ルター・レンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルター・レンジ
(ルーサー・リンゼイ)
プロフィール
リングネーム ルター・レンジ[1]
(ルーサー・リンゼイ)
本名 ルーサー・ジェイコブ・グッドール(Luther Jacob Goodall)[1]
ニックネーム 黒い恐怖[2]
黒い弾丸[3]
黒い小型爆弾[3]
身長 173cm[1]
体重 104kg[1]
誕生日 1924年12月30日[1]
死亡日 1972年2月21日(満47歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 バージニア州ノーフォーク[1][2]
スポーツ歴 アメリカンフットボール
デビュー 24歳[2]
テンプレートを表示

ルター・レンジLuther Lindsay、本名:Luther Jacob Goodall1924年12月30日 - 1972年2月21日)は、アメリカ合衆国プロレスラーバージニア州ノーフォーク出身のアフリカ系アメリカ人

より原音に近い表記はルーサー・リンゼイだが、本項では日本のプロレス史における慣例的な表記に準ずる。ルーター・レンジ、ルッター・レンジ、ルター・リンゼイ、ルッター・リンゼイ、ルーター・リンゼイなどの表記がなされていたこともある。

来歴[編集]

学生時代からアメリカンフットボール、野球、水泳、陸上競技など各種のスポーツで活動。高校卒業後、カナダオンタリオ州ハミルトンに拠点を置くCFLハミルトン・タイガーキャッツに入団したが膝を負傷して引退。24歳でプロレスデビュー[2]

1950年代テキサスニューヨークシカゴなど各地の主要テリトリーを転戦し、ベビーフェースのポジションで活躍。主戦場としていた太平洋岸北西部では、1954年4月1日にワシントン州シアトルにてルー・テーズNWA世界ヘビー級王座に挑戦[4]1955年12月2日にはカナダのアルバータ州カルガリージョージ・ゴーディエンコと対戦し、それぞれ時間切れ引き分けの戦績を残した[5]

1961年12月、タッグパートナーのリッキー・ワルドーの従兄弟という触れ込みで日本プロレスに来日[3][6]。12月15日に東京のリキ・スポーツパレスで行われた吉村道明との来日第1戦で、得意技の豪快なバックドロップで吉村を失神KOさせ、戦慄の日本デビューを飾る[2]。そのままワルドーとともに日本に滞在し、翌1962年2月3日、ワルドーと組んで力道山&豊登からアジアタッグ王座を奪取[7][8]。この試合の判定を不服とした観衆が暴動を起こすという騒ぎもあり、同月15日のリターンマッチで前王者組にタイトルを奪還されるも、ワルドーとの黒人コンビは強いインパクトを残した[3]

1960年代オレゴン州ポートランドのパシフィック・ノースウエスト・レスリングやカナダ・バンクーバーのNWAオールスター・レスリングなど太平洋岸北西部を拠点に、ミッドアトランティック地区ハワイでも活動。ハワイでは1964年9月29日、カーティス・イヤウケアを破りNWAハワイ・ヘビー級王座を獲得[9]1966年にはトシ東郷ディック・ザ・ブルーザーと対戦し引き分けている[10]。古巣カルガリーのスタンピード・レスリングでは、1967年スタン・ステイジャックからNWAカナディアン・ヘビー級王座を奪取した[11]

1969年7月、国際プロレスに来日。8月12日にティト・コパと組んでラッシャー木村&グレート草津が保持していたヨーロッパ・タッグ王座に、8月20日にはオックス・ベーカーと組んで豊登&ストロング小林IWA世界タッグ王座に挑戦したが、いずれも奪取に至らなかった[12][13]。この再来日時には右の肩から胸にかけて、1967年のインド遠征中に観客にナイフで切りつけられたという深い傷跡があった[3]

1970年代初頭はジム・クロケット・プロモーションズを主戦場に活動していたが、1972年2月21日ノースカロライナ州シャーロットでの試合中の心臓発作(リング禍)で死去[14]。47歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

日本プロレス
メープル・リーフ・レスリング
  • NWAカナディアン・オープン・タッグ王座:1回(w / ジャック・クレイボーン)[15]
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回[9]
  • NWAハワイ・タッグ王座:2回(w / ボビー・ブランズ、ベアキャット・ライト[16]
  • NWA US・ヘビー級王座(ハワイ版):1回[17]
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:1回[18]
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:10回(w / ジョージ・デュセット、ビング・キ・リー、ハーブ・フリーマン、シャグ・トーマス×5、ペッパー・マーティン×2)[19]
スタンピード・レスリング
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座(カルガリー版):1回[11]
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(カルガリー版):1回(w / オッテム・フィッシャー)[20]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P110(1988年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c d e 『世界名レスラー100人伝説!!』P50(2003年、日本スポーツ出版社、監修:竹内宏介
  4. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1954”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  5. ^ Stampede Wrestling 1955/12/02”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。
  6. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。
  7. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。
  8. ^ a b All Asia Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  9. ^ a b NWA Hawaii Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  10. ^ Matches of Luther Lindsay”. Cagematch.net. 2013年8月6日閲覧。
  11. ^ a b NWA Canadian Heavyweight Title [Calgary]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  12. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。
  13. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月6日閲覧。
  14. ^ Wrestler Profiles: Luther Lindsay”. Online World of Wrestling. 2013年8月6日閲覧。
  15. ^ Canadian Open Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  16. ^ NWA Hawaii Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  17. ^ NWA United States Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  18. ^ NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  19. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。
  20. ^ Stampede Wrestling International Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]