パワーボム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バティスタによるパワーボム(バティスタボム)

パワーボム(Power bomb)はプロレス技のひとつ。

概要[編集]

前屈みになった相手の正面に立ち、両膝(もしくは太もも)で相手の頭を挟む(いわゆる「がぶり」の体勢)。そこから両腕を相手の胴周りに回してクラッチし、相手の身体を反転させながら自らの頭上まで跳ね上げ、そこから自らしゃがみ込みながら相手を背面からマットに叩きつける。

多くの場合はそのままエビ固めピンフォールの体勢に持ちこむ。改良系として、叩き付けた後にそのままフォールせずに、投げっ放す「投げっ放し投げ捨てホイップ」も存在する。(後述する派生技も同様である)

技を掛ける形からスタンプホールドと呼ばれることもある。この技から「ボム系」と呼ばれる派生技が多く生まれた。レスラーによってはこの技がかかるかかからないかの攻防が大きな見せ場となる。

総合格闘技や組み技系格闘技ではバスターと呼ばれ、三角絞めに来る相手をパワーボムの要領で叩き付ける場面がしばしば見られる。柔術では禁止している大会が多い。

技の遍歴[編集]

技の原型はルー・テーズが使った「リバース・スラム」という技で、今で言う投げっ放し式に近かった。

日本での初公開は1968年1月17日国際プロレス宮城県スポーツセンター大会における豊登戦。頑丈な豊登が失神するほどの威力であった。「テーズ式パイルドライバー」と呼ばれることがあるが、テーズ自身はパイルドライバーを嫌っていた。

その後テーズはテリー・ゴディにこの技を伝授し、ゴディの手によって現在のパワーボムの形が完成した。その際テーズは、叩きつけた後にそのままエビ固めの体勢ですぐカウントを奪えるような形をゴディに指導し、これが現在のパワーボムの元になった。その後日本ではゴディ、そしてゴディによって日本人として初めてこの技をかけられた天龍源一郎に、アメリカではシッド・ビシャスらによって世界中に広められた。

名手[編集]

日本においては前述のゴディに加え、天龍源一郎が使い始めたあたりから使い手が増えた(日本で最初にゴディのパワーボムを受けたのは天龍である)。ゴディが片膝をつく形で落としていたのに対し、天龍は相撲の股割を応用して両足の裏をつけたまま膝を曲げてしゃがみこむ形にし、落下のダメージよりも体重を乗せてがっちりエビで固めることの方を重視した。その違いから、ゴディは「スタンプ式」、天龍は「ホールド式」と呼ばれることもある。

天龍はこの技でジャイアント馬場アントニオ猪木から3カウントを奪い、ジャンボ鶴田からは三冠ヘビー級王座を奪った。

さらに2代目タイガーマスク(三沢光晴)、川田利明小橋建太田上明、ライバル団体だった新日本の長州力藤波辰巳闘魂三銃士武藤敬司橋本真也蝶野正洋)、更には高田延彦大仁田厚と、当時のトップ選手全てからこの技でピンフォールを奪った。女子では全日本女子プロレス佐藤ちのが1979年頃から使い始め、彼女の引退後は同期のジャンボ堀が受け継ぎ、1982年頃から毎試合のように披露。新技の研究に熱心だった堀は、叩きつけるのではなくそのまま後方に投げ飛ばす「ジャンボ・スープレックス」も開発した。

現在では派生技が多くなっており、原型のまま使っているのは天龍、川田利明越中詩郎ぐらいである。

アメリカマットではWCW・WWF(当時)の両団体でシッド・ビシャスが迫力ある投げ捨て式のパワーボムを決め技として使用したことで有名になった。その後ベイダーケビン・ナッシュアンダーテイカーなどと言った大型選手の代表的な得意技として一気に流行する。

総合格闘技ではPRIDEでクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンがKO勝ちを上げているほか、ボブ・サップアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに対して、ノゲイラの関節技から逃れるために用いている。

また、マーク・コールマンは、練習中のスパーリングのさなかで、弟子に当たるケビン・ランデルマンからパワーボムを受けてしまい、重傷を負ったとされている。

派生技[編集]

