山崎五紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山崎 五紀
山崎 五紀の画像
プロフィール
リングネーム 山崎 五紀
本名 山崎 五紀(出生名)
身長 165cm
体重 62kg
誕生日 1966年1月3日(48歳)
出身地 兵庫県飾磨郡家島町
デビュー 1981年
引退 1991年12月22日
テンプレートを表示

山崎 五紀(やまざき いつき、1966年1月3日-)は日本の元女子プロレスラー。身長165cm、体重62kg。

経歴[編集]

兵庫県飾磨郡家島町(現在の兵庫県姫路市)出身[1]。中学を卒業した1981年全日本女子プロレスに入門、同年デビュー。同年引退したマミ熊野は家島の先輩でもある。若手時代にはデビル雅美率いる「ブラック・デビル(デビル軍団)」の構成員として、凶器使用も辞さぬヒールファイトを展開していた。

1984年のデビル軍団の解散後はベビーフェイスに転向し、同期の立野記代とのタッグチームJBエンジェルス(Jumping Bomb Angels)」を組み、クラッシュギャルズブームの二番手的役割を担いつつ、極悪同盟との抗争を展開する。JBエンジェルスはWWF(現WWE)にも参戦し、メーンも務めた。

一時期引退するも、ジャパン女子プロレスに移籍して復帰、WCWへも参戦した。

結婚を期に1991年12月22日をもって引退。現在はアメリカニューヨーク在住。夫婦で日本食レストランを経営している。一方で愛弟子の豊田真奈美を始めとする日本の女子レスラーがアメリカ遠征する際の手助けもしている。

自伝『五紀伝―女子プロレスラーとして生きた私』(敷村良子=取材・構成・文世織書房)を2006年4月に上梓した。

2008年夏に4興行限定で現役復帰、JBエンジェルスも復活させた。

主な獲得タイトル[編集]

  • 第80代WWWA世界タッグ王座(立野記代とのJBエンジェルスとして)
  • WWF世界女子タッグ王座(立野記代とのJBエンジェルスとして)
  • 全日本選手権

その他[編集]

  • 「CHANCE×3」で歌手デビューしたこともある。

脚注[編集]

  1. ^ 姫路での一期一会の出会い……そして再会! ジャガー横田ブログ 2011年9月10日付参照

関連項目[編集]