ミルドレッド・バーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルドレッド・バーク
ミルドレッド・バークの画像
プロフィール
リングネーム ミルドレッド・バーク
本名 ミルドレッド・ブリス
身長 157cm
体重 63kg
誕生日 1915年8月5日
死亡日 1989年2月14日(満73歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カンザス州コフィービル
トレーナー ビリー・ウルフ
デビュー 1935年
引退 1955年
テンプレートを表示

ミルドレッド・バークMildred Burke、本名:ミルドレッド・ブリスMildred Bliss)、1915年8月5日 - 1989年2月14日)は、アメリカ合衆国の女子プロレスラー

女子プロレス界の草分けであり、日本に本格的な女子プロレスを紹介した人物としても知られる。

来歴[編集]

19歳で後に夫となるビリー・ウルフとの出会いをきっかけにプロレスの世界に入る。その頃の北米では女子プロレスラーは非常に珍しかったため一般男性と対戦して連勝を続けていた。

1937年1月28日、テネシー州チャタヌーガでクララ・モーテンソンを降し世界王座を獲得。そのタイトルを管理する機関としてWWWAを設立し、自身を初代WWWA世界シングル王者としている。

1954年アメリカ軍への慰問として蔵前国技館のリングに上がる。バークらが披露したプロレスは、それまでのガーター・マッチに代わり定着する女子プロレスの形式となった。

1956年、引退。

引退後はウルフと離婚し、ロサンゼルスで後進の指導に当たった。

1970年からは教え子を全日本女子プロレスに送り込み、2代目WWWA世界王座を獲得したマリー・バグノンが東京で京愛子と対戦。京がそれを奪取し、以降WWWAは全女の管理下に置かれることになった。

その後も北米における全女の窓口となり、ヒールレスラーとして大暴れするモンスター・リッパーを始め多くの外国人レスラーを育てて日本に送る一方、全女レスラーの遠征の世話も担った。

女子プロレス映画「カリフォルニア・ドールズ」では出演女優へのプロレス指導を行い、全女からミミ萩原ジャンボ堀をアメリカに招いて出演させた。

1989年2月21日、死去。

得意技[編集]

  • アリゲータ・クラッチ
  • クルック・ヘッドシザース

獲得タイトル[編集]

外部リンク[編集]