持ち上げ方・叩きつけ方その他挙動にアレンジを加えることにより、多くの派生技が開発された。

滞空式パワーボム
相手を頭上に持ち上げてから数秒溜めを作ってから落とす。越中詩郎が使い手で、通称「侍パワーボム」とも呼ばれることがある。越中は相手をフォールするときにくの字になった相手の尻の上に圧し掛かってフォールする場合が多い。このときに両拳または片拳を突き上げ勝利を誇示する時も多い。「侍」は越中がメキシコ遠征でのリングネームが「サムライ・シロー」だったことに由来する。
念仏パワーボム
相手の頭を腿に挟んだ後、両手を相手の胴の前でクラッチする前に念仏を唱えるかのように合掌をし、パワーボムを敢行する。相手を落とした後にエビ固めでフォールしているときにも合掌する場合がある。みちのくプロレス新崎人生と、黒師無双が使用する。
餅つき式パワーボム
相手を叩きつけた後、背筋力で持ち上げて(実際は対戦相手が手をつかんで自ら上体を起こす場合もある)さらに落とす。これを数度繰り返す。連発式連続式パワーボムエンドレス・パワーボムとも。元祖はランス・ストームで、その後クリス・ジェリコ高岩竜一が使用。WWEのブロック・レスナーも使っていた。デビル雅美は前にドンと叩きつける動作を繰り返すことから、どんぐりと呼称している。
サンダーファイヤー・パワーボム
通常のパワーボムのように相手を自らの頭上にまで持ち上げるのではなく、相手を自らの肩の上あたりに担ぎ上げるカナディアン・バックブリーカーに類似した姿勢からのパワーボム。大仁田厚が若手時代に多用した、同様の体勢から自ら後方や前方に倒れ込み、相手の背中をマットに痛打するサンダーファイヤー1号/2号を元に開発、ザ・グレート・サスケ他インディー系のレスラーにも使い手が多い。
また、改良系として、エル・サムライが「サムライ・ボム」として膝着地ジャンピング式を、長与千種は「ランニングスリー」として、相手を担ぎ上げた後、助走をつけて放り投げる投げっ放し式を、ジョニー・スミスは「パワー・プレート(初期・中期型)」、井上京子は「ナイアガラ・ドライバー」としてシットダウン式を考案している。
ラストライド
二段階式超高角度パワーボム。ツームストーン・パイルドライバーが、当時のWWF(現WWE)の方針によって禁止技とされたため、それに代わって開発されたジ・アンダーテイカーの技。一度抱え上げた後で相手のタイツの両サイドを握り、さらにもう一段高い位置に高々と抱え上げてから叩き落すフィニッシュムーブ。日本では、マグニチュード岸和田GAINAスーパー宇宙パワー諏訪魔が主な使い手。
パワーボム・ジャックナイフ
ジャックナイフ式パワーボムパワージャックとも。パワーボム後に相手の足を離さずに前方回転し、ジャックナイフ固めに移行する。小橋建太が若手時代に考案し、使用していた。
ジャックナイフ・パワーボム
ディーゼルことケビン・ナッシュの必殺技。上記のジャックナイフ式パワーボムと間違えやすいが、ジャックナイフ固めに行くのではなく、こちらはジャックナイフの様な破壊力があるという意味で名付けられた。形は通常の投げっ放しのパワーボムであるが、叩きつける時に体を全屈させず、頂点まで持ち上げ、そのまま重力任せに投げ捨てる。長身のナッシュならではの技である。
スリングショット・パワーボム
相手を頭上まで担ぎ上げ、そのままトップロープに相手の背中を打ちつけ、その反動を利用してマットに叩きつけるリバウンド式パワーボム。長身のケンドール・ウインダムは "Powerbomb O'Doom" の名称で使用した。
振り子式パワーボム
振り子式スパイン・バスターとも。スパイン・バスターの派生技だが、効果はパワーボムに近い。立っている相手の股下正面から自らの頭を入れ、、あるいは腹部に自分の肩を当てる形で、その状態のまま相手の両足を持つ。そしてそのまま自らの状態を起こし、再び前方に前屈みになると同時に相手の体を掴んでいる足を支点に勢いよく反転させて背面からマットに叩きつける。カウンターでも使用される。パトリオットパトリオット・ボムとして使用。
ターボドロップII
サイドスープレックスをかける体勢から旋回しながら肩の上まで持ち上げ、その遠心力を利用しながら前方に放り投げる。かけられた相手は水平方向に旋回しながらマットに叩きつけられる。ジム・スティールの得意技。
ターンバックル・パワーボム
パワーボムの要領で持ち上げ、エプロンコーナー(ターンバックル)にそのまま打ち付ける危険な技。小橋建太が開発した技。WWEでも、ジョン・シナが一時期使用していた。
雪崩式パワーボム
コーナー最上段からのパワーボム。術者がコーナーから飛び降りながらパワーボムを掛ける。コーナーからの落差によりダメージが増大する。ワイルド・ペガサスがこの技で獣神サンダー・ライガーを失神させた。他にはザ・グラジエーターが「カミカゼ・アッサムボム」として得意としていた。
スーパーフリーク
相手の胴を抱えて引き寄せ、その勢いを利用して相手の体を縦に回転させ、その遠心力を使いパワーボムの体勢に抱えあげ、回転の流れのままスパイラルボムのように横回転し仕掛ける。長与千種が本格的にカムバックした際、上記の「ランニングスリー」と共に新技として公開した。
ダブルアーム式パワーボム
相手を前かがみにさせた後、ダブルアームの体勢で持ち上げ、さかさまの状態で胴もしくは太腿の位置に持ち替えて相手をパワーボムの要領で叩きつける。工藤めぐみが現役時代くどめドライバー(KUDOMEドライバー)として多用。腕のロックを外さずに脳点から叩きつける形のものはタイガードライバー91として三沢光晴がここ一番でフィニッシュとして使用していた。工藤の場合、相手の技量によって、クラッチ切り替え後の落とし方を工夫(中腰パワーボム式・膝ジャンプ着地式・シットダウン式)していた。
マイバッハ・ボム
マイバッハ谷口の得意技。通常のパワーボムと違い、相手の頭を自分の股に挟んで胴をクラッチして持ち上げるのではなく、横から胴クラッチして持ち上げ(サイド・スープレックスやレスリングのリフトを仕掛けるような体勢)、肩の上あたりに抱え上げてからパワーボムの体制に切り替えて落とす。前半部は後述するドクター・ボム、後半部は前述したサンダー・ライヤー・パワーボムの要領である。

