本勝負で行われることが多い。タッグマッチでは6人タッグや8人タッグが多く行われ、メキシコ独自のルールも多い。たとえば、選手が場外に出た時点で、タッチを行わずとも控えの選手が出ることが許される、イリミネーションマッチのように、二人ともがフォールされるまで終わらない、試合前に決められたキャプテンが敗退するまで試合が続行される、などである(事前発表されたルールがいつの間にか変わっていることもあり、厳密な運用とはいえない)。シングルマッチは特にマノ・ア・マノと呼ばれ、後述の遺恨清算マッチやタイトルマッチを除いては、通常あまり行われない。

また日本でも時折行われる試合形式として、覆面(マスカラ)や髪(カベジェラ)などを賭けて行うコントラ・マッチがある。賭ける物によってマスカラ・コントラ・マスカラ、マスカラ・コントラ・カベジェラ、カベジェラ・コントラ・カベジェラなどの呼称となる。この試合形式は選手同士の因縁の清算として行われ、敗者は覆面もしくは髪を失うことになる。この試合に敗れれば、覆面を剥がれると同時に選手の本名と出身地も発表されて、マスクマン生命は完全に断たれることになる。また、髪を失い丸坊主になることは、メキシコ人にとって非常に恥辱的なことである。その格付けはタイトルマッチ以上であり、ビッグマッチのメインイベントを飾ることがほとんどである。最古参の団体CMLLでは、試合に敗れてマスクを奪われた選手がそのままのキャラクタを維持しながら再びマスクを被ることはまず認められず、素顔のまま試合することが義務付けられている。コミッションの支配下にない団体では必ずしもそうとは限らないが、暗黙の了解としておおむね守られている。この試合形式はそれだけ重要な意味を持つのである。

リング[編集]

他国の一般的なリングと同様、四角形のリングに3本のロープが張られたオーソドックスな形状である。ロープは日本のメジャー団体のようなワイヤーロープではなく、何の変哲もない普通のロープが使われているとされている。ロープの弾力やマットの硬さはあまり一定していない。緩く張られたロープに戸惑ったり、「コンクリートの床と大差ない」とまで言われるほど硬いマット(板の上にマットを敷かず直接カバーをかけたモノ)もある。そのため、衝撃吸収を目的とした回転受身は基礎中の基礎であり、また「マルティネーテ」(ツームストーンドライバー)のような頭から落とす技は「相手に怪我をさせる危険性が高い」として禁じ手となっている。 AAAは、世界に先駆けて六角形リング(ヘキサゴン)を導入した。このリングは、どの観客席からでも見やすく、構造上ダイナミックなロープワークが期待でき、ノンストップアクションが売りの3WAY形式(3人、または3チームによる試合)にも適している。日本ではT2PがAAAより小型のヘキサゴンリングを採用し、アメリカではTNAなどが類似のリングを採用している。

試合会場[編集]

メキシコシティではアレナ・メヒコが聖地として存在し、収容人数は18,000人前後で定期的に試合が行われる。ただし、年間を通して試合会場となっているわけではなく、サーカスなどの会場として貸し出されることもある。他に、アレナ・コリセオ、アレナ・ナウカルパンが有名。

闘牛場のエル・トレオも、AAAのビッグマッチ向けに使用される。

日本と違ってリングを特別に神聖視することもなく、休憩時間には子供のファンがリングにあがって遊んでいたりする。

階級[編集]

ルチャリブレは日米と比べて小柄な選手が多いため、体重別階級も他の格闘技並みに細分化されている。階級は以下の通りであるが、団体によって採用される階級数が異なる。また日米より厳格なものとなっている。

階級名 数値
フライ級 - 110lb(52kg)
バンタム級 - 130lb(57kg)
フェザー級 - 140lb(63kg)
ライト級 - 150lb(70kg)
スーパーライト級 - 160lb(73kg)
ウェルター級 - 170lb(77kg)
スーパーウェルター級 - 180lb(82kg)
ミドル級 - 190lb(87kg)
スーパーミドル級/ジュニアライトヘビー級 - 200lb(92kg)
ライトヘビー級 - 210lb(97kg)
ジュニアヘビー級/クルーザー級 - 230lb(105kg)
ヘビー級 230lb(105kg) -

メキシコのプロレス団体、プロモーション[編集]

  • CMLL(エンプレッサ・メヒカーナ・デ・ルチャ・リブレ)
旧:EMLL(エンプレサ・メヒカナ・デ・ルチャ・リブレ)
  • UWA(ユニバーサル・レスリング・アソシエーション)
旧:LLI(ルチャ・リブレ・インターナショナル)
女子プロレス団体
旧:LLR
女子プロレス団体
女子プロレス団体
女子プロレス団体

主なルチャドール[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「自由への戦い」と訳されることもあるが、これは誤訳。
  2. ^ ブラジルの格闘技「ルタ・リーブリ」(Luta Livre)もルチャリブレと同じく「自由な戦い」という意味である(ただしこちらはポルトガル語)

外部リンク[編集]