ジム・ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・ロス
ジム・ロスの画像
プロフィール
リングネーム ジム・ロス
本名 ジェームズ・ウィリアム・ロス
ニックネーム Good Ol' J.R.
誕生日 1953年1月3日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オクラホマ州タルサ
所属 WWE
経営戦略部門副社長
テンプレートを表示

ジム・ロスJim Ross1953年1月3日 - )はアメリカ合衆国プロレス実況アナウンサー。プロレス団体WWEの経営戦略部門の副社長を務め、WWEの看板番組の実況を担当。またストーリーに応じて極まれに試合に出場することもある。

現代アメリカのプロレス界を代表する実況アナウンサーで、テンガロンハット眼鏡がトレードマークである。オクラホマ州タルサ出身。通称 "JR"。

来歴[編集]

少年時代からプロレス好きで、当時は同じオクラホマ出身の英雄ダニー・ホッジのファンだったという。学生時代はオクラホマ州立大学アナウンス部に在籍していた。

1980年代初頭に地元オクラホマをサーキットエリアとするビル・ワットのMSWAにてリングアナウンサー、インタビュアーを始めたのがプロレス業界での仕事のスタートである。1985年頃にはMSWAの看板アナウンサーになり、同団体が全米進出を開始してUWFと改称してからは参入マーケットの拡大にも手腕を発揮した[1]

UWFがNWAジム・クロケット・プロモーションズ)に買収され、さらにNWAがWCWへと体制が変更されても引き続き活躍していたが、1993年にWCW上層部との対立を起こしていたところ、ビンス・マクマホンによってWWFにスカウトされ、移籍。

レッスルマニア9にてWWF登場を果たし、当時は実況を務めていたビンスなどとコンビを組む。以降、セミリタイアして実況席に着いたジェリー "ザ・キング" ローラーとのコンビでWWFのテレビ番組の実況担当としての地位を築いた。WWFではレスラーを統括する部門の副社長にも就任。レスラーからの信頼は高く、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンは親友であると公言している。

アナウンサーでありながらレスラーや関係者との抗争も数多く繰り広げており、エリック・ビショフがWWEに登場した2002年以降は、それに関連した抗争で何度か試合を行っている。試合に出場する際は、実況席の相棒ジェリー・ローラーとタッグを組むことが多かった。

2005年2月4日のRAWテレビショー「ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOURさいたまスーパーアリーナ大会に、アナウンサーとして初来日。実況を務めた。

2005年に入り、腸の手術による番組の長期離脱の必要性が発生した。同年10月のPPVであるWWE・ホームカミングにて、オースチンがマクマホン一家にスタナーを繰り出すのを止めなかったことを理由にストーリー上解雇される(実際にはWWE副社長に留まり続けている)。それに端を発し、オースチンがジム・ロス復帰を賭けてジョナサン・コーチマンとPPVタブー・チューズデイにて試合をする予定であったが、オースチンがPPV直前にWWEを離脱し、ストーリーは中断することとなった。

手術後の2006年3月18日、サタデー・ナイト・メイン・イベントにて実況アナウンサーとしての復帰を果たした。当初はPPVなどを中心としたパートタイムでの活動だったが、同年4月よりフルタイムで復帰。2007年にはWWE殿堂に迎えられた(プレゼンターはスティーブ・オースチン)。

2008年6月のドラフトでスマックダウンへ移籍するが、2009年10月からは体調を崩し実況から退いた。2010年5月にWWEとのタレント契約が満了。契約更新後はWWEのスカウト部門で活動する一方、度々テレビショーに登場し、ヒールターンしたマイケル・コールとの舌戦やパフォーマンス対決などを行った。

2012年6月、番組構成が変更されたNXTに実況担当として登場。放送席への久々の復帰が実現した。さらにジェリー・ローラーが心肺停止で倒れてから、一時的にRAWにも出演。 マイケル・コールとも自然に仲直りしている。

入場曲[編集]

逸話[編集]

  • 料理が得意で、ロスが開発したバーベキューソースも販売されている。また料理本も2冊出版している。本の表紙にはWWEのスーパースターが登場しており、1冊目にはザ・ロックストーン・コールド・スティーブ・オースチン、2冊目にはディーヴァステイシー・キーブラートリッシュ・ストラタスらがジム・ロスと共に登場している。
  • 長年プロレス界に携わっていることもあり、大変な博識でタイトル戦や試合形式の歴史・名場面、過去の名レスラー、さらには技についても詳しく紹介する。アメリカの他団体について話題にすることはないが、日本で活躍していたこともあるレスラーについては実際に日本の団体名を挙げて紹介することがある。また、他のスポーツや政治経済についても幅広い知識を展開している。
  • 自身のブログでは料理、スーパースターの素顔など幅広く書いているが、ストーリーラインやスーパースターの解雇理由を匂わすなど、際どい内容を書くこともある。また、三沢光晴の死亡事故(2009年6月13日NOAH広島グリーンアリーナ)に対しても触れ、DVDでしか見たことがないと前置きした上でプロレスセンスの高さと「レスリング技術を高めたいなら彼を手本とすべきである」と称えた。

脚注[編集]

  1. ^ ショーン・アセール、マイク・ムーニハム共著『WWEの独裁者-ビンス・マクマホンとアメリカン・プロレスの真実』P96(2004年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583037880

外部リンク[編集]