小橋建太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小橋 建太
小橋 建太の画像
プロフィール
リングネーム 小橋 建太
小橋 健太
本名 小橋 健太
ニックネーム 剛腕
ミスタープロレス
絶対王者
伝説の男
鉄人
オレンジ・クラッシュ
バーニング
青春の握りこぶし
焼いて魂
紳士レスラー
身長 186cm[1]
体重 115~120kg
誕生日 1967年3月27日(47歳)
出身地 京都府福知山市
所属 プロレスリング・ノア(~2012年)
FortuneKK(2013年~)
スポーツ歴 柔道
ラグビー
トレーナー ジャイアント馬場
ハル薗田
デビュー 1988年2月26日
引退 2013年5月11日
テンプレートを表示

小橋 建太(こばし けんた、男性、1967年3月27日 - )は、日本の元プロレスラー。本名は小橋 健太(読み同じ)。京都府福知山市出身。血液型B型。

2012年までプロレスリング・ノアに所属。2013年に個人事務所「FortuneKK」を設立し、代表取締役社長となる。

人物[編集]

1990年代後半から2000年代を代表するプロレスラーの1人。その試合センスから、東京スポーツ主催のプロレス大賞日刊スポーツの読者が選ぶMVPなど、多くの受賞経験を持つ。

リングネーム全日本プロレス所属まで本名の「小橋健太」だったが、2000年にノアが創設されたのを機に新しい自分を建てるという意味を込めて「小橋建太」に改名。

2006年7月18日の高山善廣復帰戦に際し、小橋と高山がタッグを組むことで話題を集めたが、2006年6月29日、精密検査で腎臓癌が見つかり、手術・治療のため長期欠場。7月に腹腔鏡下手術を行い、無事成功。189日後の12月10日の日本武道館大会に姿を見せ近況を報告。2007年10月27日の日本武道館大会に姿を見せて、復帰戦の対戦カードを自ら発表。そして12月2日の日本武道館大会で、546日ぶりとなるリングに復帰した。2008年の上半期は会場限定で出場を行い、2月26日にデビュー20周年記念試合が行われた。その後、海外遠征やイベント、単発興行にも出場。8月シリーズより全戦出場を果たしたが、9月9日に右腕遅発性尺骨神経麻痺、両肘関節遊離体により再び欠場、手術を行った。欠場中も、サイン会、撮影会、トークショーには参加していた。2009年3月1日の日本武道館大会で176日ぶりに復帰し、復帰戦では勝利を収めた。2010年1月5日に肘部管症候群によりシリーズ欠場を発表した。

2010年6月21日、同年秋に演歌歌手みずき舞と結婚を発表。

2011年6月13日、三沢光晴メモリアルナイトが行われた大阪府立体育会館第二競技場大会の前半戦終了後リングに姿を現し、翌月7月23日に大阪府立体育会館で行われる「GREAT VOYAGE 2011 in OSAKA」大会での復帰を発表した。

2012年2月19日、仙台サンプラザホールでの東日本大震災復興支援チャリティープロレス「ALL TOGETHER ~もう一回、ひとつになろうぜ~」の試合中に左脛骨骨折と右膝内側側副靭帯損傷ならびに右脛骨挫傷を発症し欠場に入る。[2]

同年12月9日、現役からの引退を表明した[3]。役員を退職(後述)した時点で、レスラーとしてはフリーランス契約となっている。そのため引退興行は「小橋建太&プロレスリング・ノア共同開催」となっている。2013年5月引退。

2014年6月8日、自身のプロデュース興行Fortune Dreamを開催。自身は長州力とのトークショーを行う。

略歴[編集]

