マーク・コールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・コールマン
120
基本情報
本名 マーク・ダニエル・コールマン
(Mark Daniel Coleman)[1]
通称 ザ・ハンマー (The Hammer)
アルティメット・ハンマー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1964年12月20日(49歳)
出身地 オハイオ州コロンバス
所属 ハンマーハウス
身長 185cm
体重 108kg
リーチ 191cm
階級 ヘビー級
ライトヘビー級
スタイル レスリング
テーマ曲 WILD HAMMER
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 レスリング・フリースタイル
レスリング世界選手権
1991 ヴァルナ 100kg級
パンアメリカン大会
1991 ハバナ 100kg級
レスリングパンアメリカン選手権
1990 コロラド・スプリングス 90kg級
1991 100kg級
1992 100kg級

マーク・コールマンMark Coleman、男性、1964年12月20日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家プロレスラーオハイオ州コロンバス出身。ハンマーハウス主宰。元UFC世界ヘビー級王者。PRIDE GRANDPRIX 2000王者。

ドン・フライマーク・ケアーらと並んで、レスラーの総合格闘技に於ける可能性を開拓した人物と称される。また興奮すると体が赤くなりやすい体質から、「赤鬼」と呼ばれることもある。

来歴[編集]

オハイオ州立大学時代はNCAAディビジョン1で優勝。1991年レスリング世界選手権フリースタイル100kg級2位、1992年バルセロナオリンピックレスリング・フリースタイル7位と、レスリングにおいて卓越した競技実績を残す(後に、オハイオ州にレスリングの実績を認められ殿堂入りを果たす)。

UFC[編集]

レスリングだけでは生活が苦しかったコールマンはUFCに参戦。総合格闘技転向を決意させるきっかけとなったのは、アメリカのケーブルテレビでたまたま放送していたUWFインターナショナル高田延彦の試合を目にしたからと言われる。その番組で高田と戦っていたのはコールマンと同じレスリング出身者のゲーリー・オブライトであった。

ろくに総合格闘技の練習をしないまま、コールマンはレスリングのバックボーンを活かしたタックル、頭突き、パウンドという後にレスラーの基本戦法となる戦い方を確立し、当時UFCを席巻していたブラジリアン柔術家達を、パワーでねじ伏せていった。その勢いでUFC 10UFC 11のトーナメントで優勝(UFC 11のトーナメント決勝は不戦勝)。

1997年2月7日、UFC 12の初代ヘビー級王座決定戦でスーパーファイト王者のダン・スバーンと対戦し、ネックロックで一本勝ちを収め王座を獲得した。

1997年7月17日、UFC 14のヘビー級タイトルマッチでモーリス・スミスと対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した。

PRIDE[編集]

その後PRIDEに参戦し、PRIDE.5で高田延彦と疑惑の一戦(後に八百長であったことを認める発言をした)を繰り広げた後、PRIDE GP 2000にエントリー。持ち味を生かしたタックル→押し込みというファイトスタイルで優勝する。決勝のイゴール・ボブチャンチン戦で勝利した瞬間、興奮してトップロープに登ろうとして足を滑らせ転んだり、そのままリングから駆け下りて花道近くのファンと喜び合った。

2001年3月25日、PRIDE.13アラン・ゴエス戦では四点ポジションからの膝蹴りで勝利したが、失神した後意識を取り戻したゴエスが、試合が終わったと知らずにコールマンの足に掴みかかるというハプニングが起こった。

2001年9月24日、PRIDE.16リングス KOK 2001王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの挑戦を受け対戦するも、ノゲイラの打撃の前に終始圧倒され、最後は腕ひしぎ三角固めで敗北。その後首の負傷で長期戦線離脱を余儀なくされた。

2003年6月8日、復帰戦となったPRIDE.26では、因縁の対決と呼ばれたドン・フライ戦を行う。しかし首が完治していない中での試合で、勝ちはしたものの思ったようなパフォーマンスが出来ず、双方とも消化不良の試合となった。さらに家族との離婚調停が進み、愛娘2人と別れるという辛い現実もコールマンを襲った。

その後、躊躇していた首の手術を決行し成功。2004年4月25日、PRIDE GP 2004に参戦し、PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦でヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと"新旧王者対決"として対戦する。ヒョードルを2度にわたってテイクダウンし、一時はバックからスリーパーを狙うという好機も作るが、最後は下からの腕ひしぎ十字固めで敗北する。

2004年12月31日、PRIDE 男祭り 2004で、弟分的存在であるケビン・ランデルマンミルコ・クロコップリベンジされると、弟の仇討ちと称し2005年2月20日のPRIDE.29で対戦。再三にわたり強烈なタックルを敢行するも全て切られてしまい、最後は強烈なパンチでKO負けを喫した。しかしそのリング上で、「I won't quit(オレはやめねえぞ)」と叫び続けるコールマンには温かい拍手が送られた。

2006年2月26日、PRIDE.31でミドル級グランプリ王者のマウリシオ・ショーグンと対戦。コールマンのタックルでショーグンが右肘を脱臼し、レフェリーストップによるTKO勝ち。10月21日、母国アメリカで開催されたPRIDE.32ではエメリヤーエンコ・ヒョードルと再戦するも、再び腕ひしぎ十字固めで敗北を喫した。

UFC復帰[編集]

2008年3月1日、UFC 82でオクタゴンに登場し、史上5人目のUFCホール・オブ・フェイム(殿堂入り)を受賞。改めて現役続行を宣言するとともに、UFCへの復帰を表明した。

