ドラゴン・スクリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラゴン・スクリュープロレスの投げ技、痛め技の一種である。元新日本プロレス藤波辰爾が開発したオリジナル・ホールドであり、技の名称は、発案者である藤波のニックネーム「ドラゴン」「飛竜」に由来する。別名は、飛龍竜巻投げ(ひりゅうたつまきなげ)、レッグ・ドラッグ竜巻式足投げ(たつまきしきあしなげ)。

概要[編集]

相手の片足を両腕で取り、足首を脇腹に押し付けるようにクラッチする。その体勢から自ら素早く内側にきりもみ状態で倒れこむことで、相手を回転力で投げ飛ばす技。一見すると単純な崩し技だが、足首を固定し捻ることでヒールホールドを極めるプロセスを含んでおり、無理に堪えれば膝関節を負傷する可能性がある。また、適切に受身を取らなければ頭部や腰などを強打する技でもあるため素人は真似をするべきではない。

元々は藤波がカール・ゴッチから指導を受けていた際に学んだ、レスリングにおける伝統的なテクニックがベースである。藤波本人がインタビュー内で語ったところによれば、ゴッチからは足の膝部分に重心を預けてテイクダウンする実戦的なポイントを教わり、後年回転する動作を独自に加えたという。

ジュニアヘビー級時代から得意としていた技で、蹴り技に対する対抗手段として通常的に使われていたが、あくまでつなぎ技でしかなく、それほど脚光を浴びることは無かった。藤波の場合、相手の足を痛めるというよりは、足を取っての巻き投げに近く、テイクダウンを取るための技であった。

この技を必殺技にまで昇華したのは、武藤敬司である。1995年10月9日東京ドーム・新日本プロレス対UWFインターナショナル全面対抗戦のメインイベント、武藤敬司対高田延彦戦において、高田の蹴りをキャッチした武藤はドラゴンスクリューを繰り出し、高田は抵抗したがために受身に失敗し膝の靭帯を損傷、足4の字固めによる武藤の勝利につながった。これ以降、武藤はこの技の連発から足4の字固めに移行するという連携技を使用し始めた。現在では、多くの日本人レスラーが使用しており、アメリカマットではWWEザ・ロックショーン・マイケルズ等も使用する(アメリカでは『レッグ・レイス』と呼ばれる)。

元々は蹴りに対する返し技だが、自らシングル・レッグ・ダイブを仕掛け、相手の足を取りにいく形も見られる。

返し方[編集]

  • 掌底
    • 相手の片足を両手で掴むため、顔面の防御が手薄となる。
  • 膝蹴り
    • 片足タックルを取りに来た相手に、タイミングを合わせて頭部に膝蹴りを当てる。
  • 延髄斬り
    • 掴まれていない足で実行。反射的に行うことが多い。

派生技[編集]

雪崩式ドラゴン・スクリュー
武藤敬司が開発。コーナーポストに座らせた相手に繰り出す。エプロンから場外に繰り出す形もある(こちらは断崖式〜と呼ばれることもある)。
ロープ越しドラゴン・スクリュー、鉄柵越しドラゴン・スクリュー
武藤敬司が開発。ロープ越しまたは鉄柵越しに、相手の膝を捻る。相手は体を回転できず、受身を取ることができない。
グラウンド式ドラゴン・スクリュー
棚橋弘至が開発。仰向けの相手の足をつかんで捻る。上記のロープ越しなどと同じく受身が取れない。また、四つん這いになった相手の足をとって捻ることもある。
一本背負式ドラゴン・スクリュー
柔道の膝を付いた一本背負いのような形で相手を投げる。藤波が使用。
曼荼羅捻り
両手で相手の足先を掴み、最初に軽く相手の足を捻ってから逆の方向に相手の足を捻る。ドラゴンスクリューとは逆回転。新崎人生のオリジナル技。
タイガー・スクリュー
原型はグレート・ムタが対小川直也戦で披露。ムタの場合は投げ技に近い。その後太陽ケアが考案した腕へのドラゴンスクリュー。棚橋弘至も用いる。
ネック・スクリュー(マジック・スクリュー)
永田裕志が開発したとされるが、2008年頃から武藤も使い始める。ブレーンバスターの要領で相手を持ち上げ、相手をトップロープへ乗せ、その状態のまま相手の首を捻る。永田が使う場合はマジックスクリューと名前が変わる。ネックブリーカーの派生技。

新型ドラゴンス・クリュー[1]

棚橋弘至が2009年6月20日の中西学とのIWGPヘビー級選手権リターンマッチで使用したドラゴンスクリュー。これは相手の足を持った後に、相手に張り手を一発打つと相手が後ろに倒れる。その瞬間を狙い相手の足を捻る。これで相手は受身がとれなくなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 技の名前は不明のため、試合実況に従う。