デイビーボーイ・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイビーボーイ・スミス
デイビーボーイ・スミスの画像
プロフィール
リングネーム デイビーボーイ・スミス
ブリティッシュ・ブルドッグ
ザ・バンピード
本名 デイビッド・ボーイ・スミス
ニックネーム 赤い稲妻
稲妻戦士
ブリティッシュ・ブルドッグ
身長 184cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1962年11月27日
死亡日 2002年5月17日(満39歳没)
出身地 イギリスの旗 イギリスマンチェスター
テンプレートを表示

デイビーボーイ・スミスDavey Boy Smith)のリングネームで知られるデイビッド・スミスDavid Smith1962年11月27日 - 2002年5月17日)は、イギリスマンチェスター出身のプロレスラー。正式な本名はデイビッド・ボーイ・スミス(David Boy Smith)であり、ミドルネームの「Boy」は、母親が出生届を書く際に、性別欄とミドルネーム欄を間違ったことから付いたといわれる。

従兄弟ダイナマイト・キッドタッグチームブリティッシュ・ブルドッグス」を組み、WWFなどで活躍した。ハート・ファミリーの総帥スチュ・ハートの四女と結婚(のちに離婚)しており、ブレット・ハートオーエン・ハートらとは義兄弟の間柄にあった。ジョニー・スミスは親戚とされているが実際に血縁関係はない。

息子のハリー・スミスもプロレスラーであり、WWEではデイビッド・ハート・スミスと名乗って活動、2012年秋の新日本プロレス参戦時からはデイビーボーイ・スミス・ジュニアと改名した。

来歴[編集]

1978年イギリスでプロレスラーとしてデビュー。その後ダイナマイト・キッドの後を追う形でカナダカルガリーへ渡り、スチュ・ハート主宰のスタンピード・レスリングにて活動。1982年7月9日にはキッドを破り英連邦ミッド・ヘビー級王座を獲得した[1]

1983年11月、新日本プロレスに初来日。ザ・バンピードThe Vampiedo)なる覆面レスラーとして、ザ・コブラとのNWA世界ジュニアヘビー級王座決定戦に出場したが、試合直前に自らマスクを脱ぎ捨て正体を明かした。ジュニアヘビー級離れしたパワーファイターで、当時の実際の体重は103kgでジュニアヘビー級のリミットである220ポンド(99.8kg)を超えており、実況で山本小鉄も3〜4kg落とさなければいけないと解説している。実況の古舘伊知郎の紹介の中でも実際のウェイト発表はなく「ジュニアヘビー級リミットぎりぎりのウェイト」と表現されていた。

カナダではヘビー級の選手として活動し、1984年6月18日にバンクーバーにてバッドニュース・アレンを破り北米ヘビー級王座を獲得[2]。同年11月、キッドと共に全日本プロレスへ電撃移籍。ウェイト・アップを図って日本でもヘビー級に転向し、更にパワーに磨きをかけた。全日本マットでは従兄弟という設定のジョニー・スミスともタッグチームを組んでいる。

1985年にWWF入りし、「ブリティッシュ・ブルドッグスThe British Bulldogs)」のチーム名で活躍。1986年4月7日にはレッスルマニア2ロサンゼルス大会に出場し、ドリーム・チーム(グレッグ・バレンタイン&ブルータス・ビーフケーキ)からWWF世界タッグ王座を奪取している[3]1988年末にWWFを離脱し、翌年より全日本プロレスに復帰するが、スミスが突然に他団体との契約をしてしまい、キッドとのチームは空中分解。これはキッドも聞いていなかったという。キッドによれば、その後スミスは「キッドが交通事故に遭い、次期シリーズは出られない」とのデマを全日本プロレスサイドへ流し、あやうくキッドが干されるところだった[4]。以後、スミスが死去するまで、キッドは一度も会わなかったという。

1990年、シングルプレイヤーとしてWWFと再契約。1992年8月29日には地元イギリスのウェンブリー・スタジアムに8万人の観客を集めて開催されたサマースラムにおいて、ブレット・ハートを破りインターコンチネンタル王座を獲得した[5]1993年2月からはWCWに参戦し、ベイダーらと抗争。ロード・スティーブン・リーガルとの英国人同士の抗争も展開した。

1994年よりWWFに復帰し、レックス・ルガーとの米英コンビ「アライド・パワーズThe Allied Powers)」などで活動。1996年からはヒールに転向して義弟のオーエン・ハートとタッグを結成、同年9月22日にスモーキン・ガンズ(ビリー・ガン&バート・ガン)を破り、再びWWF世界タッグ王座を奪取した[3]1997年にはハート・ファウンデーションに加わっている。同年11月9日のモントリオール事件以降WCWに移籍したが、1999年にヒールとしてWWFに復帰。WWFには2000年まで所属し、ザ・ロックらと対戦した。

2002年5月17日にカルガリーの自宅で心臓発作を起こし、39歳で死去。ステロイド剤投与とドラッグの影響だといわれている[6]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWF
スタンピード・レスリング
  • スタンピード北米ヘビー級王座 : 2回
  • スタンピード英連邦ミッドヘビー級王座 : 1回
  • スタンピード・インターナショナルタッグ王座 : 4回(w / ブルース・ハート×2、ダイナマイト・キッド×2)

脚注[編集]

  1. ^ Stampede Wrestling British Commonwealth Mid-Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ Stampede Wrestling North American Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年5月27日閲覧。
  3. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2012年5月27日閲覧。
  4. ^ 『ピュア・ダイナマイト - ダイナマイト・キッド自伝』P297-298(2001年、エンターブレインISBN 4757706391
  5. ^ History of the WWE Intercontinental Championship”. WWE.com. 2012年5月27日閲覧。
  6. ^ Wrestling deaths and steroids”. USA Today. 2004年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]