  • 1967年3月27日 - 京都府福知山市で生まれる。
  • 1982年4月1日 - 京都府立福知山高等学校入学。
  • 1985年4月1日 - 京セラに入社。
  • 1987年2月14日 - プロレスラーになるため京セラを退職。一度書類審査で落ちるも、通っていたジム会長[4]の紹介で6月に全日本プロレスへ入団。
    • 12月16日 - 後楽園ホール『ハル薗田選手夫妻を偲ぶメモリアル・セレモニー』で行なわれたバトルロイヤルで菊地毅とともにデビュー(当時コーチを兼務していたハル薗田南アフリカ航空295便墜落事故で不慮の死を遂げ、教え子だった小橋と菊地は本デビューが近かったこともありバトルロイヤルへ加わることとなった)。
  • 1988年2月26日 - 滋賀・栗東町(現・栗東市)民体育館にて大熊元司戦で本デビュー。同日、菊地毅もデビュー戦を行った。
  • 1990年4月9日 - 二代目タイガーマスクと組んで初のベルトであるアジアタッグ王座を獲得。
  • 1993年12月3日 - 三沢光晴と組んで世界最強タッグ決定リーグ戦初優勝、第24代世界タッグ王者に就く(初戴冠)。
  • 1994年12月10日 - 三沢と組んで世界最強タッグ決定リーグ戦連覇、第25代世界タッグ王者に就く。
  • 1995年12月9日 - 三沢と組んで世界最強タッグ決定リーグ戦史上初の3連覇。
  • 1996年7月24日 - 田上明を破って第16代三冠ヘビー級王者に就く(初戴冠)。
  • 1997年9月28日 - FMWの川崎球場大会に出場。モスマンと組んでハヤブサ、新崎人生組に勝利。初の他団体参戦となる。
  • 1998年6月12日 - 川田利明を破って第19代三冠ヘビー級王者に君臨、勝利インタビューで「新時代宣言」を提唱。
  • 2000年2月27日 - ベイダーを破り第25代三冠ヘビー級王者に就く。勝利インタビューで再び「新時代宣言」を行う。
    • 4月15日 - チャンピオン・カーニバル(この年はトーナメントだった)で念願の初優勝。
    • 6月15日 - 全日本プロレスを退団して三冠ヘビー級王座を返上。翌日に新団体「プロレスリング・ノア」へ移籍を発表、同時に膝の手術で入院。
    • 8月5日 - ノア旗揚げ戦。オレンジに紺の模様が入ったタイツ、シューズで登場。翌日、秋山にシングルで初めて敗れる。
    • 10月7日 - この日から現在のコスチュームの原点である黒にグレーの模様を入れたタイツ、フード付きガウンで登場するようになる。
  • 2001年1月18日 - この日を最後に膝の手術とリハビリのため欠場。
    • 7月27日 - ノア1周年記念興行で挨拶。秋山からの依頼によりGHCヘビー級選手権試合(三沢VS秋山戦)をテレビ解説した。
  • 2002年2月17日 - 秋山、永田裕志組戦(パートナーは三沢)で395日ぶりにリング復帰を果たしたが、左膝前十字靱帯不完全断裂で全治4か月の負傷で再び欠場。
  • 2003年3月1日 - 選手権試合で初めて三沢に勝利。第6代GHCヘビー級王者に就く。以後、2年間王座を保持し13度の防衛に成功。
  • 2005年7月18日 - 佐々木健介とシングルマッチで対戦。壮絶な「剛腕対決」を制す。
    • 9月20日 - 初のアメリカ遠征に出発(10月4日帰国)、サモア・ジョーらと対戦する。
  • 2006年6月4日 - 本田と組み第12代GHCタッグ王者に就く(2度目の戴冠)。
    • 6月29日 - 右腎臓に4 - 5cmの(腎臓癌)が見つかり、治療のためこの日から欠場。その後、GHCタッグ王座を返上した。
    • 7月6日 - 5時間半に渡る腹腔鏡(ふくくうきょう)による右腎臓摘出手術は無事成功。
    • 7月27日 - 退院。病院には10万羽の千羽鶴と1000通の激励メールが届く。
  • 2007年1月20日 - 両膝の手術を行う。
    • 10月27日 - 日本武道館に姿を見せて、「レスラー小橋建太として戻ってきます!」と宣言し小橋自身の口から復帰戦のカードを発表。
    • 12月2日 - 三沢、秋山組戦(パートナーは高山善廣)で546日ぶりのリング復帰を果たした。
  • 2008年2月26日 - 京王プラザホテル八王子5階ホール大会にて、デビュー20周年記念特別試合が行われた。
    • 9月9日 - 右腕遅発性尺骨神経麻痺、両肘関節遊離体により手術を行い、再び長期欠場。
  • 2009年3月1日 - 井上雅央戦で176日ぶりの復帰戦を第1試合で行う。これに勝利。
    • 6月8日 - 橋誠に勝利して、第9代グローバル・ハードコア・クラウン無差別級王者になる。
    • 7月6日 - 取締役副社長に就任する。
    • 8月30日 - 小島聡の呼びかけにより9年ぶりに全日本に参戦。
    • 9月27日 - 三沢追悼興行で武藤敬司とタッグで初対決を行い勝利。
    • 10月12日 - 蝶野のデビュー25周年記念試合で、蝶野、武藤とトリオを結成して勝利を飾った。
  • 2010年1月5日 - 肘部管症候群によりシリーズ欠場。
    • 6月21日 - 同年秋に演歌歌手のみずき舞と結婚を発表。
  • 2011年
    • 6月13日 - 三沢光晴メモリアルナイトの前半戦終了後リングで復帰を発表。
    • 7月23日 - 大阪府立体育会館で秋山準斎藤彰俊組を相手に、潮崎豪とタッグを組んで復帰するも敗北。
    • 8月26日 - 東北大震災チャリティー興行「ALL TOGETHER」で、武藤敬司とタッグを結成する。
    • 9月29日 - 任期満了につき取締役副社長を退任。
  • 2012年12月9日 - 両国国技館で引退を表明[3]
  • 2013年
    • 3月17日 - 全日本両国大会に来場。この時、PWF会長だった馳浩が、会長の退任を告げるとともに後任として小橋を第4代会長に任命する。この時点では前向きではあったが、引退後に回答するとして承諾は保留[5]。結局、体制の混乱も影響して就任せず(小橋本人曰く「正式なオファーは頂いてなかった」)、ドリー・ファンク・ジュニアが就任[6]
    • 5月11日 - 日本武道館の引退記念試合興行をもって引退。ムーンサルトプレスからの勝利という有終の美を飾った。
    • 9月8日 - WRESTLE-1旗揚げ戦にてGAORAの解説者Xとして登場。引退後初のプロレス解説となった。
    • 12月20日 - この日収録が行われたFIGHTING TV サムライ「VERSUS」にて武藤敬司からW-1スカウト部長に指名され、前向きな回答を出した[7]
  • 2014年
    • 2月14日 - 自身がプロデュースする興行「Fortune Dream1」を6月8日に後楽園ホールで開催すると発表[8]
    • 12月10日 - 後楽園ホール大会でFortune Dream2の開催を決定。

入場テーマ曲[編集]

