デビル雅美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビル雅美
デビル雅美の画像
プロフィール
リングネーム デビル雅美
本名 吉田 雅美
身長 168cm
体重 91kg
誕生日 1962年1月7日(52歳)
出身地 福岡県北九州市若松区
所属 フリー
デビュー 1978年
引退 2008年
テンプレートを表示

デビル雅美(デビルまさみ、1962年1月7日 - )は、日本の元女子プロレスラー。本名は吉田 雅美(よしだ まさみ)。福岡県北九州市若松区出身。身長168cm、体重91kg。怪奇派レスラー『スーパーヒール・デビル雅美』としての顔も持つ。

リングネームは高橋雅美天神マサミデビル雅美と変遷。“デビル雅美”の命名の由来は、ヒール役だからという当時所属団体であった全日本女子プロレスの判断である。

女子プロレス第1次全盛期から一度も引退することなく活動していた唯一のレスラーで、日本の女子プロレスラーとしては活動歴は最長である。2008年12月30日の後楽園興行にて引退した。

所属[編集]

来歴[編集]

中学校時代は吹奏楽部に所属。家計を助けるために高校を1年で中退、全日本女子プロレス入団後の1978年8月21日静岡県駿府会館興行における小峯広子戦でプロレスデビュー。

全日本女子プロレス所属時は池下ユミ率いる『ブラック軍団』に加わり、池下引退後はそれを改称した『デビル軍団』を率い、ヒールとして女子プロレス界で暴れまわった。また、この時期には歌手としても活動。アルバム『レイン・オブ・ティアーズ』やシングル『燃えつきるまで』『サイレントグッバイ』(渡辺典子主演のTBS系ドラマ「赤い秘密」主題歌)なども発表しており、歴代女子プロレスラー随一の歌唱力ともいわれる。

1987年に25歳定年制のため全日本女子プロレスを退団後(形の上では『国内引退』)、フリーランスとしてジャパン女子プロレスに参戦、神取忍とのシングルマッチが高い評価を得る。

ジャパン女子プロレス崩壊後、1992年JWP女子プロレス所属となった。JWPには2000年まで所属している。

JWP退団後はGAEA JAPANを主戦場とし、GAEA解散以降はOZアカデミーを中心に引き続きフリーランスとして活動。また、孫弟子にあたる里村明衣子が立ち上げたセンダイガールズプロレスリングの新人選手の育成に山本小鉄とともに尽力し、仙女の観客からは「お母さん」の愛称で親しまれている。

引退発表以降は積極的にあらゆる選手との試合をこなし、その中で、プロレスセンスを認めた上でデビュー当時の自身に体型が似ている松本浩代にはライガーボムを、体格にそぐわないパワーを持った輝優優にはファイヤーバレーを、かつてタッグを組んで以降子弟関係にあり、現在のヒールスタイルにデビルの影響を色濃く受けた植松寿絵には現在の女子プロレス界において唯一継承出来る人物としてスーパーヒールのキャラクターをそれぞれ伝承した。

2008年12月30日、長与千種プロデュースの後楽園興行にて引退、31年弱に及ぶレスラー人生に幕を閉じた。

特筆すべき点としては、第一試合ではスーパーヒールとして登場。かつて共にユニットを組んで活動したことのあるダンプ松本KAORUと組み、本興行限定で復帰した愛弟子の長与千種らと激戦を展開。ラストは長与をファイヤーバレーで破り、スーパーヒール初登場以来15年以上にわたる全勝伝説を守り抜いたまま、その存在に幕を下ろした。

最後のマイクパフォーマンスでは、1年に1度は今回の様なあらゆる団体が登場して女子プロレスの現状を披露するオムニバス形式の興行を行うことや、それによって黒字が出れば選手の怪我などを金銭的にフォローすることなどを目的とした女子プロレス基金的なものを設立することを提案し、自身の人生の大半を置いた女子プロレス界の未来を想う言葉を残した。

2014年現在、地元である北九州市小倉に戻り、(社長にスカウトされて)漬物店店長やミュージシャンとして活動している(小倉は糠味噌が江戸時代からの特産品である)。52歳の今でも未婚を貫いている。

得意技[編集]

ファイヤーバレー
ブレーンバスターまたはボディスラムで抱え上げて、相手をうつ伏せに肩にのせ垂直落下に頭から叩きつける。
ローリングセントーン
本当に大事な試合の場合のみ使用。ほとんど命中しないが威力はすさまじいものがある。
ライガーボム
前方に向かって相手を後頭部からマットに叩きつけ、その際受身を取った相手の両腕を足でロックする獣神サンダー・ライガーの持ち技であるが、実はデビルの方が3年ほど早くから使っていた。
胴絞めスリーパー
踵落とし

獲得タイトル[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 燃えつきるまで(1982年12月16日)
    • カップリング:はぐれ町
  2. デビル・命の限り(1983年)
    • カップリング:最終電車
  3. Lonely Eyes(1985年3月25日)
    • カップリング:パープルタイフーン
  4. サイレント・グッバイ 〜たとえ悲劇でも〜(1985年8月1日)
    • カップリング:バラードの夜
  5. J(1986年7月1日)
    • カップリング:J(オリジナル・カラオケ)

アルバム[編集]

  1. Rain of Tears(1985年12月21日)

参加作品[編集]

  1. PURE HEART ENSEMBLE / JWP(1995年11月17日)
    • I am woman
  2. SINGLE MATCH / JWP(1999年8月25日)
    • REBIRTH 流れる星を見ている

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • 燃える!お兄さん - パロディキャラクターの「デブルまさみ」が登場し、すごいデブだとケンイチを驚かせた(実際には固太りで、いわゆるデブ、肥満ではなかった)。反則をする、歌がうまいという本人を意識した描写がそれぞれ一コマずつを使って描かれた。
  • JWP時代仙台や静岡など地方巡業の際、選手専用バスではなく自家用のGX90マークⅡで尾崎やキューティーとともに移動していた。

外部リンク[編集]