丸山敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丸山 敦
プロフィール
リングネーム 丸山 敦
TEPPEI
無宿の「赤虎」
イーグルスマスク
虎炎
タイガースマスク
ドクター・キリコ
ジ・シューター
銀行強盗マン
ミスター柔道
ニックネーム 野獣
大阪の猛虎
身長 174cm
体重 79kg
誕生日 1976年6月1日(38歳)
出身地 大阪府高槻市
所属 フリーランス
スポーツ歴 レスリング
トレーナー HUB
デビュー 2001年5月19日
テンプレートを表示

丸山 敦(まるやま あつし、1976年6月1日 - [1])は、日本のプロレスラーである。大阪府高槻市出身。妻は元女子プロレスラーの白鳥智香子

大阪プロレスでのデビューから2014年4月まで、タイガーマスク阪神タイガースをドッキングさせたギミックが特徴の覆面レスラー「タイガースマスク」として活動していた。

2014年4月22日より東京へ活動拠点を移し、現在のリングネームに変更、数あるマスクマンレスラーとなる。

経歴[編集]

2000年9月に大阪プロレスに入門。

2001年5月19日なんばマザーホール大会、スペル・デメキン戦でデビュー。ここから連敗を重ね、実に121連敗することになる。

2002年5月26日、タイガースマスク&高井憲吾 vs シュウ&ビリーケン・キッド戦でシュウを横入り式エビ固めでフォールを奪い初勝利。

2003年阪神タイガースが好調。引きずられるように自身も良いファイトを繰り返す。阪神タイガースの特集番組等に関連し関西ローカルながらテレビやイベントに多々出演する。12月ビリーケン・キッドとタッグを組み、大阪タッグチャンピオンのベルトに挑戦。王者である獣神サンダー・ライガー村浜武洋組をタイガース・スープレックス・ホールドで倒した。しばらく後についたタッグチーム名は「ザ☆虎ビリー」。

2004年5月、肋骨を骨折し欠場、6月には復帰するものの調子は上がらず不振が続いた。12月には5度目の防衛に失敗しタッグ王者から陥落、自身の不振を理由にタイガースが「ザ☆虎ビリー」の解散を申し出る。

2007年2月、大阪ハリケーンにてビリーケン・キッドを破り、大阪プロレス選手権のベルトを獲得。

2007年9月、みちのくプロレス「第4回ふく面ワールドリーグ戦」に参戦。準決勝でタイガーマスク (4代目)との直接対決が実現した。(結果はタイガーマスクの勝利)

2007年12月、天王山2007で優勝、大阪プロレス王座のベルトを防衛した。

2008年10月、コスチュームを黒を基調としたものに一新しヒール転向。

2009年3月、サソリを下して、IMGP(International Muscle Grand Prix)世界ヘビー級第6代王者に。

2009年12月、新日本プロレス主催の第5回スーパーJカップに出場、2回戦で丸藤正道プロレスリング・ノア所属)に敗北(なお、丸藤は本大会で優勝)。

2010年1月17日、DRAGON GATE大阪府立大会へブラックバファローと共に乱入。4月18日、スペル・シーサーを破りオープン・ザ・ブレイブゲート王座を奪取。

2014年、大阪プロレスを退団し東京で活動することを発表。退団後の初試合にて自らの手でマスクを脱ぎ捨て素顔に戻る。

素顔では主に大日本プロレスに参戦中。KAIENTAI DOJO柏大五郎が所属するBozz連合に加入し大阪退団後はリングネーム「TEPPEI」として活動。プロレスリングHEAT UPではヒールユニット「無宿」に加入し大阪退団後はリングネーム無宿の「赤虎」として活動。みちのくプロレスでは阪神タイガースを感じさせるイーグルスマスクとして登場。

退団後の4月22日より「先駆舎」に所属することをなったが、同年9月末をもって契約終了し退社することを公表し、その後頚椎症性神経根症および頚椎捻挫のため当分の間欠場することも公表した。なお10月28日にアイスリボン道場で『欠場プロレス』を開催することが予定されている。参戦選手には10月以前に欠場をしている高井憲吾松本浩代も参戦する。

イーグルスマスク[編集]