初代:「SNIPER」(作曲:松原正樹
当初は原曲をそのまま使用。その後、原曲に効果音がついた入場バージョンが作られて、現在はアレンジした曲がプロレスリング・ノア中継内でのプロレスリング・セム興行の模様で使用されている。ノア旗揚げ後は、2002年7月26日に浅子覚の引退試合で一度使われた。(前奏は「GRAND SWORD」Full Size Version)
若手時代の小橋本人はこの曲を大変気に入っており、入場曲テーマ曲を変えないかと聞かれた際何度も断り続けたと言われている。
二代目:「GRAND SWORD」(作曲:鈴木修
1998年6月12日、2度目の三冠王者になり新時代宣言をした日に原曲を使用。その後は、前奏部分がそれぞれ異なったバージョンを使用。
  • 「Big Match Version」…「GRAND SWORD」のスローバージョンを合体。全日本時代に使われた。
  • 「Version III」…「バーニング」のテーマ曲を合体。ノア旗揚げ翌日の秋山戦でも使われた。
  • 「NOAH Version」…「Big Match Version」に効果音を加えたもの。ノア旗揚げ戦から、長期欠場する2001年まで使われた。
  • 「Full Size Version」…2002年2月17日に復帰してから、2003年3月1日のGHC選手権三沢戦まで使われた。
三代目:「BLAZIN」(作曲:ジェイ・グレイドンと日本人ギタリスト「K-A-Z」の演奏・アレンジとジェイ・グレイドンのオリジナル)
GHCヘビー級王者となった直後のシリーズから2005年7月まで使用した。
四代目:「GRAND SWORD」(作曲:鈴木修)
  • 「Full Size Version」…現在、使用されている曲である。2005年7月18日の佐々木健介戦から、また一から出直すという意味を込めてテーマ曲を二代目のものに戻す。

「GRAND SWORD」は小橋が自身の原点とした曲である。GHC挑戦の区切り、けじめとして2003年の三沢戦で勝っても負けてもこれを最後とするとした。日本テレビ矢島学アナウンサーが佐々木健介戦で実況を担当した際、小橋が「BLAZIN」ではなく「GRAND SWORD」で入場したため思わず声が裏返り、解説をしていた高山善廣に「お前の声が裏返ったことに注目したよ!」と発言されている。

主な得意技[編集]

小細工を使わずにひたすら技を受け、チョップラリアットスープレックスで試合を作る。

数ある得意技の中でフィニッシュ・ホールドとして使用されたことが多かったものは、ラリアットである。大一番に限りバーニング・ハンマーがフィニッシュとなることも多かった。 癌闘病からの復帰後はフットワークの衰えが顕著となり、よりチョップを主体とした動きの少ないファイトスタイルとなった。

打撃技[編集]

逆水平チョップ
小橋の代名詞ともいえる技。思いっきり踏ん張り腰の回転を用いて太い右腕で相手の胸板へ叩きつける。
2005年7月18日に行われた東京ドームの佐々木健介戦では5分以上チョップのみ打ち合い、試合中両者合わせて218発(小橋は112発)ものチョップ合戦が行われた。試合後右胸をどす黒く腫らせた健介は「(逆水平をやられる人間の気持ちが)やっと分かったよ…」と述べている。多くのレスラーが受けたくないと口にしている。なお、はこのチョップをキャッチするという離れ技を演じたことがある。
大根斬りチョップ
バックブリーカーの状態で捕らえた相手の頭を左手で固定し、喉元・胸に手刀を叩き落す技。初出は2004年の東京ドーム大会のメイン、秋山準とのGHC選手権。その後はエルボー式、膝で相手の首を固定、ギロチン式、リングからエプロンに相手の首を出し断崖式で叩き込む等のバリエーションが出てきている。
2005年5月の雑誌インタビューにて本人がこれを「大根斬りチョップ」と称し、正式名称となった。
剛腕ラリアット
小橋の剛腕から繰り出されるラリアット。ショートレンジ式と走りこみ式、カウンター式がある。倒れた相手を無理やり起こし、十分にためを作って右ひざを落とし肩を入れて叩き込む場合は「居合い抜き式」と称される場合もある。
1996年7月5日、大阪府立体育会館第二競技場にてパトリオットからこの技で初フォールを奪ってからラリアットに覚醒し、2か月後の9月5日の日本武道館を舞台とした三冠戦でラリアットの始祖であるハンセンもこの技でフォールした。
青春の一撃
両腕を揃えて、腕だけでなく上半身の体重を活かすような形で相手の右肩口へ斜めに叩きつける技。出す前に2,3回力強く手を叩き合わせてから構えるのが特徴。
2005年9月に放送されたテレビ番組「NANDA!?」のチョップ特集の際、競演した天山広吉のモンゴリアンチョップに影響された技である。初披露は9月11日の愛知県体育館である。
当初はそのまま「ダブルの袈裟斬りチョップ」等と称されていたが、10月下旬に矢島学アナが自身の番組「ズームイン!!サタデー」と番組サイトを利用してこの技の名称を募集。80人から72通りの技名を厳選し、小橋に選んでもらった結果「この技を出す方も、受ける方も青春時代に戻れるから」という理由で11月5日の放送日を以ってこの名前となった。
マシンガンチョップ
相手をコーナーに押し込み、段々とスピードを上げながら重い逆水平チョップを5 - 6発叩き込む。そして拳を握り、「行くぞ!」と観客にアピールをしてからスピード重視の逆水平チョップを速射砲で打ち続ける技。この時会場に響く音を指して、打ち疲れ遅くなったと思ったら再び早くなり、長いと20秒間は打ち続けることがある。
佐々木健介等、相手が小橋と同じくチョップを得意とする選手と対戦すると、相手も小橋に向けマシンガンチョップを繰り出してくる。
ローリング袈裟斬りチョップ
回転して相手の首筋にチョップを叩きつける技。
延髄ギロチンドロップ
若手時代からよく見せていた技である。1996年の三冠初戴冠時には、王者田上明に対しトップロープからのダイビング式を決めて勝利を収めた。膝の怪我の影響のため、最近はほとんど使わない。
ジャンピングショルダーアタック
相手をロープへ振った後自らも反対側に走り、対峙する瞬間に飛び上がり肩から全体重を乗せて相手へ突き当たる技。若手時代にこの技の名手であるアニマル・ウォリアーに教えを乞い習得したもので、フォームもアニマルと似通っている。体をコンパクトにまとめて当たりに行くのが特徴。小橋自身が「この技で自分の調子が分かる」と証言するように試合の前半でよく使われる技の一つである。

