ポール・ヘイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ヘイマン
ポール・ヘイマンの画像
プロフィール
リングネーム ポール・ヘイマン
ポール・E・デンジャラスリー
本名 ポール・ヘイマン
ニックネーム ポール・E
サイコ・ヤッピー
誕生日 1965年9月11日(49歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州スカーズデイル
デビュー 1986年
テンプレートを表示

ポール・ヘイマンPaul Heyman1965年9月11日 - )は、アメリカ合衆国プロレスリング・プロモーター、ブッカーコメンテーターおよびレスラーのマネージャーである。ニューヨーク州スカーズデイル出身のユダヤ系アメリカ人。通称ポール・E

来歴[編集]

熱狂的なプロレスファンとして育ち、"Pro Wrestling Illustrated" などの業界誌のライターやカメラマンを経て、1986年マネージャーとしてデビュー[1]

ポール・E・デンジャラスリーPaul E. Dangerously)の名前を用い、いつでも契約話に応じられるよう携帯電話を手放さないヤッピーのドラ息子というキャラクターのもと、ヒールのポジションで活動。ジェリー・ローラージェリー・ジャレット(後のTNA創設者)の主宰するCWAバーン・ガニアAWAを経て、WCWへの移行期にあったNWAジム・クロケット・プロモーションズに移籍。デンジャラス・アライアンスDangerous Alliance)なるヒール軍団を組織し、ストーンコールド変身前の "スタニング" スティーブ・オースチンらをマネージメントした[2]

ECW時代のポール・ヘイマン(左)

1993年9月、フィラデルフィアのインディー団体ECWのプロデューサーに就任。独自のプロレス感によるマッチメイクが多くのプロレスマニアに受け入れられ、1996年にはECWを買収、オーナーとしてECWの全国展開を計画し、WCW、WWEに次ぐ第3勢力にまで成長させた[1]。しかしプロレスについては天才的な彼も会社経営の才能には恵まれず、ECWは資金繰りに苦心して自転車操業を繰り返しついには倒産、ヘイマンも自己破産をすることとなった。

2001年にECWが崩壊した後は、活動の中心をWWEに移す。一時退団していたジェリー・ローラーに替わってカラー・コメンテーターを務めていたが、ECW・WCW連合軍(アライアンス)が結成されると連合軍に付き、連合軍の敗北と同時に姿を消す。その後、ブロック・レスナービッグ・ショーなどヒールのレスラーのマネージャーを歴任した。

2003年から2004年にかけてはスマックダウンのGMを務めた。一時期ブックを担当し、カート・アングルクリス・ベノワが名勝負を毎週のように繰り広げたことで高い評価を得ていた。

以後は裏方のクリエイティブ業務に専念していたが、2005年に行われたPPV "WWE ECW's One Night Stand" およびそれに向けたプロモーションにおいて再びWWEの表舞台に立つ。

2005年7月10日より、ジム・コルネットの後任としてOVWのヘッド・ブッカーに就任。その後2006年4月、WWE傘下のブランドとしてECWが復活するにあたり、OVWのブッカー職をアル・スノーに引き継ぎ再びECWのトップに就いたが、番組の視聴率は低迷し[1]、同年12月にWWEを解雇された。

WWE退団後、2010年8月、米メディアであるMMA Fightingのインタビューにて総合格闘技に興味が赴き、Strikeforceを買収するのではないかという噂が流れたが、本人は否定した[3]。10月、再びMMA Fightingのインタビューに応じ、今後は新しい活動として総合格闘技関係の広告事業に携わるとし、Looking for Larryなる会社を設立して格闘家たちの紹介映像を製作していくことを明かした[4]

2012年5月、ブロック・レスナーの法律アドバイザーとしてWWEに復帰した。レスナーの一時離脱後はCMパンクのマネージャーを担当。パンクの助けになるように行動し、権力欲のためにRAWのGMだったAJに結婚を申し込むなど、自身がGMになろうとしたこともあった。2013年2月、ことあるごとにパンクに得な行動をするシールドブラッド・マドックスに仕事を頼んでいたことが判明(本人は否定し続けた)、ビンス・マクマホン会長によって解雇されかけたものの、レスナーがマクマホンを攻撃したことで事なきを得た。 その後もレスナー、パンクのマネージャーを続け、2013年5月にはカーティス・アクセルを顧客に迎えた。パンクが(好意的な関係のまま)自身の元を離れたことで怒り、アクセルやレスナーと共にパンクとの抗争を開始。 ナイト・オブ・チャンピオンズでは自身とアクセルが組んでのイリミネーション式ハンディ戦を行い、アクセルが倒れた敗戦寸前にライバックに助けられ、彼も仲間に引き入れ、ヘル・イン・ア・セルでライバックと組んで再度セル形式のハンディ戦に挑んだが、敗北。ライバックとアクセルには見切りをつけられた。

2013年12月30日のRAWにて、トリプルHCOOとの友好的な関係を手に入れることに成功、レスナーが掲げたWWE世界ヘビー級王座挑戦はかなわなかったものの、レッスルマニア30でのレスナーのマッチメイクを自由にできる権利を得て 2014年2月24日のRAWにて、WM30でのジ・アンダーテイカーとの試合が決定。さらに、その試合でレスナーが勝利を挙げた。ヘイマンはことあるごとにそのことを吹聴して回りつつ、WM30の翌日のRAWよりセザーロを新たな顧客に加え、彼の出世のために手を尽くす。

担当選手[編集]

CWA
AWA
NWA / WCW
ECW
WWE

逸話[編集]

  • 日本のプロレス、特に小橋建太の大ファンとしても知られている。
  • WWEで解説を担当していた頃、ライノがゴアを決めると必ず「ゴア! ゴア! ゴア! 」と何度も連呼していた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Paul Heyman”. SLAM! Wrestling: June 7, 2006. 2010年8月19日閲覧。
  2. ^ Faction Profiles: Dangerous Alliance”. Online World of Wrestling. 2010年8月19日閲覧。
  3. ^ Paul Heyman, Lesnar's Ex-WWE Manager, Explains Friendship With Champ”. MMA Fighting: July 1, 2010. 2010年8月19日閲覧。
  4. ^ Paul Heyman Done With Pro Wrestling, Signs Deal With EA Sports MMA”. MMA Fighting. 2010年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]