ジャンピング系[編集]

アウトサイダーズ・エッジ(スプラッシュ・マウンテン)の体勢
ジャンピング・パワーボム
パワーボムで頭上まで担ぎ上げたあと、自らジャンプしてから相手をマットに叩き付ける。ジャンプすることで、落差が大きくなることと、勢いがつくという利点がある。
ジャンプ時の体勢により2種類に大別される。
倒れ込み式ジャンピング・パワーボム
相手を叩きつける際にジャンプし、自らの両膝からマットに着地、前のめりになるように前方に倒れ込むようにして相手をマットに落とすパワーボム。
通常「ジャンピング・パワーボム」と呼称されることが多いが、後述のシットダウン式と区別するため、膝着地式(両膝着地式)ジャンピング・パワーボム膝着地式(両膝着地式)パワーボムフォールダウン式ジャンピング・パワーボムフォールダウン・パワーボムなど様々な名称で呼ばれるが、正式名称は定まっていない。
主な使い手としては森嶋猛真壁刀義エル・サムライのほかにテリー・ゴディも数度使用したこともある。さらにマイク・バートンバートン・ディザスターボブ・サップビースト・ボムパトリオットスカイハイ・ジャンピング・パワーボムとして使用。また、矢野通はこの技の改良版である鬼殺しを考案している。
シットダウン式ジャンピング・パワーボム
相手を落とす際にジャンプし、同時に自らの両足を前方に大きく開脚しながら尻餅をつくようにして着地して相手を叩きつける。フォールする際、自らはマットに尻をつけた状態でエビ固めで固める。よくライガーボムと混同されるが、ライガーボムは相手を叩きつける際に相手の両腕を足で固めるのに対し、シットダウン・ジャンピング・パワーボムはは脚で相手の腕を固めない。
デビル雅美もこの形に近いパワーボムを使うが、相手の両太腿を抱え込むようにして持ち上げる独特のやりかたであり、ジャンボ堀が使用していたパワーボムの発展形である。当初はパワーボムという技の名前を知らず、同系の技を総称して『ズン』と呼んでいた。
通常「ジャンピング・パワーボム」と呼称されることが多いが、前述の形態のジャンピング・パワーボムと区別するため「○○式」と頭につけたりするが、この技は正式名称が定まっておらず、開脚式ジャンピング・パワーボムシットダウン・パワーボムシットアウト・パワーボム開脚式パワーボム開脚ボムなど、さまざまな名称が乱立している。またオリジナルの名称を用いるレスラーも多い。バティスタが「バティスタ・ボム」、田上明が「ダイナミック・ボムダイナミック・パワーボム)」、ザ・グラジエーターが「アッサム・ボムオーサム・ボム)」、ジョニー・スミスは「パワー・プレート(後期型)」として使用。テレビゲームファイヤープロレスリング」シリーズでは「ジャンピング・ボム」の名が用いられている。
主な使用者としては、前述のレスラーの他、平田淳嗣KENTAリッキー・マルビンらが用いる。
ライガーボム
獣神サンダー・ライガーが使用する技で、相手を落とす際にジャンプして自分の足を開脚し尻餅する形で着地、その時に同時に空中で開脚した脚を相手の腕に引っ掛ける。リングの対角線上をランニングしてから使うこともあり、この場合は「ランニング・ライガーボム」あるいは「サンダー・ライガーボム」とも呼ばれる。使い手は多く、様々な名前で呼ばれている。
プラム麻里子尾崎魔弓にこの技を受け、日本プロレス史上初の試合中の事故死を招いた。
スパイラルボム
