テッド・ターナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2007年
第62回アカデミー賞授賞式に出席するテッド・ターナーとジェーン・フォンダ(1990年3月26日、ロサンゼルス

ロバート・エドワード・ターナー三世Ted Turner、Robert Edward "Ted" Turner III, 1938年11月19日 -)はアメリカメディア業界人。実業家。CNN創業者。国際連合など国際機関に多額の寄付をしていることでも知られる。オハイオ州シンシナティ生まれ。

自殺した父親の遺産を24歳の時に相続し、それを元手に1970年アトランタのテレビ放送局を買収し、放送局事業に参入。その後これを元に創業したCNNは世界初のニュース専門局として発展。キャスターに有色人種を多用するなど、放送業界やテレビジャーナリズムを大きく変革させた。他にCNNよりも多くの国で放送されているアニメ専門チャンネルカートゥーン ネットワークらも創業している。1996年アトランタオリンピック開催にはその意向が反映されていた。

アメリカ大リーグ野球 (MLB) チームのアトランタ・ブレーブスアトランタ・ホークス映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤーを買収。1977年当時のブレーブスは弱小チームで業を煮やしたターナーは自らシーズン途中に監督になったが1試合監督しただけで機構側に認められず退任した。同年にはヨットCourageousの船長としてアメリカズカップに出場し、優勝したが、その優勝会見において泥酔していたことが物議を醸した。1990年代アトランタ・ブレーブスは投手王国として地区優勝を何度も経験している。

1996年にはCNN、TNTCN、ターナー・エンターテインメント、ニュー・ライン・シネマなどターナーのケーブルテレビ局・エンターテインメントビジネスを統括する事業持株会社ターナー・ブロードキャスティング・システム (TBS)がタイム・ワーナー社と合併。ターナーはタイム・ワーナーの副会長兼ケーブルネットワーク部門の会長に就いた。その後2001年にタイム・ワーナー社とAOL社は合併しAOLタイム・ワーナー社となった(その後社名をタイム・ワーナーに戻す)。2003年に副会長職を辞職、2006年には取締役からも退いた。現在、ターナーのタイム・ワーナーの所有率(普通株式ベース)は1%以下である。

フォーブス』誌の2012年度世界長者番付によると、20億ドルの純資産を有する世界634位、米国224位の資産家である[1]。全米各地に合計面積2百万エーカー(8,094 km²)以上の牧場を所有し、45,000頭以上のバイソン(野牛)を飼育している。バイソン肉のステーキハウス「テッズ・モンタナ・グリル(Ted's Montana Grill)」を全米に展開中。

1991年には女優のジェーン・フォンダと結婚したことでも話題になった。2001年に離婚。

外部リンク[編集]