プロフェッサー・タナカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロフェッサー・タナカ
プロフィール
リングネーム プロフェッサー・タナカ
トール・タナカ
タロー・タナカ
本名 チャールズ・カラニ・ジュニア
(チャーリー・カラニ)
ニックネーム 東洋の悪魔
身長 183cm
体重 124kg(全盛時)
誕生日 1930年1月6日
死亡日 2000年8月22日(満70歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 ハワイ州ホノルル
スポーツ歴 アメリカンフットボール柔術
デビュー 1958年[1]
引退 1986年[1]
テンプレートを表示

プロフェッサー・タナカProfessor Tanaka)のリングネームで知られるチャールズ・カラニ・ジュニアCharles Kalani, Jr.1930年1月6日 - 2000年8月22日)は、アメリカ合衆国プロレスラーハワイ州ホノルル出身。現役引退後は、アクション映画悪役俳優に転じた。

グレート東郷ハロルド坂田キンジ渋谷などのステレオタイプな日系悪役レスラーのスタイルを踏襲し、「東洋の悪魔」としてアメリカマット界で活躍したが、出自は不明な点が多い。トール・タナカToru Tanaka)あるいはタロー・タナカTaro Tanaka)を名乗り、広島県出身の両親を持つ日系人を自称していたが、ギミックの可能性が高く、実際はハワイ生まれのフィリピン系とされている[2]。その他、ミンダナオ島出身説やタイの山岳民族であるとの説もあった[2]

来歴[編集]

「金剛山」を名乗ったハワイの日系レスラーと同一人物という説もあったが真偽は不明[2]。少年期から柔道空手などの格闘技を身につけ[2]柔術ブラックベルトも取得[3]アメリカンフットボールでも活動し、1955年アメリカ陸軍に入隊[3]。除隊後の1958年チャーリー・カラニCharlie Kalani)の名義で地元のハワイにてデビュー[1]1960年代に入りアメリカ合衆国本土サンフランシスコ地区に進出、1964年にはザ・シークベアキャット・ライトマーク・ルーインホセ・ロザリオらと対戦した[4]

その後、プロフェッサー・トール・タナカProf. Toru Tanaka)をリングネームに、1966年オーストラリアジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)に遠征。6月3日にシドニーにて、ドミニク・デヌーチから豪州版のIWA世界ヘビー級王座を奪取[5]。以降、1968年9月2日にもマリオ・ミラノを破り同王座を獲得[5]、11月にはスカル・マーフィーとのコンビでIWA世界タッグ王座にも戴冠している[6]。同年12月、フィリピン遠征の途中に一度来日し、日本プロレスを表敬訪問したが試合は行わなかった[2]

その間、アメリカでは1967年よりWWWFに参戦。ブルーノ・サンマルチノと抗争を繰り広げ、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンをはじめ東部各地でサンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座に挑戦した[7][8]。以降もWWWFを主戦場に、ボボ・ブラジルエドワード・カーペンティアスパイロス・アリオンビクター・リベラなどの人気選手と対戦[9][10]を相手の目にすり込む反則攻撃で観客の憎悪を煽るなど、卑怯者の日系人ヒールとしてブレイクを果たした。1969年には純正の日系アメリカ人であるミツ荒川ライジング・サンズThe Rising Suns)なるタッグチームを結成、6月にWWWFインターナショナル・タッグ王座の初代王者チームに認定されている[11]

1970年下期からはNWAテキサス州ダラス地区で活動、12月18日にフリッツ・フォン・エリックからNWAアメリカン・ヘビー級王座を奪取[12]。戴冠中の1971年1月5日と翌6日にはドリー・ファンク・ジュニアNWA世界ヘビー級王座に連続挑戦している[13]。以降もダラスではエリックやジョニー・バレンタインワフー・マクダニエルミル・マスカラスなどの強豪を相手にアメリカン王座を争った[14][15]

1972年よりWWWFに復帰、フレッド・ブラッシーマネージャーに迎え、ミスター・フジと新コンビを結成。6月27日にフィラデルフィアチーフ・ジェイ・ストロンボー&ソニー・キングを破り、WWWF世界タッグ王座を獲得する[16]。以降は長期政権を築き、10月16日にはブルーノ・サンマルチノ&ペドロ・モラレスの新旧WWWF王者コンビとも対戦[3]。翌1973年5月30日にトニー・ガレア&ヘイスタック・カルホーンに奪取されるも9月11日に奪還、11月14日にガレア&ディーン・ホーに敗れるまで戴冠した[16]。シングルでも、ペドロ・モラレスが保持していたWWWF世界ヘビー級王座に再三挑戦している[17]

1974年1月には全日本プロレスの『新春NWAシリーズ』に来日。初の日本マット登場を果たし、1月29日の郡山大会ではジャイアント馬場PWFヘビー級王座に挑戦している[18]1975年にはミスター・フジと共にジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに参戦、9月19日に行われたトーナメントの決勝で、因縁のトニー・ガレア&ディーン・ホーを下してNWAジョージア・タッグ王座を獲得[19]。シングルでは、8月にアブドーラ・ザ・ブッチャーからNWAジョージア・ヘビー級王座を奪取している[20]1977年2月12日には太平洋岸のロサンゼルス地区にて、チャボ・ゲレロを破りNWAアメリカス・ヘビー級王座を獲得するなど各地で活躍した[21]

