プロフェッサー・タナカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロフェッサー・タナカ
プロフィール
リングネーム プロフェッサー・タナカ
トール・タナカ
タロー・タナカ
本名 チャールズ・カラーニ・ジュニア
(チャーリー・カラーニ)
ニックネーム 東洋の悪魔
身長 183cm
体重 124kg(全盛時)
誕生日 1930年1月6日
死亡日 2000年8月22日(満70歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 ハワイ州ホノルル
スポーツ歴 アメリカンフットボール柔術
デビュー 1966年
引退 1981年
テンプレートを表示

プロフェッサー・タナカProfessor Tanaka)のリングネームで知られるチャールズ・カラーニ・ジュニアCharles "Charlie" Kalani, Jr.1930年1月6日 - 2000年8月22日)は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身のプロレスラー。現役引退後は、俳優に転じた。

グレート東郷ハロルド坂田キンジ渋谷など典型的な日系悪役レスラーのスタイルを踏襲し、「東洋の悪魔」としてアメリカマット界で活躍したが、出自は不明な点が多い。トール・タナカToru Tanaka)あるいはタロー・タナカTaro Tnaka)を名乗り日系人を自称していたがギミックの可能性が高く、実際はハワイ生まれのフィリピン系とされている[1]。その他、ミンダナオ島出身説やタイの山岳民族であるとの説もあった[1]

来歴[編集]

1939年にハワイで柔術を始め、黒帯を取得。その他、金剛山の名前でハワイ相撲で活躍したといわれているが詳細は不明[1]

1955年アメリカ陸軍に入隊[2]プロレス入りした年代は諸説あるが、除隊後の1966年プロフェッサー・トール・タナカとしてデビュー[2]。ハワイやオーストラリアで活動した後、アメリカ南部への転戦を経て、1967年ニューヨークWWWF(現・WWE)でブルーノ・サンマルチノと抗争を繰り広げヒールとしてブレイク[3]をサンマルチノの顔面にすり込む反則技を得意にした。1968年12月、フィリピン遠征中に一度来日して日本プロレスに顔を見せたが試合は行わなかった[1]

1969年6月に日系人レスラーのミツ荒川とのコンビ「The Rising Suns」でWWWFインターナショナル・タッグ王座を奪取[2]。その後はフレッド・ブラッシーマネージャーに迎え、ミスター・フジとも日系人タッグチームを結成。1972年6月27日、フィラデルフィアチーフ・ジェイ・ストロンボー&ソニー・キングを破りWWWF世界タッグ王座を獲得するなど活躍した(以降もフジとのコンビで1973年9月11日にトニー・ガレア&ヘイスタック・カルホーン1977年9月27日にストロンボー&ビリー・ホワイト・ウルフから同王座を奪取し、通算3回戴冠)[4]

1974年1月には全日本プロレスの『新春NWAシリーズ』に来日、ジャイアント馬場PWFヘビー級王座に挑戦している。1978年11月には国際プロレスの『日本リーグ争覇戦』に参加してラッシャー木村と決勝を争った。キャリア晩年の1979年から1980年にかけてはジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングで活動し、キラー・カーンともタッグを組んだ[5]。1980年1月27日にはアトランタオムニ・コロシアムにてボブ・バックランドWWFヘビー級王座にも挑戦している[5]

1981年頃に現役を引退して俳優に転じ、アクション映画悪役俳優として成功した。2000年8月22日カリフォルニア州レイクフォレストにて心不全のため死去[2]。70歳没。

獲得タイトル[編集]

シングル[2]
タッグ[2]

 etc.

俳優活動[編集]

1980年頃から俳優として多数の映画に日本人役で出演している[6]

 etc.

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『THE WRESTLER BEST 1000』P174(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f Wrestler Profiles: Professor Toru Tanaka”. Online World of Wrestling. 2010年6月5日閲覧。
  3. ^ WWE Yearly Results 1967”. The History of WWE. 2010年6月5日閲覧。
  4. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年6月5日閲覧。
  5. ^ a b The GCW matches fought by Toru Tanaka in 1980”. Wrestlingdata.com. 2013年9月28日閲覧。
  6. ^ Professor Toru Tanaka at IMDb”. Internet Movie Database. 2010年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]