マイク・アルフォンソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・アルフォンソ
マイク・アルフォンソの画像
Mike Awesome in 1999
プロフィール
リングネーム ザ・グラジエーター
マイク・オーサム
マイク・アッサム
身長 198cm
体重 132kg
誕生日 1965年1月24日
死亡日 2007年2月17日(満42歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
トレーナー スティーブ・カーン
デビュー 1989年
テンプレートを表示

マイク・アルフォンソMike Alfonso1965年1月24日 - 2007年2月17日)は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身。

ザ・グラジエーターThe Gladiator)、マイク・オーサム / マイク・アッサムMike Awesome[1]などのリングネームで知られる。

来歴[編集]

1989年にデビュー。「ザ・プロ」(The Pro)、「マイク・オーサム」(Mike Awesome)などのリングネームで、アメリカの中小団体で活動していた。

1990年大仁田厚プエルトリコに遠征中、当時抗争中であったビクター・キニョネスとプエルトリコ勢のレスラー達に襲撃され負傷、そのペナルティとしてプエルトリコのレスラーが出場停止となったため、本来来日するはずだったレスラーの代役として、ターザン後藤の推薦で、同年9月にザ・グラジエーターとしてFMWに初来日。2メートル級の長身から放たれるパワーボム「アッサムボム」とノータッチのトペ・スイシーダを披露した。

以来、FMWの常連外国人レスラーとして活躍。1995年のリーグ戦『グランドスラム』では、決勝戦でハヤブサを倒して、世界ブラスナックル王座を奪取。その後、金村ゆきひろからインディペンデント・ワールド世界ヘビー級王座を奪って、2本のベルトを統一。初代FMW認定二冠統一王者となった。1997年川崎球場大会では、田中将斗相手の試合が、当日参戦していた全日本プロレス小橋建太の存在が霞むほどのド迫力マッチとなり、以後田中との試合はFMWとECWを股にかけた名勝負として育っていく。

FMWがエンターテイメント路線に変更後はアメリカに戻り、ECWに参戦して活躍する。1999年には全日本プロレスにも参戦、9月4日の日本武道館大会では小橋と一騎打ちを行った。

ECWヘビー級王座戴冠中の2000年に、多額の契約金と共にWCWに移籍。このことは一部ECW関係者、ファンの反感を買ったとされる。

WCW崩壊後はWWF(現:WWE)に登場するも後に解雇された。

2005年に行われたWWEのPPVWWE ECW's One Night Standに対田中戦で出場。この際に前述の移籍騒動について解説者に取り上げられていた。

プロレスリング・ノア出場予定だったシリーズ開幕前に内臓疾患により全戦欠場。本人は引退を決意。1年間の休暇を取り、その間に不動産取引のライセンスを取得。2006年から地元フロリダ州タンパの不動産会社に勤務していた。

2007年2月17日、外出に誘おうとした友人により、自宅の中で首を吊って死んでいる姿で発見される。検死の結果、自殺であるとみられている。42歳没。妻と2人の娘を残しての死であった。3日後、WWEはECW(2006年よりECWはWWEの1ブランドとして週1度のTVショーを行っている)の番組冒頭で、アルフォンソの死を告知し、追悼映像を放映した。

得意技[編集]

スーパー・ランチャー
アッサムボム
シットダウン(両足を前方に開脚して尻から着地する)式パワーボム。
スーパーアッサムボム
カナディアン・バックブリーカーで持ち上げて走りながら落とすランニング式のサンダーファイヤー・パワーボム
カミカゼ・アッサムボム
コーナー最上段に立った状態から繰り出す、雪崩式のパワーボム。
アッサム・スプラッシュもしくはスーパー・スプラッシュ
トップロープから飛んで寝ている相手の上に腹から落ちる。
スーパー・ランチャーもしくはノー・タッチ・トペ
トップロープを超えてのトペ・スイシーダ。
プランチャ・スイシーダ
場外にいる相手にリング内からトップロープを超えて飛んで、腹からぶつかっていく。
ハンマーライン
ラリアットのこと。

獲得タイトル[編集]

ECW
WWF
FMW

脚注[編集]

  1. ^ 「アッサム」はAwesomeの日本語表記時に転訛したもの。そのため日本においては「アッサム」表記が一般的。

関連項目[編集]