その後はミスター・フジとのコンビでWWWFに戻り、1977年9月27日にチーフ・ジェイ・ストロンボー&ビリー・ホワイト・ウルフからWWWF世界タッグ王座を奪取、通算3回目の戴冠を果たし、1978年3月14日にドミニク・デヌーチ&ディノ・ブラボーに敗れるまで戴冠した[16]。翌週3月20日のマディソン・スクエア・ガーデンにおける定期戦ではフジ&ケン・パテラと組み、アンドレ・ザ・ジャイアントダスティ・ローデス、ミル・マスカラスの豪華トリオと6人タッグマッチで対戦している[22]

WWWF離脱後はニュージーランドに遠征し、1978年6月と7月にNWAブリティッシュ・エンパイア・ヘビー級王座を獲得[23]。同年11月には国際プロレスが主催した『日本リーグ争覇戦』に来日。予選リーグでは同ブロックのグレート草津マイティ井上を下しトップの戦績で決勝トーナメントに進出、1回戦でミスター・サクラダ、2回戦でジャンボ鶴田から反則勝ちを収め、ラッシャー木村と優勝戦を争った[24]

1979年テネシー州メンフィスCWAにて、2月にロバート・フラーを破ってAWA南部ヘビー級王座を獲得[25]、同じアジア系ギミックのモンゴリアン・ストンパーとも防衛戦を行った[26]。ミスター・フジとのコンビでも、5月14日にフラー&ビル・ダンディーからAWA南部タッグ王座を奪取したが、翌月にダンディー&ジェリー・ローラーに奪回されている[27]

フジとのタッグチームを解消後、1979年下期から1980年にかけては古巣のダラス地区で活動、ブルーザー・ブロディを相手にラフファイターの称号であるブラスナックル王座を争った[28]。ダラスでは国際プロレスでも共闘したミスター・サクラダ&ミスター・ヒトとのトリオで、ケビンデビッドケリーのフォン・エリック兄弟とも抗争している[29]。並行してジョージア地区にも出場し、キラー・カーンとタッグを結成[30]。1980年1月27日にはアトランタオムニ・コロシアムにてボブ・バックランドWWFヘビー級王座に挑戦している[30]

1981年にセミリタイアして俳優に転じ、アクション系作品悪役として映画やテレビで活躍[3]。その後もWWFの西海岸エリアでの興行に時折出場し、1984年11月には旧敵ミル・マスカラスとの連戦が組まれた[31]

2000年8月22日カリフォルニア州レイクフォレストにて心不全のため死去[3]。70歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWAアメリカン・ヘビー級王座:2回[12]
  • NWAテキサス・ブラスナックル王座:2回[28]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・ヘビー級王座:1回[20]
  • NWAジョージア・タッグ王座:1回(w / ミスター・フジ)[19]
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:1回[21]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • AWA南部ヘビー級王座:2回[25]
  • AWA南部タッグ王座:1回(w / ミスター・フジ)[27]
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / ミスター・フジ)[32]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAニュージーランド
  • NWAブリティッシュ・エンパイア・ヘビー級王座:2回[23]

俳優活動[編集]

1980年頃から俳優として多数の映画に日本人役で出演している[34]

 etc.

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wrestlingdata: Toru Tanaka”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『THE WRESTLER BEST 1000』P174(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c d e Wrestler Profiles: Professor Toru Tanaka”. Online World of Wrestling. 2010年6月5日閲覧。
  4. ^ The PCAC matches fought by Toru Tanaka in 1964”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  5. ^ a b c IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  6. ^ a b IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  7. ^ WWE Yearly Results 1967”. The History of WWE. 2010年6月5日閲覧。
  8. ^ The WWE matches fought by Toru Tanaka in 1967”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  9. ^ The WWE matches fought by Toru Tanaka in 1968”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  10. ^ The WWE matches fought by Toru Tanaka in 1969”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  11. ^ a b WWWF/WWF International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  12. ^ a b NWA American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  13. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1971”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  14. ^ The WCCW matches fought by Toru Tanaka in 1970”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  15. ^ The WCCW matches fought by Toru Tanaka in 1971”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  16. ^ a b c d History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2014年11月22日閲覧。
  17. ^ The WWE matches fought by Toru Tanaka in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  18. ^ The AJPW matches fought by Toru Tanaka in 1974”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  19. ^ a b NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  20. ^ a b NWA Georgia Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  21. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  22. ^ The WWE matches fought by Toru Tanaka in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  23. ^ a b NWA British Empire Heavyweight Title [New Zealand]”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月25日閲覧。
  24. ^ The IWE matches fought by Toru Tanaka in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  25. ^ a b NWA/AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  26. ^ The USWA matches fought by Toru Tanaka in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年11月25日閲覧。
  27. ^ a b NWA/AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  28. ^ a b NWA Texas Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  29. ^ The WCCW matches fought by Toru Tanaka in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  30. ^ a b The GCW matches fought by Toru Tanaka in 1980”. Wrestlingdata.com. 2013年9月28日閲覧。
  31. ^ The WWE matches fought by Toru Tanaka in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年11月22日閲覧。
  32. ^ NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  33. ^ NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。
  34. ^ Professor Toru Tanaka at IMDb”. Internet Movie Database. 2010年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]