ビル・デモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・デモット
ビル・デモットの画像
プロフィール
リングネーム ビル・デモット
ジェネラル・レクション
キャプテン・レクション
ヒュー・モラス
クラッシュ・ザ・ターミネーター
スウィート・ウィリアムス
本名 ウィリアム・デモット
ニックネーム 肉弾粉砕者
身長 188cm
体重 130kg(全盛時)
誕生日 1966年11月10日(47歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タイタスヴィル
トレーナー ジョニー・ロッズ
デビュー 1990年
テンプレートを表示

ビル・デモットWilliam "Bill" DeMott1966年11月10日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タイタスヴィル出身。

1990年代から2000年代にかけて、大型のラフ&パワーファイターとしてWCWWWFで活動した。巨漢ながらムーンサルトプレスを軽々とこなす身体能力を持ち、近年はトレーナーとしても活躍している[1]

来歴[編集]

ニューヨークブルックリンにあるジョニー・ロッズスクールでトレーニングを積み、1990年にデビュー[2]。スウィート・ウィリアムスの名義で東部地区のインディー団体を転戦後、1992年プエルトリコのAWFにて、ロード・ウォリアー・アニマルのビジュアル・イメージをコピーしたクラッシュ・ザ・ターミネーターCrash the Terminator)に変身する[2]

同年9月、ビクター・キニョネスのブッキングでW★INGプロモーションに初来日。以降もW★INGの主力外国人選手となって活躍し、11月6日には札幌中島スポーツセンターにて、ミスター・ポーゴとのコンビでザ・ヘッドハンターズからW★ING認定世界タッグ王座を奪取[3]。翌1993年7月11日の横浜文化体育館では、16人参加のトーナメント決勝でゴリアス・エル・ヒガンテを破り、W★ING認定世界ヘビー級王座の初代王者となった[4]

WCW[編集]

その後ECWを経て、ケビン・サリバンの仲介で1995年9月からWCWに登場。いつもニタニタ笑っている "The Laughing Man" というキャラクター設定のもと、ユーモラスを捩ったヒュー・モラスHugh Morrus)のリングネームが与えられ、サリバン率いるダンジョン・オブ・ドゥームの一員となって活動。1996年3月には「ヒュー・モアーズ」の表記で新日本プロレスに初参戦した。

以降も中堅ヒールのポジションでWCWに定着、1997年9月22日の『マンデー・ナイトロ』では、ビル・ゴールドバーグの連勝ストーリーにおける最初の犠牲者となっている[2]1999年からはジミー・ハートのファースト・ファミリーに加入、ブライアン・ノッブスザ・バーバリアンと共闘し、ハードコア戦線を中心に活動した。

2000年下期にベビーフェイスに転向し、エリック・ビショフから戦力外通告を受けたという設定のもと、ブッカー・Tチャボ・ゲレロ・ジュニアらと共に、ミスフィッツ・イン・アクションMisfits in Action)なるミリタリー・スタイルのユニットを結成[5]ジェネラル・レクションGeneral Rection)を名乗ってユニットのリーダー格となり、同年10月29日にランス・ストーム&ジム・ドゥガンとのハンディキャップ・マッチを制してUSヘビー級王座を獲得[6]、初のメジャータイトル戴冠を果たした[1]

また、11月16日にドイツにて開催されたPPV "Millennium Final" ではドイツ出身のアレックス・ライトのパートナーとなり、ナチュラル・ボーン・スリラーズショーン・オヘア&マーク・ジンドラックからWCW世界タッグ王座を奪取している[7][8]

WWF / WWE[編集]

2001年ワールド・レスリング・フェデレーション・エンターテインメントのWCW買収に伴いWWFに移籍し、6月4日放送の『ロウ・イズ・ウォー』におけるケインクリスチャンインターコンチネンタル王座戦に乱入[2]。WCWとECWの連合軍として結成されたアライアンスのメンバーとなり、WWF正規軍との軍団抗争アングルに参入した。

アングル終結後の2002年は当時のWWFの下部団体HWAに出場し、3月12日にレイヴェンと組んでランス・ケイド&スティーブ・ブラッドリーからHWAタッグ王座を奪取している[9]。同年下期には本名のビル・デモットBill DeMott)の名義で新人選手発掘番組『タフ・イナフ』第3シリーズのトレーナーに起用され、前任者のタズボブ・ホーリーが担当していた鬼教官の役どころを受け持った[2]

以降はリングネームもビル・デモットに変更し、『スマックダウン』のアンダーカードで活動。2003年10月からはダイジェスト番組 "Velocity" のカラー・コメンテーターも担当した[2]。その後はWWEの専属トレーナーとなり、ファーム団体DSWにて若手選手の指導・育成に携わっていたが、2007年1月の契約満了に伴いWWEを解雇された[10]

以後、ノース&サウスカロライナのCWAやバージニアのUWFなどのインディー団体へのスポット出場を経て、2011年に『タフ・イナフ』新シリーズのトレーナーとしてWWEと再契約[1]2012年6月からはNXTのヘッド・トレーナーに就任した。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

W★INGプロモーション
WCW
その他

育成選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c WWE Alumni: Bill DeMott”. WWE.com. 2011年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Wrestler Profiles: Bill DeMott”. Online World of Wrestling. 2011年4月21日閲覧。
  3. ^ a b WING World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月21日閲覧。
  4. ^ a b WING World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月21日閲覧。
  5. ^ Faction Profiles: Misfits in Action”. Online World of Wrestling. 2011年4月21日閲覧。
  6. ^ a b NWA-WCW United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月21日閲覧。
  7. ^ WCW German Pay-Per-View November 16, 2000”. pWw-Everything Wrestling. 2011年4月30日閲覧。
  8. ^ a b WCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月30日閲覧。
  9. ^ a b HWA Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月21日閲覧。
  10. ^ WWE releases Superstars: January 19, 2007”. WWE.com. 2011年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]