相手を持ち上げたあと横に回転しながらジャンプして尻餅する形で落とす。落とすときは、前述のライガーボムのように自らの足を相手の腕に掛ける場合と、シットダウン・パワーボムのように開脚して落とす時とがある。大谷晋二郎が新日ジュニア時代に好んで使っていた技で、名前が決まる前は旋回式ライガーボムと呼ばれていた。受身が取りにくいと言われている。
タイガードライバー
リバースフルネルソンの形からダブルアーム・スープレックスのように相手を持ち上げ、相手の両腕を放すと同時に相手の体を反転させて相手の胴を両腕で掴む。そしてシットダウン・ジャンピング・パワーボムの形で落とす。三沢光晴が2代目タイガーマスク時代に使っていたためこの名がついた(初代も「タイガードライバー」という技を使っていたが、これは今で言うフロントネックチャンスリーであり、別の技である)。元WWFインターコンチネンタル王者アーメッド・ジョンソンは「パール・リバー・プランジ」の名称で使用していた。
この技のバリエーションに、ダブルアーム・スープレックスの要領で体勢持ち上げた後に腕のロックを離さず、そのまま垂直に落とす「タイガードライバー'91」があるが、受身が非常に取りにくく危険なため、三沢も本当に大一番の試合以外では使わなかった。北斗晶も一時期、ほぼ同じ形の技を使用していたが、対戦相手を負傷させてしまったことから、以降使用していない。
リバース・タイガードライバー
タイガードライバーの要領で抱え上げた後、相手の腕を離さずにジャンプして自らの足を開脚、腕をロックしたまま相手を前面からマットへ叩きつける。大日本プロレス山川竜司デスマッチのフィニッシュ・ホールドとして用い、現在は葛西純が受け継いだ。技の効果から考えれば、厳密にはフェイス・バスターの応用である。
ドクターボム
ガットレンチ・パワーボムともいう。相手の頭を自分の股に挟んで持ち上げるのではなく、横からの胴クラッチ(レスリングでリフトを仕掛けるような体勢)から正面に持ち上げるシットダウン式ジャンピングパワーボム。旋回しながらかけるときもある。「殺人医師(ドクター・デス)」の異名をとったスティーブ・ウィリアムスの得意技であったことからこの名がついた。同じく殺人医師の異名をもつドクトル・ワグナー・ジュニアも使用している。近年はWWEのジャック・スワガーが、旋回しながら前方に倒れ込む形で使用。
スプラッシュマウンテン
胴の前で両手をクラッチしてから高々と抱え、ハイジャック・バックブリーカーのように脇の下に手を差し入れる形で相手と背中合わせになり、ここから急角度のシットダウン・ジャンピング・パワーボムを打つ。ダイナマイト・関西アジャ・コングを倒すために開発した技。2代目ブラック・タイガーエディ・ゲレロ)もこの技を「ブラック・タイガーボムB.T.ボム)」として使用している。
さらに派生技として、この技の原型となった投げっぱなし式の「通天閣スペシャル」や雪崩式の「ダイハード関西」、そして前方に倒れこむように両膝をつく形で前方に投げ捨てるスコット・ホールの「アウトサイダーズ・エッジレイザーズ・エッジ)」およびマイク・バートンの「バート・バッシュ」、つんのめるようにして落とす新崎人生の「高野落とし」がある。近年ではWWEで活躍するシェイマスが「ペイル・ジャスティス」あるいは「セルティック・クロス」という名称で使用。
ピラミッド・ドライバー
相手の両腕を相手の腹部で交差さした状態で繰り出すシットダウン式ジャンピング・パワーボム。堀田祐美子が使用する他、TAKAみちのくみちのくドライバーみちのくドライバーI)として使用。
パワー・プレート