2008年8月9日、UFC 87ブロック・レスナーと対戦予定であったが、膝の負傷により欠場となった[2][3]

2009年1月17日、2年3か月ぶり(UFC参戦は10年ぶり)の復帰戦及びライトヘビー級転向初戦となったUFC 93マウリシオ・ショーグンと再戦し、右アッパーでTKO負けを喫したものの[4]ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。続いて参戦したUFC 100ではステファン・ボナーに判定勝ちし、UFC 12以来約12年半振りとなるUFCでの白星を挙げた[5]

2010年2月6日、UFC 109のメインイベントでランディ・クートゥアと対戦。UFC殿堂入り選手同士の対戦となったが、チョークスリーパーで一本負けを喫した[6]

プロレス[編集]

総合格闘技と並行して、ZERO-ONEハッスルのリングにおいてプロレスの試合も行っている。ハッスルでは酒好きのキャラクターを演じ、「マーク・アルコールマン」というあだ名がつけられた。

人物・エピソード[編集]

  • 40歳を越えた現在でも、格闘家最強を目指し挑戦を続けており、「俺が格闘家を辞めるのは、体がまったく動かなくなった時か、リング上で死んだ時だ」と生涯格闘家宣言を表明している。
  • PRIDEでは同じくハンマーハウス所属で弟子でもあるケビン・ランデルマンフィル・バローニと共に「筋肉三兄弟」というニックネームを付けられていた。コールマンは長男。
  • アルコールに関してはUFCの打ち上げパーティーで酩酊状態となり、空き瓶を手放さなかったというエピソードがある[7]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
26 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 4 8 4 0 0 0
10 3 5 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ランディ・クートゥア 2R 1:09 チョークスリーパー UFC 109: Relentless 2010年2月6日
ステファン・ボナー 5分3R終了 判定3-0 UFC 100 2009年7月11日
× マウリシオ・ショーグン 3R 4:36 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 93: Franklin vs. Henderson 2009年1月17日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 2R 1:15 腕ひしぎ十字固め PRIDE.32 "THE REAL DEAL" 2006年10月21日
マウリシオ・ショーグン 1R 0:49 TKO(肘の脱臼) PRIDE.31 Dreamers 2006年2月26日
ミルコ・ヴーン 1R 0:56 肩固め Bushido Europe: Rotterdam Rumble 2005年10月9日
× ミルコ・クロコップ 1R 3:40 TKO(スタンドパンチ連打) PRIDE.29 SURVIVAL 2005年2月20日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 2:11 腕ひしぎ十字固め PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦
【1回戦】
2004年4月25日
ドン・フライ 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.26 REBORN 2003年6月8日
× アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 1R 6:10 腕ひしぎ三角固め PRIDE.16 2001年9月24日
アラン・ゴエス 1R 1:19 TKO(グラウンドの膝蹴り) PRIDE.13 2001年3月25日
イゴール・ボブチャンチン 延長R 3:09 ギブアップ(グラウンドの膝蹴り) PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦
【決勝】
2000年5月1日
藤田和之 1R 0:02 TKO(タオル投入) PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦
【準決勝】
2000年5月1日
小路晃 15分1R終了 判定3-0 PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦
【2回戦】
2000年5月1日
佐竹雅昭 1R 1:14 ネックロック PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦
【1回戦】
2000年1月30日
ヒカルド・モラエス 10分2R終了 判定4-0 PRIDE.8 1999年10月21日
× 高田延彦 2R 1:44 ヒールホールド PRIDE.5 1999年4月29日
× ペドロ・ヒーゾ 15分1R終了 判定1-2 UFC 18: Road to the Heavyweight Title 1999年1月8日
× ピート・ウィリアムス 1R 12:38 KO(右ハイキック) UFC 17: Redemption 1998年5月15日
× モーリス・スミス 21分1R終了 判定0-3 UFC 14: Showdown
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
1997年7月27日
ダン・スバーン 1R 2:57 ネックロック UFC 12: Judgement Day
【UFC世界ヘビー級王座決定戦】
1997年2月7日
ブライアン・ジョンストン 1R 2:20 ギブアップ(グラウンドの打撃) UFC 11: The Proving Ground
【準決勝】
1996年9月20日
ジュリアン・サンチェズ 1R 0:45 チョークスリーパー UFC 11: The Proving Ground
【1回戦】
1996年9月20日
ドン・フライ 1R 11:34 TKO(頭突き) UFC 10: The Tournament
【決勝】
1996年7月12日
ゲーリー・グッドリッジ 1R 7:00 ギブアップ(疲労) UFC 10: The Tournament
【準決勝】
1996年7月12日
モティ・ホーレンスタイン 1R 2:43 ギブアップ(パウンド) UFC 10: The Tournament
【1回戦】
1996年7月12日

獲得タイトル[編集]

  • UFC 10 優勝(1996年)
  • UFC 11 優勝(1996年)
  • 初代UFC世界ヘビー級王座(1997年)
  • PRIDE GRANDPRIX 2000 優勝(2000年)
  • UFC殿堂入り(2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代UFC世界ヘビー級王者

1997年2月7日 - 1997年7月27日

次王者
モーリス・スミス
前優勝者
N/A
PRIDE GP 2000トーナメント優勝

2000年5月1日

次優勝者
ミルコ・クロコップ