オレイ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレイ・アンダーソン
オレイ・アンダーソンの画像
右がオレイ、左はJ・J・ディロン(2011年)
プロフィール
リングネーム オレイ・アンダーソン
ロック・ロゴウスキー
アラン "ザ・ロック" ロゴウスキー
本名 アラン・ロバート・ロゴウスキー
身長 183cm - 185cm
体重 116kg - 120kg
誕生日 1942年9月22日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州ミネアポリス
スポーツ歴 レスリング
トレーナー バーン・ガニア
デビュー 1967年
引退 1993年
テンプレートを表示

オレイ・アンダーソンOle Anderson)のリングネームで知られるアラン・ロゴウスキーAlan Robert Rogowski1942年9月22日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーブッカーミネソタ州ミネアポリス出身のポーランド系アメリカ人。

来歴[編集]

ミネソタ州立大学でレスリングの選手として活躍後、1967年8月に地元ミネアポリスのAWAにて、ロック・ロゴウスキーRock Rogowski)のリングネームでデビュー。レスリングの下地を持つ若手ヒールとして頭角を現し、AWAの新人賞を獲得した[1]1960年代末よりNWA圏のミッドアトランティック地区に転出し、オレイ・アンダーソンと改名。ジン・アンダーソン&ラーズ・アンダーソンミネソタ・レッキング・クルーThe Minnesota Wrecking Crew)に加入する。

以降、ラーズ脱退後のジンのパートナーとなり、1970年代全般にかけてミッドアトランティックやジョージア州GCW(ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング)など、NWAの南部テリトリーを席巻。ミッドアトランティックではリック・フレアー&グレッグ・バレンタインダスティ・ローデス&ディック・スレーターなどの強豪チームを破り、NWA世界タッグ王座を再三獲得した[2]。GCWではラーズともコンビを組み、1978年3月にミスター・レスリング2号&トニー・アトラス1980年6月にイワン・コロフ&アレックス・スミルノフを下しジョージア・タッグ王座を奪取している[3]

ジンとのコンビ解消後はGCWを本拠地とし、ワフー・マクダニエルジャック・ブリスコトミー・リッチマスクド・スーパースタースタン・ハンセンらと激闘を展開。ハンセンとはタッグも組んでおり、1982年2月28日にアトランタで行われたミッドアトランティック版NWA世界タッグ王座の争奪トーナメントでは、ハンセンとのチームで優勝を飾っている(このトーナメントには日本からジャンボ鶴田天龍源一郎鶴龍コンビも出場しており、両チームは準決勝で対戦した)[4]

GCWではプロモーターのジム・バーネットの懐刀となりブッカーも兼任していたが、1984年4月9日、GCWがビンス・マクマホンWWFに買収されたために失脚(ブラック・サタデー」の項も参照)。以降は新組織のCWG(チャンピオンシップ・レスリング・フロム・ジョージア)に参画し、1985年4月にミッドアトランティックのジム・クロケット・プロモーションズがCWGを吸収合併すると同団体に移籍。CWGでのパートナーだったミネソタ・レッキング・クルーの「四男」アーン・アンダーソンとのタッグチームで活動し、1986年からはアーン、リック・フレアータリー・ブランチャードらとフォー・ホースメンThe Four Horsemen)を結成した。1987年からレックス・ルガーと入れ替わる形で脱退し、ベビーに転向した。

クロケット・プロがテッド・ターナーに買収されてWCWに移行してからはセミリタイアし、ジョージア時代と同様にブッキング業務を担当。1990年よりヘッド・ブッカーに就任し、1994年5月にはPPV "Slamboree 1994" にてWCW殿堂に迎えられた。しかし、息子のブライアン・ロゴウスキー(ブライアント・アンダーソン)を売り込むためにジム・コルネットのスモーキー・マウンテン・レスリングと接触したことが原因で、同年にエリック・ビショフによってWCWを解雇された[5]。その後はプロレスリング・ビジネスとの関わりを絶っていたが、WCW崩壊後の2003年に自伝 "Inside Out" を編集者との共著で発表している[5]

ブッカー兼務で多忙だったこともあり、来日回数は通算3回と少なく、初来日は1970年1月の日本プロレス、再来日は1973年10月の国際プロレスで、それぞれジン・アンダーソンとのコンビで参戦した(日プロではアントニオ猪木&吉村道明アジアタッグ王座に、国プロではラッシャー木村&グレート草津IWA世界タッグ王座に挑戦している)。3度目は1986年3月、旧友スタン・ハンセンの仲介で全日本プロレスに来日し、久々の日本マット登場を果たした。このときはレスラーとしてよりも、当時のアメリカにおけるNWAとWWFのレスリング・ウォーの内情を知る人物として関係者の注目を集めた。

エピソード[編集]

  • 毒舌家として知られ、ブッカー時代はブラックジャック・マリガンをはじめ選手との衝突も少なくなかった。しかし、スタン・ハンセンは彼の口の悪さをジョークとして受け流し、時には悪口で切り返すことで親友になったと自著で述懐している。ハンセンはオレイのことを、アメリカン・プロレス全盛時におけるベスト・ブッカーだったと高く評価している。[6]
  • GCWがWWFに買収された翌日、TBSのスタジオに入ろうとしたビンス・マクマホンとゴリラ・モンスーンに対し「ここから消え失せろ」などと毒づいた。その際、ビンスは和解案として協働を持ちかけたものの、オレイは嫌悪感を露わにしながらそれを拒絶したという。オレイはGCWの株式を10%保有していたが、主要株主のブリスコ兄弟(ジャック&ジェリー)と不仲だったこともあり、WWFとGCWの株取引はオレイ不在の状態で進められていた。[7]

獲得タイトル[編集]

アメリカン・レスリング・アソシエーション
  • AWAミッドウエスト・ヘビー級王座:1回
  • AWAミッドウエスト・タッグ王座:2回(w / オックス・ベーカー、ザ・クロウ)
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWAアトランティック・コースト・タッグ王座:4回(w / ジン・アンダーソン)
  • NWAイースタン・ステーツ・ヘビー級王座:1回
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:3回(w / ジン・アンダーソン)
  • NWAナショナル・タッグ王座:1回(w / アーン・アンダーソン
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアトランティック版):8回(w / ジン・アンダーソン×7、スタン・ハンセン
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座(北部版):1回
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P63(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年10月22日閲覧。
  3. ^ NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月14日閲覧。
  4. ^ 『デラックス・プロレス 1982年5月号』P34-P36(1982年、ベースボール・マガジン社
  5. ^ a b Ole lets loose in new book”. SLAM! Sports (December 22, 2003). 2011年12月22日閲覧。
  6. ^ スタン・ハンセン著『魂のラリアット』P168-P172(2000年、双葉社ISBN 4575291080
  7. ^ ショーン・アセール、マイク・ムーニハム著『WWEの独裁者-ビンス・マクマホンとアメリカン・プロレスの真実 』P67(2004年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583037880

外部リンク[編集]