レジー・ベネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジー・ベネット
プロフィール
リングネーム レジー・ベネット
ビッグ・モー
誕生日 1961年1月24日(53歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンディエゴ
スポーツ歴 ボディビル
デビュー 1986年
引退 2001年
テンプレートを表示

レジー・ベネットReggie Bennett1961年1月24日 - )は、アメリカ合衆国の元女子プロレスラーカリフォルニア州サンディエゴ出身。

来歴[編集]

高校卒業後、ボディビルダーとして様々なタイトルを獲得。映画「グラント」に出演した際、プロレスラーのマンド・ゲレロとの出会いをきっかけにプロレスに転向。1986年ハワイでデビュー。その後、アメリカの女子プロレス団体LPWAと契約。「ビッグ・モー」のリングネームシェリル・ルーサー(リトル・モー)とのタッグ「ロコモーション」として活躍。

日本で知名度が上がったきっかけは1990年代前半に放映されたピップフジモト(現 ピップ)の栄養ドリンク「ダダン」のCMだった。「ダ・ダーン! ボヨヨン、ボヨヨン、ダ・ダーン!」の台詞とともにポール牧の振り付けで胸を揺らして、強烈な印象を残した[1]。この「ダダーン ボヨヨン ボヨヨン」は流行語にもなり、1991年の新語・流行語大賞の大衆部門・銀賞を受賞した[2]

これを機に日本の各団体がオファーを送り、1991年にFMWへ初来日を果たした。 FMWでは工藤めぐみとのシングルマッチや、コンバット豊田とのブルロープデスマッチなどで話題となる。

その後、ジャパン女子プロレスに移籍するが、移籍後すぐにジャパン女子が解散してしまったため、1994年に全日本女子プロレスのリングへあがることになる。

全女ではIWA女子世界王座・オールパシフィック王座に君臨。格闘技戦にも挑戦するが、経営難の影響により解雇。

1997年、ロッシー小川アルシオン旗揚げに参加。しかし、経営方針に疑問を持ち、小川と対立し退団。その後はフリーとして全女やJWP女子プロレスなどに参戦。

2000年、日本人ミュージシャンと結婚(のち離婚)し、2001年3月4日の豊田真奈美戦を最後に引退。

現在はルイジアナ州でホームセンターに勤務。

2006年、日本のテレビ企画「あの人は今!?」で、ハリケーンカトリーナによるルイジアナ州が被害あった中、元気な姿を見せてくれた。パネラーの北斗晶はその映像に「久しぶりだったけど、元気にやってるから良かった」と涙した。

獲得タイトル[編集]

得意技[編集]

  • グローバル・ボム
  • レジー・ラック

出典[編集]

  1. ^ 吉田豪『ドトウの濃縮人生インタビュー集 続・人間コク宝』コアマガジン、2007年、p.158。ポール牧インタビュー
  2. ^ 第8回〔1991(平成3)年〕 自由国民社新語・流行語大賞公式サイト

関連項目[編集]