ジョニー・スミスが考案。初期・中期・後期の3つの形がある。最初、サンダーファイヤー・パワーボムの体勢からライガー・ボムの体勢で叩きつける形で使用されていた(初期型)が、後にサンダーファイヤー・パワーボムの体勢からシットダウン式ジャンピング・パワーボムの体勢で叩きつける形に変化し(中期型)、さらに後にはシットダウン式ジャンピング・パワーボムとほぼ同じ形(後期型)となった。
ナイアガラ・ドライバー
井上京子の得意技。パワー・プレートの中期型と同じ。サンダーファイヤー・パワーボムのように担ぎ上げた体勢からシットダウン式ジャンピング・パワーボムの体勢で落とす。金村キンタローも「ヒューマントーチ」の名前で、担ぎ上げた際の体勢等若干の違いはあるものの、ほぼ同じ技を使用している。
ネック・ハンギング・ボム
ネック・ハンギング・ツリーの状態からシットダウン式パワーボムにもっていく。TARUは「T-クラッシュ」、ジャイアント・バーナードは「ボルドー・ボム」の名称で使用していた。
スカイハイ・ドロップ
スカイハイ・ボムとも呼ばれ、ディーロ・ブラウンが使用。主にカウンターで、相手の両脇を掴んでそのまま高く持ち上げ、その状態からシットダウン式パワーボムの要領で叩きつける。
スパイン・ボム
スパイン・バスターの状態からシットダウン式パワーボムに持っていく。カウンターで使用される場合が多い。小島聡が考案。本田多聞タモンズ・パワードも同系統の技。
ミラクルエクスタシー
チョークスラムの要領で相手の喉元をつかんで持ち上げ、そのままシットダウン式パワーボムに持っていく。MEN'Sテイオーのオリジナル技。
ストレッチ・ボム
小橋建太が考案した技。ケンタッキー・ボムともいう。相手の片腕を、相手の股下を通した上でその手首を掴み、その状態のままコブラツイストをかける。そして、そのままの形で頭上へ持ち上げ、パワーボムの体勢に持ち替え、シットダウン式ジャンピングパワーボムの形で落としてフォールする。相手の片手首は掴んだままの時が多い。秋山準のデビュー戦の時、決め技として初披露。
オレンジ・クラッシュ
小橋建太が考案した技。ブレーンバスターの体勢で担ぎ上げ、前方上空へ投げる。同時に素早くパワーボムの体勢で捕まえてシットダウン式ジャンピングパワーボムの形で落としてフォールする。初披露(相手は大森隆男)時、実況していた佐藤啓アナウンサーは、咄嗟に「ブレーンバスター・ボムだ!」と叫んだ。技名は当時の小橋のニックネームをそのまま名前としている。
類似技として、これをベースにハヤブサが開発したファルコン・アローがある。こちらは垂直落下式、旋回式といったバリエーションでも披露された。
サイバーボム
相手の手首を掴んで、走りこんでのパワーボム。受身が取れないため、非常に危険な技。サイバー・コングのオリジナル技。
クロスファイヤー
前屈みになった相手の両腕を交差させ、相手の股の間を通して手首をクラッチした状態から持ち上げて落とすジャンピングボム。CIMAのオリジナル技。
鬼殺し
水車落としの要領で担ぎ上げ、そのままパワーボムの体勢に持ち替え叩きつける、変形のフォールダウン・パワーボム。新日本プロレスに所属している矢野通が得意技としている。
タワーハッカー・ボム
相手を逆アルゼンチン・バックブリーカーのように肩に担ぎ、自分の首を支点に相手の体を水平に回転させながらシットダウン式ジャンピング・パワーボムの体勢で落とす。ライオネス飛鳥がフィニッシュ技として開発した技だが、飛鳥のオリジナル技とは知らなかった豊田真奈美が、一度だけ使った事がある。