投げ技[編集]

超滞空式ブレーンバスター
相手を垂直に抱え上げた状態で静止して、長時間溜めてから叩きつける。
リアル・ブレーンバスター
小橋が大一番で繰り出す垂直落下式ブレーンバスター。落とす時に首を支えている左腕を離さず、そのまま首に巻きつけ落とすという危険な技。リアルの由来は、彼がブレーンバスターの考案者の一人であるキラー・カール・コックスのブレーンバスターをビデオを見て研究し、コックスそっくりのフォームに仕上げたため。バイソン・スミス戦で初披露。
ライスシャワー
「どんたく固め」同様、2006年4月放送の『探偵!ナイトスクープ』内で披露。しかし試合での使用はない。ブレーンバスターの体勢から相手の首を左肩に乗せ、その体勢から尻餅を突くように後方に倒れ込む。スタナーと同型技。
ダイヤモンドヘッド
2002年の新春に行われたハワイ合宿にて編み出した技。右肩に仰向けになるよう相手を担ぎ上げるカナディアン・バックブリーカーの体勢に持ってきた後、自らも右へと上半身を捻りながら真横へ叩き落とす。由来は、この技の開発場所がハワイであることから、ハワイの代名詞であるこの活火山からとった。復帰後使用することを宣言していたが、2002年10月17日金丸義信に対して初使用した際に、予期しない形で落とされた金丸が失神してしまい担架で運ばれてしまった。結局、この試合後から引退まで使用されなかった。
バーニング・ハンマー
コーナートップにリングに向かって背を向くように相手を置き、アルゼンチン・バックブリーカーの体勢に抱え上げてから垂直落下にはならない程度に相手の首を傾け座るようにして頭頂部から叩き落す技。垂直落下ではないのは、その方が危険だからである。首へのダメージは勿論、上半身をも破壊する威力を誇る。
その危険度の高さからプロレス四天王クラスの相手、かつ壮絶な試合の終盤でないとまず仕掛けない。
リストクラッチ式バーニング・ハンマー
相手の片手首を相手の股下を通した上で掴んで仕掛けるバーニング・ハンマー。頭の抱え方が通常版のバーニングハンマーと異なるため、アルゼンチン・バックブリーカー返しとして使われる「スリーパーで絞める」が使えず、しかもリストクラッチの影響で片手片足を封じられるため、担がれた後の回避方法は無いに等しい。過去の使用実績は2004年9月10日の田上戦、2006年3月5日のKENTA戦の2回のみ。
当初は「眠々打破」という名称もあったが(田上明の秩父セメントに対抗した新技だったので)、商標の関係で現在ではこの名称は使用されていない。
ブラッククラッシュ
ブレーンバスターの体勢で抱え上げ、エースクラッシャーと同じように自分の右肩口に相手の顔を添えながら体をひねりつつ仰向けに倒れ込み顔面を強打させる技。同型の技にショットガン(田中将斗が使用)
タイツがオレンジから黒に変わった直後の新技であり、オレンジクラッシュと導入が似ていることから雑誌でブラッククラッシュと名づけられた。初出がノア初のビッグマッチ、2000年12月23日有明コロシアムのメインでの秋山戦だったが、それを含めても2回程度しか使われていない。
河津落とし
小橋の場合、相手の腕を引っ張って背中からロープに倒れ掛かり、反動と相手の勢いを利用してのキチンシンクから間を置かず仕掛けていくことが殆どである。全日本時代は一試合に一度は必ず使っていた。ノア以後は頻繁に使われることは無くなったものの、ショルダーアタックと並んで序盤に於ける定番技である。
オレンジ・バックブリーカー
リバースDDTのように相手をとらえ、相手の背中を自分の膝に落とす技。名称は、当時の小橋のタイツカラーから。使用頻度は低い。
バーニング・ソード
上記オレンジ・バックブリーカーで相手の背中を膝に落とし、そこから自分の体を投げ出しつつ、体を相手方向に捻って、相手をとらえた腕とは逆の腕で相手の首を刈り取るように後頭部を叩きつける。TV中継でのファンからの公募で名前が決定。

パワーボム系投げ技[編集]

