AWA世界ヘビー級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AWA世界ヘビー級王座
詳細
管理団体 American Wrestling Association
創立 1960年5月18日
廃止 1991年

AWA世界ヘビー級王座(AWAせかいヘビーきゅうおうざ、AWA World Heavyweight Championship)は、アメリカン・レスリング・アソシエーション(以下「AWA」と略)が認定するプロレス王座の一つである。かつてはNWA・WWF(現:WWE)とならび「世界三大王座」と言われていたタイトルである。

なお、俗にAWAと言われた王座はシカゴオマハなどにも存在したが、最終的に消滅または「三大世界王座」といわれたバーン・ガニアミネアポリス)版のAWAに吸収された。カール・ゴッチドン・レオ・ジョナサンの経歴に「AWA世界ヘビー級王者」とあるのはそれらの団体での獲得歴である。この項目ではガニア版AWAのタイトルについて述べる。

1996年AWAスーパースターズ・オブ・レスリングによって同名のタイトルが復活しているが、それについてはWSL世界ヘビー級王座の項参照。

歴史[編集]

1960年AWA創立。同年5月、AWAが当時NWA世界ヘビー級王者であったパット・オコーナーを初代AWA世界ヘビー級王者と認定(記録上は、オコーナーのNWA王座獲得日である1959年1月9日)、オコーナーをAWA・NWA統一世界王者とする。そして、AWAは王者であるオコーナーにバーン・ガニアとの指名試合を勧告、90日以内にガニアとの試合を行わない場合はAWA王座の剥奪をすると通達。しかし、オコーナー側はガニアとの指名試合を拒否したため、指名試合勧告から90日後にオコーナーのAWA王座は剥奪され、1960年8月に指名挑戦者であったガニアをAWA王者と認定、AWAとNWAの世界王座が切り離され独立をする。

AWAが日本と提携交流のあった期間にはたびたび日本でもタイトルマッチが行われており、1970年代には国際プロレスとAWAが提携。以降AWAは全日本プロレスとも交流を始め、国際プロレスと並行して交流をし、国際プロレスの崩壊後には全日本プロレスとの交流をさらに深める。そして、1980年代後半のAWA衰退期には新日本プロレスと関係を持つようになった。日本人ではジャンボ鶴田マサ斎藤が王者になっている。

1991年にAWAは団体の活動を終了し王座は消滅。

歴代王者[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日 戴冠場所
初代 パット・オコーナー 1 1959年1月9日 AWA本部から指名
パット・オコーナーが指名試合を拒否したため王座剥奪
第2代 バーン・ガニア 1 1960年8月16日 AWA本部から指名
第3代 ジン・キニスキー 1 1961年7月11日 ミネアポリス
第4代 バーン・ガニア 2 1961年8月8日 ミネアポリス
第5代 ミスターM 1 1962年1月9日 ミネアポリス
第6代 バーン・ガニア 3 1962年8月21日 ミネアポリス
第7代 クラッシャー・リソワスキー 1 1963年7月9日 ミネアポリス
第8代 バーン・ガニア 4 1963年7月20日 ミネアポリス
第9代 フリッツ・フォン・エリック 1 1963年7月27日 オマハ
第10代 バーン・ガニア 5 1963年8月8日 アマリロ
第11代 クラッシャー・リソワスキー 2 1963年11月16日 セントポール
第12代 バーン・ガニア 6 1963年12月14日 ミネアポリス
第13代 マッドドッグ・バション 1 1964年5月2日 オマハ
第14代 バーン・ガニア 7 1964年5月16日 オマハ
第15代 マッドドッグ・バション 2 1964年10月20日 ミネアポリス
第16代 イゴール・ボディック 1 1965年5月15日 オマハ
第17代 マッドドッグ・バション 3 1965年5月22日 オマハ
第18代 クラッシャー・リソワスキー 3 1965年8月21日 セントポール
第19代 マッドドッグ・バション 4 1965年11月12日 デンバー
第20代 ディック・ザ・ブルーザー 1 1966年11月12日 オマハ
第21代 マッドドッグ・バション 5 1966年11月19日 オマハ
第22代 バーン・ガニア 8 1967年2月26日 セントポール
第23代 ドクターX 1 1968年8月17日 ブルーミントン
第24代 バーン・ガニア 9 1968年8月31日 ミネアポリス
第25代 ニック・ボックウィンクル 1 1975年11月8日 セントポール
第26代 バーン・ガニア 10 1980年7月18日 シカゴ
バーン・ガニアが引退のため王座返上
第27代 ニック・ボックウィンクル 2 1981年5月19日 AWA本部から指名
第28代 オットー・ワンツ 1 1982年8月29日 セントポール
第29代 ニック・ボックウィンクル 3 1982年10月9日 シカゴ
第30代 ジャンボ鶴田 1 1984年2月22日 東京
第31代 リック・マーテル 1 1984年5月13日 セントポール
第32代 スタン・ハンセン 1 1985年12月29日 イーストラザフォード
スタン・ハンセンが試合を放棄したため王座剥奪
第33代 ニック・ボックウィンクル 4 1986年6月28日 AWA本部から指名
第34代 カート・ヘニング 1 1987年5月2日 サンフランシスコ
第35代 ジェリー・ローラー 1 1988年5月8日 メンフィス
AWAとジェリー・ローラーの契約が打ち切られたため王座剥奪
第36代 ラリー・ズビスコ 1 1989年2月7日 セントポール
第37代 マサ斎藤 1 1990年2月10日 東京
第38代 ラリー・ズビスコ 2 1990年4月8日 セントポール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]