合体技[編集]

ツープラトン・パワーボム
合体式パワーボムとも。片方の選手がパワーボムで担ぎ上げると同時に、パートナーの選手が相手の頭部を両手で掴み、そのままパワーボムで叩きつけるときにパートナーがアシストして勢いを増す。
喉輪ボム
チョークボムとも。片方の選手がパワーボムで担ぎ上げると同時に、パートナーの選手が相手の喉を喉輪落とし(チョークスラム)のように片手で掴み、そのままパワーボムで叩きつけると同時にパートナーがアシストして勢いを増す。川田利明田上明組が考案。
スーパー・パワーボム
スリープラトン雪崩式パワーボム。技を掛ける選手がコーナー最上段に座って、残り2選手が相手選手を抱え上げて高角度パワーボムの体勢になるようアシストし、コーナーから飛び降りながらパワーボムを掛ける。コーナーからの落差と、パートナーのアシストによる落下速度の上昇により、大きなダメージを与える。冬木弘道邪道外道組が得意とした。上記雪崩式パワーボムのことを指す場合もある。

返し技[編集]

パワーボムは決まれば大きなダメージを与えることができるが、それだけに防御策も数多く開発されている。また、逆にこれらの技のカウンターとしてパワーボムを行うこともある。

パンチ
持ち上げられた際に頭にパンチ、もしくは顔面をかきむしる。地味なせいか最近では見られない。持ち上げられる寸前に巧妙に凶器を手り、持ち上げられてから凶器で頭部を攻撃することも。
フランケンシュタイナーまたはウラカン・ラナ・インベルティダ
相手が頂点まで持ち上げた隙をついて技を実行し、投げ捨てるかそのままフォールに持ち込む。ジュニアレスラーや膝を痛める前の武藤敬司が使っていた。三沢はウラカン・ラナをパワーボム返し専用の技で使用している(大抵、敢行する相手は川田)。蝶野も2003年の東京ドームの小橋戦で花道でパワーボムを食らいそうになった時にフランケンシュタイナーを使用している。
ヘッドシザーズ・ホイップ
相手が頂点まで持ち上げた時に技を実行し投げ捨てる。三沢が田上に対して、棚橋弘至ジャマールに対して披露したことがある。
着地からの背面攻撃
相手が頂点まで持ち上げた勢いを利用して、クラッチを振りほどきそのまま相手の背後に着地。そのままジャーマン・スープレックススリーパーホールド等の背面技をかける。
毒霧
持ち上げられた際に毒霧を吹き付けて、相手が怯んでいる間に脱出またはフランケンシュタイナーを仕掛ける。グレート・ムタTAJIRIの得意パターン。
リバーススープレックス
相手が持ち上げようとするのをこらえて、逆に背筋を使って体を反り後ろに放り投げる。投げっぱなしにせずにそのままフォールに行くこともある。
回転エビ固め
相手が頂点まで持ち上げたときにその勢いを利用して回転し、エビ固めを仕掛ける。
三角絞め
パワーボムを食らった後に相手の腕を捕らえ、そのまま絞め上げる。ただしまともにダメージは受けてしまうため、それに耐え得るだけの強靭な体力が要求される。また、投げ落とされた瞬間の体勢を維持してしまうため、ピンフォールされてしまうリスクを負う。

関連項目[編集]