ジャックナイフ式パワーボム
パワー・ジャック、パワーボム・ジャックナイフとも呼ばれる。パワーボムで叩きつけた後、ジャックナイフ固めの体勢になってフォールにいく。若手時代に多様していたが、最近ではハーフネルソンスープレックスを代わりに使うようになった。
オレンジクラッシュ
ブレーンバスターの体勢で抱え上げ、前に放り投げて開脚しながら尻餅をつき、相手を背面からマットへジャンピングボムで叩きつける技。オレンジタイツ時代によく使われていた。
ストレッチ・ボム
前屈みにした相手の左手を相手の股下に通して右手で掴み、左手はコブラツイストの要領で上半身を絞り上げた状態で、強引に上方へ持ち上げ、開脚しながらパワーボムの形で叩き落すオリジナル技。相手は右手が掴まれたままなので受身が取りにくい。
初めてこの技を食らったのは秋山準(秋山のデビュー戦において)で、受身を取ることが出来なかった秋山は半失神してしまった。かなりの大技だが週刊プロレスの「健太ッキー・ボム(ケンタッキー・ボム)」という命名に対し「技が殺された」と不快感をあらわにし、以後使用回数が減った。なお日本テレビや他のマスコミでは「ストレッチ・ボム」を使用し、それが定着したため、ケンタッキー・ボムの名称は使用されなくなった。
2006年度後半より、志賀賢太郎が頻繁に使用している。
ターンバックル・パワーボム
コーナーのターンバックルにパワーボムの体勢で持ち上げた相手を後頭部から叩きつける危険技。受身がとれないだけでなく、ぶつかる瞬間が分かりにくいため覚悟がし辛い。最近では殆ど出さず、弟子であるKENTA、力皇猛に譲っている。なお、最初に仕掛けた相手は三沢である。

スープレックス系投げ技[編集]

ハーフネルソン・スープレックス
ハーフネルソンの体勢から左手で相手の前タイツ部分を掴み、そのまま後方に投げる。受ける側は脳天からまっさかさまに投げ飛ばされるため、非常に危険である。本田多聞は、受身を取りそこない脳天からマットへ落下し、しばらく失神してしまった。中盤から終盤にかけて2発3発と連続して繰り出されることが多い。秋山準曰く「首だけが危険、というのは素人考え。僕は叩きつけられた際回転しすぎて膝の靱帯を伸ばした。(井上)雅央さんは骨盤を折っちゃうし、もう最悪」[9]
何度か断崖式で繰り出そうとしているが、危険すぎるために相手は全力でこれを阻止し全て失敗に終わっている。このためかスクウェア・エニックスのゲーム「オールスタープロレスリングII」では、絶対に失敗する技「ハーフネルソンスープレックス?」として収められている。また、2006年4月23日の丸藤戦で、雪崩式を繰り出している。
2003年に行われた蝶野正洋との一騎打ちでは、何度も起き上がってくる蝶野に対して、計6発を叩き込んだ。
スリーパー・スープレックス
スリーパーで絞った後、右手を補助していた左手を相手の左脇に差し込み、投げやすく持ち替えてから後方に投げ捨てる。ハーフネルソン同様急角度で落ちる投げ技であり、首が完全に固定されている為ハーフネルソンよりも危険度が高い。
元々小橋はジョニー・エースのコブラクラッチ・スープレックスを使用していたが、現在の形に改良した。基本的にビッグマッチ限定で、ハーフネルソン・スープレックスの後に用いられることが多い。

関節技[編集]

ヘッドロック
太い腕で相手の頭を締め上げる。相手がロープに振ろうとしたり、バックドロップで投げられても、決して腕を離さない。
テキサスクローバーホールド
テキサス式四つ葉固め、荒馬固め等とも呼ばれる。テリー・ファンクが日本に持ち込んだ技。足を裏四の字の形に変則的に交差させての逆エビ固めで、サソリ固めにおいて自分の足を差し込むのを、代わりに両腕を差し込んだかたちと見ることも出来る。小橋の若手時代からの得意技である。
どんたく固め
2006年4月放送の『探偵!ナイトスクープ』にて、「自分が考えたプロレス技をプロレスラーにやって欲しい」という依頼が採用される。その役に小橋が選ばれ、その際に披露された技の一つである。原型は「手でサソリ固めをかける」という物だったが、小橋はその形では決まる前に逃げることが出来ると指摘。その場でテキサスクローバーホールドのように相手の足をロックし、そのまま釣り上げるという形に改良した。改良型が放送直後の2006年4月16日博多スターレーン大会にて金丸義信を相手に披露されている。
カナディアン・バックブリーカー
若手時代の得意技。トップ戦線に加わってからはほとんど使っていないが、この技を基にしてダイヤモンドヘッド(前述)を開発している。
フルネルソン
背後から相手の脇に両腕を差し入れ、首の後ろをグイグイと締め上げる技であるが、小橋は主に相手が座った状態で繰り出す。近年あまり関節技が見られなくなった小橋が、主に繰り出す絞め技である。

フォール技[編集]

ムーンサルトプレス
別名月面水爆。握り拳を作りながら観客にアピールした後、トップロープから高く飛び上がって体重を効かす形のムーンサルトプレスを放つ。小橋にとって最初の必殺技であり、スタン・ハンセンからの初勝利もこの技で奪った。
全日本プロレス時代に乱発し、膝を痛める。ムーンサルトの先輩である武藤敬司の「余り使いすぎるな、俺みたいにボロボロになる」というメッセージを伝え聞いた小橋は、「ありがとうございます。でも、僕の膝ももうボロボロですよ」と返した。結局、手術・長期離脱の原因を作ったことから、ノア旗揚げ以降使用が控えられる。しかし、2004年4月の高山善廣とのGHCヘビー級王座防衛戦において鬼の形相で「青春の握り拳」を作って「行くぞ!」と叫び、コーナーを駆け上ると高山の顔面を強打するムーンサルトを繰り出して勝利した。以降、大一番において再び使用するようになり、引退試合でもこの技で有終の美を飾った。
なお、「なぜやる前に握り拳を作るのか?」という質問に対し、「威力が倍増するから」と答えている。
ローリング・クレイドル
回転揺り椅子固め、回転股裂き固め、とも呼ばれる。テリー・ファンクが使用していた技で、若手時代に得意としていた。コブラツイストのような体勢から倒れこみ、マットに円を描くような感じで転がった後フォールに行く。返されたら再び円を描くように転がる。現在は元付き人の潮崎豪がこの技を使っている。

