ビッグ・タイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビッグ・タイトン
プロフィール
リングネーム ビッグ・タイトン
レイザー・ラモン(二代目)
本名 リック・ボグナー
誕生日 1970年1月16日(44歳)
出身地 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
スポーツ歴 バスケットボール
デビュー 1988年
テンプレートを表示

ビッグ・タイトンBig Tyton1970年1月16日 - )は、カナダプロレスラーブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身。

来歴[編集]

1988年、地元カナダでプロレスデビュー。

1991年7月、FMW参戦。1992年1月大仁田厚を破り世界マーシャルアーツ・ヘビー級王座を奪取。ザ・グラジエーターと共に強豪外国人として活躍した。のちリッキー・フジらと「チーム・カナダ」を結成。当時の出で立ちは、短髪を立て、顔にペイントを施していた。

1995年6月、WARに参戦。

1996年9月、WWF参戦、二代目レイザー・ラモン襲名。ここでは全く活躍といえる活躍ができなかった。

1998年1月、新日本プロレス参戦。nWoジャパン内ユニット、アリストトリストの目玉外国人としてG1クライマックスに出場するなどした。だが技術、試合の構築力に乏しく、リーダーの武藤敬司から完全に見放されてしまう一幕があった。

得意技[編集]

ストレッチ・スラム
リストクラッチ式コブラツイストの状態から、そのまま担ぎ上げ、後方へ投げ捨てる技。エックス・トルネードとも呼ばれた。
タイトン・ボム
両膝から着地するタイプのジャンピング・パワーボムと同じ技。
チョークスラム喉輪落とし)
相手の首を片腕で掴んで持ち上げ、背面から落とす技。

エピソード[編集]

元々のリングネームはビッグ・タイタンBig Tytan)だったが当時のポスターの誤記で、aoになっていた為そのまま「タイトン」と名乗るようになった。

関連項目[編集]