ビクター・キニョネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビクター・キニョネスVictor Quiñones1959年6月30日 - 2006年4月2日)は、プロレスプロモーターブッカープエルトリコでは地元の名士として知られていた。

IWAジャパン代表。ヒールマネージャーなども務めた。

来歴[編集]

WWF(現WWE)に関わりプロレスのビジネスを学んだ後、1990年ミスター・ポーゴの悪徳マネージャーとしてFMWに初来日。その後W★INGプロモーションみちのくプロレスなどにも参戦。1994年にはIWAジャパンを旗揚げし、代表を務めるなど日本のインディープロレス活性に尽力した。

プエルトリコではIWAプエルトリコ代表として活動、金村キンタロー松永光弘などの遠征選手などの世話人も務め、プロレスラー養成所時代のKAIENTAI-DOJOにも深く関与した。

WWEやECWに深く関わっていたことから[1]ブッカーとしても活躍、2005年リッキー・バンデラスを日本に派遣するなどしたが、自身は腰痛の悪化のため来日できなかった。

2006年4月、プエルトリコの自宅にて死去。46歳没[2]。KAIENTAI-DOJOにて追悼セレモニーが行われ、ゆかりのあったTAJIRI上林愛貴なども駆けつけた。

マネージャー担当選手[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jim Ross discusses new talent, state of ECW”. SLAM! Sports: February 2, 2001. 2010年6月13日閲覧。
  2. ^ Victor Quinones dead at age 46”. Fight Opinion: April 3, 2006. 2010年6月13日閲覧。