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
第24代の時に世界最強タッグ決定リーグ戦に専念するために一度王座返上。同トーナメントは世界タッグのベルトがかけられることとなり、三沢・小橋組が優勝、再び世界タッグ王者となった(1993年までは世界最強タッグリーグシリーズ時に王位を返上し、その年の最強タッグの優勝チームにベルトが与えられる決まりだった)。
パートナーは1993年 - 1995年まで三沢光晴→1998年・1999年が秋山準
プロレスリング・ノア
  • 第6代GHCヘビー級王座
在位2年・防衛13回という圧倒的な記録を誇り「絶対王者」と呼ばれた。
プロレス大賞
  • 1989年 新人賞
  • 1993年 殊勲賞、最優秀タッグチーム賞(&三沢光晴)…ダブル受賞
  • 1994年 技能賞、最優秀タッグチーム賞(&三沢光晴)…ダブル受賞
  • 1995年 年間最高試合賞(6/9日本武道館、世界タッグ選手権、三沢光晴&小橋健太VS川田利明&田上 明)
  • 1996年 最優秀選手賞
  • 1997年 年間最高試合賞(10/21日本武道館、三冠ヘビー級選手権、三沢光晴VS小橋健太)
  • 1998年 最優秀選手賞、年間最高試合賞(10/31日本武道館、三冠ヘビー級選手権、小橋健太VS三沢光晴)…ダブル受賞
  • 1999年 最優秀タッグチーム賞(&秋山準)
  • 2003年 殊勲賞、年間最高試合賞(3/1日本武道館、GHCヘビー級選手権、三沢光晴VS小橋建太)…ダブル受賞
  • 2004年 年間最高試合賞(7/10東京ドーム、GHCヘビー級選手権、小橋建太VS秋山 準)
  • 2005年 年間最高試合賞(7/18東京ドーム、小橋建太VS佐々木健介)
  • 2007年 カムバック賞、年間最高試合賞(12/2日本武道館、三沢光晴&秋山 準VS小橋建太&高山善廣)…ダブル受賞
  • 2011年 年間最高試合賞(8/27日本武道館、小橋建太&武藤敬司VS矢野通&飯塚高史)

人柄[編集]

プロレス界における小橋の絶対的な人気は、激しい試合内容だけでなくその人柄に拠る所が大きい。以下、小橋の人柄を表すエピソードを記す。

練習内容、試合態度[編集]

  • 特別なスキルもなく、トップレスラーとなりえたのは、誰よりも練習に励んでいたからだとも言われている。全日本プロレス時代にジャイアント馬場の付き人としてハワイへ行った際、ひたすらトレーニングしていたのを見かねた馬場が「休むのも練習の内だから休め」と命令したほどである。また、全日本プロレス時代にはTV放送で試合を解説していた馬場に「小橋は趣味が練習、職業はプロレスラー」と言わしめたこともある。若手の頃は同僚日本人選手だけでなく、全日本に参戦していた外国人選手ともトレーニングを積み、当時全盛だったロード・ウォリアーズの両者から、当時日本では浸透していなかったウェイト・トレーニングの理論を教わったり、ディーンジョーのマレンコ兄弟とサブミッションのトレーニングを積んだり、アマチュア・レスリングでオールアメリカン入りした経験を持つスティーブ・ウィリアムスとアマレスのスパーリングを行ったりした[10]。トップとなって以降も練習に手を抜かず、道場には若手の誰よりも早く来て(一説によると朝5時半)汗を流した。なお、厳しいプロレスの練習を乗り切った秋山準やKENTAでさえ、小橋の練習に付き合いオーバーワークで病院へ運ばれたという逸話がある。同じく2002年の復帰直前KENTAとハワイ合宿を敢行していた際、本当に一日中ジムへ篭っていたためKENTAが驚愕し「最後の日に土産を買う時間だけはください」と懇願したという話もある[9]。全日本プロレス時代、小橋の試合を解説していた川田利明が発した「あいつを殺すには刃物は要らない。ダンベルを取り上げればいい」は彼の練習好きを端的に表す名言。また全日若手時代に異常とも思える練習熱心さをある中堅選手が嘲笑したところ、当時既にトップレスラーだった天龍源一郎が「おまえら笑ってるけど、今にこいつに食わせてもらう日が必ず来るぞ」と言ったことも有名である[要出典]
  • 1997年1月20日、大阪府立体育会館での三沢を挑戦者として迎える三冠戦前日のこと。小橋は母親に電話をかけ、「俺が死んでも三沢さんを恨まないでくれ」と伝えた。試合後はスポーツ番組へ2人とも生出演する予定だったが、小橋は病院へ直行し結局番組は三沢のみの出演となった。
  • 観客やマスコミの前で弱みを見せることが殆ど無い。唯一長期離脱に入る直前の2001年1月18日を除いては、テーピングした膝を絶対にマスコミに撮らせなかった。2006年2月11日の「佐々木健介デビュー20周年記念イベント」にて、天龍の椅子攻撃により唇から歯が突き抜け大量の血が流れたが、試合途中に焦って駆けつけ治療しようとするトレーナーの浅子覚を笑顔で制し、触らせなかった。試合後も用具を持ってリング上までやって来た浅子を止め、勝ち名乗りとほぼ全選手による記念撮影まで参加し、最後まで観客の見える所では治療を受けなかった。
  • 2004年、2005年の東京ドーム大会ではどちらも壮絶な試合を繰り広げたものの、翌日から元気にトレーニングを開始している。2004年から2005年にかけて東京スポーツ新聞の一面企画として特訓シリーズを開始。ゲーセン特訓、北海道蟹特訓など常軌を逸したトレーニングを行った、2005年の佐々木健介戦では「肉体的にはやっぱりキツイけど、翌日にフリーの佐々木選手は試合があるとレフェリーの西永秀一に聞いたので負けられないと思って道場に来た。でも、練習を始めた頃に西永が走ってきて『佐々木選手は試合がありませんでした』と言うもんだから、仕方がないから練習して帰った」そうである。一方の佐々木健介は小橋との試合で興奮したためか、試合後の控え室で早速チューブトレーニングや腕立てに励んでいた。
  • 若手時代に全日本のお家騒動で海外修行へ行けなかったため、海外での試合に強く憧れていた。2005年、GHCを失ったことから身軽になった小橋は海外での試合を訴えるようになる。同年9月20日、遂に会社へ認められ、アメリカに渡った。アトランタからセントルイスに向かう飛行機内では(許可を得た後)上半身裸でトレーニングを開始し女性乗務員に「グレートマッスル!!」と驚かれていたが、同性愛者と思われる男に股間を触られ、流石の小橋もこれには堪えかねたか「アメリカは怖い」と呟いた。しかし、目的地につくと午後11時にもかかわらず、開口一番「ジム開いてないの?」と言ってのけた。
  • 2006年、腹腔鏡下手術からしばらくした後、8月に医師から許可が出てリハビリを開始したが、そのリハビリとはウエイトトレーニングのことであった。一般にウエイトトレーニングはプロレスの練習の一つとして捉えられているが、小橋本人にとっては、受身やスパーリングができるようになった段階でプロレスの練習を再開できたという認識のようである。手術後100kg近くまで落ちた体重は、リハビリと術後経過による食事制限の緩和によって徐々に元の体重(115kg前後)に戻っていた。
  • 入院した際に、三沢社長が「病室にダンベルを持ち込ませるな」と全選手に命令をしていたと言われている。
  • 2009年6月14日、対戦相手に合計126発のチョップを披露。三沢光晴への追悼とした。