イーグルスマスク

6月8日みちのくプロレス初登場の阪神タイガースを感じさせる東北楽天ゴールデンイーグルス非公認の関西弁でしゃべるレスラー。ヤッペーマン1号には「1つだけ聞かせてくれ。阪神と楽天どっちが好きなんだ?」と聞かれて「そりゃ楽天やろ」と関西弁で言った。そのあともう1度、1号に質問され「プロレスと野球どっちが好きなんだよ?」と聞かれ「そら野球やろ」と答えた。

入場時はバットを携えリングの中でバッティングフォームを見せる。

7月21日本拠地のある仙台大会に初参戦。

TEPPEI[編集]

2014年5月3日より東京に活動拠点を移しマスクを脱いだタイガースマスクがKAIENTAI DOJOのみで使用するリングネームの選手。5月以前はタイガースマスクとしてBozz連合に加入していた。

名前の通りK-DOJOに所属していた石坂鉄平を彷彿させるようなマスクをつけている。

出身地も現在石坂の経営する居酒屋のある高松市出身と言うこと・生年月日も1977年4月3日・身長体重も172cm85kg・血液型がA型とすべてが石坂と同じである。またツイッターでも石坂鉄平と会話をしている。

得意技[編集]

タイガースマスク
TAJIRI公認のバズソーキック
プロレスリング HEAT UPではこの表記となっている。大阪プロレス時代の名前は満月の夜。WNC初参戦時にバズソーキックの本家であるTAJIRIから公認された。
TEPPEIのリングネームで使用している技。
てっぺいスペシャル1号
TEPPEIのリングネームで使用している技。
デルフィンスペシャル2号
2014年より使用してるフィニッシュムーブ

タイガーマスク系の投げ技と、野球をモチーフにしたムーブが多かったが、近年はそれに捕らわれないオリジナル技も多く開発している。

ドロップキック
使い手は数多いが丸山のドロップキックは高く飛び滞空時間は長く、空中でのバネの利いた美しい姿勢や、後方への回転等どれをとっても一級品で屈指の使い手と言える。
160km/hチョップ
丸山の野球ムーブその1。コーナーの相手に対しオーバースローで放つ袈裟切りチョップ3連発。右上から左下へと2発放ち、3発目はワインドアップから大きく振りかぶって打ち込む。
ランニングホームラン
野球ムーブその2。リングをグラウンドに見立てリングを1周して放つ低空ドロップキック。見事決めた後は「セーフ!」の動作と声が入る。160km/hチョップから連続で行うことが多い。まれに返されたり避けられたりすることがありその場合は「アウト!」である。
タイガース・スープレックス
タイガー・スープレックスと同じ技。クラッチは佐山聡タイプ。
変形タイガース・スープレックス
片腕をロックしたタイガース・スープレックス。。
六甲おろし
コーナーポストから飛びついてのダイヤモンド・カッター。コーナーポストの上に登り「空中殺法!」のかけ声を入れてから飛ぶ。ランニングホームランの後に続けて出すことが多いが滅多に成功しない。
0725
レイ・ミステリオが使う619と同型。決まった瞬間「カキーン」との声援が入るところが特徴。0725とはデルフィンの出身地・和泉市周辺区域の市外局番。タイガース自身の出身地である高槻市周辺区域の市外局番は0726(現在は072)であるが、なぜそうならなかったかは不明。元の619はミステリオの出身地サンディエゴの市外局番である。
桧山スペシャル
羽根折り脇固め。入り方によって3種類ある。
ザトペックホールド
相手の片腕を背後にハンマーロックに固めてからの胴締めフロントネックロック。ザトペックは、元阪神タイガースの村山実の投法がザトペック投法とよばれたことから。
デルフィンスペシャル1号
ジャーマン・スープレックスの後さらに後転してジャパニーズレッグロールクラッチのような体勢でフォールする技。ここ一番という時にだけ出す必殺技。

以下の技はヒール転向後から使用。ほとんどの技名称が聖飢魔IIの楽曲に由来する。

悪魔組曲ニ短調
レガースにトンファーを忍ばせてのバズソーキック
その他の技
  • 地獄の皇太子は二度死ぬ
  • 害獣達の墓場
  • 怪奇植物
  • 卍固め
  • グランド卍固め

獲得タイトル[編集]

入場曲[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]