性格[編集]

  • 負け惜しみや悪口やデカい口を叩くなどということは一切無縁である。小橋と対戦経験のある鈴木みのるは、「俺に挑発されたレスラーは大抵ムキになって言い返すけど、そうすると向こうの印象が悪くなるだけだし、大体口で俺に勝てるわけがねぇ(笑)。でも小橋はそういうことが無い。あいつこそ真のベビーフェイスだ」と、小橋を評価している。
  • GHC王者だった時には、ベルトを綺麗に磨き、会話するのが日課であり、ベルトを持参したファンとの撮影会の翌日にもかかわらず、ピカピカに磨かれたベルトを見て付き人だったKENTAや潮崎豪は大変驚いていた。
  • ファンサービスが丁寧であることも知られている。どんな状況でも必ず笑顔でサインをし、断ることはほとんど無い。2007年11月シリーズより、小橋関連のグッズを会場で購入すると、サイン会がなくても、小橋直筆の「バーニング」サイン色紙がシリアルナンバー付きでもらえる。小橋自身が幼少期、プロレス観戦に行き新日本プロレス所属(当時)の藤波辰巳にサインを求め、快くサインをしてもらったという思い出があり、デビュー時からファンを非常に大切にしている。また中学生時代、全日本の試合会場でダイナマイト・キッドへサインを求めるも、キッドに色紙を投げ捨てられたことがあり[11]、これが反面教師となった。倉持明日香AKB48)が小橋の大ファンであり、2009年5月27日・6月10日・8月5日放送分の『AKBINGO!』で小橋に関する逸話を直筆の紙芝居で熱弁する「小橋の小話」を披露したのを知ると、8月5日放送で小橋自らVTRで出演し、倉持に「今度試合に招待します」とメッセージを送った。後日、小橋は約束通り倉持を試合に招待し、さらに「明日香ちゃんへ」と書いた小橋のサイン入りTシャツを贈った。
ちなみに普段のインタビューではほとんどないが、プライベートやトークショーなどのリラックスできる場では京都出身ということで関西訛りが出る。
  • 2006年6月24日に小橋は右腎臓に腫瘍があると告知をされていたが、翌日福島で行われたファンクラブイベントのバーニング杯ボウリング大会に参加した。いつもと変わらぬ様子で、後に欠場が発表される7月の高山復帰戦への応援に対しても「おう、ありがとう!」と応えていたという。担当医師からは試合への出場は絶対不可、一日でも早い入院を、と厳しく言われていたため、覚悟はあったと思われる。後に同じくイベントに出ていた菊地毅は心中の動揺を全く感じさせなかった小橋の様子を振り返り「小橋選手の生き様ってものを見せられた」と語っている。
  • かなりの汗っかきであり、バラエティ番組等に出演した際、周りは汗一つかいてないにもかかわらず小橋だけが汗を流していることが多い。トークショー等では黒い扇子を持参し、汗をかき始めるとその扇子で自分の顔を扇いでいる。また、全日本時代のファンクラブ主催のハワイ旅行では、当時、入門二年目の新人だった秋山準とホテルで同室になり、小橋が一晩中14度へ設定したクーラーを入れっ放しにしていたため、秋山は「先輩だから文句は言えないし、毛布をかぶっていても、耐えきれなかった。冷凍庫の地獄のようだった」と証言している。
  • 「プロレスリング・ノア中継」で番組最後に行われたDVDのプレゼント告知を担当した際、数秒の告知でNGを10回以上も出したほどのアガリ性であり、結局オンエアされたものも棒読みであった。全日本時代はファッションに無頓着であり、Tシャツにダボダボのスウェット姿やジャージ姿でいることが殆どであった。ノアに移籍して以降はテレビへの露出が増加したこともあり服装にも気を使っているようであるが、その殆どがグレーのポロシャツもしくはTシャツである。「他に洋服を持っているのか?」との疑問も聞かれる。なお、全ての全日本所属選手がTシャツを必ずズボンに入れていたのは馬場の教えである。
  • 2003年に「プロレス大賞でMVPをとった時のために」と白い和服を仕立ててもらっているが、結局MVPは取れておらず試着以降袖を通していない。

プライベート[編集]

  • 長らく結婚をせず、2006年の誕生日では「ベルトが恋人だから結婚の予定はない。今後するつもりもない」と生涯独身を断言したが、2006年5月にKENTAが入籍を発表してから、「最近のKENTAの調子のよさは内助の功もあるのかな」と、結婚に対しての興味を見せていた。雑誌等で必ず小橋をネタにする秋山準は小橋の奥さんになる条件として「小橋さんが4時半に起きると言うことは、カミさんは3時半に起きて飯の準備しなくちゃいけない。また、エアコンの温度は16度」と語っている。そしてついに2010年6月21日、歌手のみずき舞との結婚(2010秋)が、みずき舞のBlogにより告知された。
  • 同期の田上明とは仲が良く、公の場では彼のことを「AT」と呼ぶ(5つ年上のため、プライベートでは「田上さん」と呼んでいる)。大舞台で田上とタッグを組むことになる度に小橋は数日間通しての泊りこみ特訓を提案するが、田上の趣味である釣りで海上に逃げられたりしている。
  • 全日時代は整髪料で固めた髪形がトレードマークで、田上に「棒で叩いたら棒の方が割れるほど固い」と言われた際には、スポーツ刈りが伸びかかった田上の頭を指差し「田上さんだって美川憲一みたいな髪型してるじゃないですか」言い返している。
  • 無類の競馬好きで中央競馬に限らず、地方競馬にも積極的に投資している。2004年のJBC競走(大井競馬場で開催)では、プレゼンターを務めた後、最終レースまで観戦し、最終レース終了後に今までの的中馬券を大量に換金している。
  • 愛読誌は「週刊漫画TIMES」(芳文社)。
  • なぜか動物や子供に敬遠される人間のようで、2005年に秋山と共にイギリスへ渡った際は、本来人間慣れしている公園のリスに逃げられ、ファンイベントで母親から赤ちゃんを手渡された途端泣き出されてしまっている。そのためか2006年の「北海道馬特訓」では馬が近づいてきたことへ大いに感動していた。
  • カラオケ十八番は、CHAGE and ASKAモーニングムーン。秋山準によると、機嫌が良かったり酔っ払った時には必ず選曲するらしい。全日本プロレス中継のエンディングテーマでも一度だけ流れたこともある。
  • 左目の下に泣きぼくろがある。

その他[編集]

  • CHARCOAL FILTERのベストアルバム『C☆BEST+Flying Hi-High』のCMに出演しており、真っ暗なトレーニング場でダンベル片手に「だーめーなじぶんをーあいせはしないー」と歌うという非常にシュールな姿を見せてくれている(特設ページ。CM映像あり)。また、プロレス好きを公言しているSEX MACHINEGUNSのライブアルバムは『Burning Hammer』と名づけられており、そのジャケットはイニシャル「K.K」と記された人物の剛腕となっている。
  • ひらめ筋GOLD』の「ハイパー騎馬戦チャンピオンズカップ」の出場要求を受けた時、秋山が出ないと聴くと、秋山の控え室に来て「準! お前出ろよ!」と言った。「その日は予定があるから」と秋山が断ると「準が出ないなら俺も出ないから!」と言い出した(秋山談)という。結局秋山も出ることになり、小橋、秋山、力皇、ムシキング・テリーというノア最強の布陣を組む。一試合目の新日本プロレス(天山広吉タイガーマスク棚橋弘至中邑真輔)には勝利したが、次戦のWRESTLE-1(曙、プレデター、WRESTLEマスク1号、2号)には、曙の圧倒的な体格の前に押し切られ敗北した。この敗北に対し小橋は、「思った以上に悔しい」と語っている。
  • 地元の福知山市動物園シロテナガザルの「健六」は、彼の名前の一部からもらったものである。
  • 1993年のスティーブ・ウィリアムスとの三冠挑戦者決定戦で殺人バックドロップを食らい敗れる。奇しくもスティーブ・ウィリアムスから食らったこの殺人バックドロップがきっかけで、全日マットでは脳天から叩き落とす危険な技の応酬のスタートとなった。
  • 1990年代前半、毎日放送浜村淳解説の深夜の映画番組「映画へようこそ」に、小橋はオープニングでヘラクレス役で出演していた。
  • 海外のプロレスファンの間でも絶大な人気を誇っている。ROHに参戦した際にアメリカ人のサモア・ジョーが相手ということでヒールのつもりで来たはずが熱狂的に歓迎されたことがある。

通り名など[編集]

通り名[編集]

小橋には昔から数々の通り名があり、小橋の成長・立ち位置の変化に伴って変わっていっている。以下、歴史順に記していく。

オレンジクラッシュ
小橋がオレンジ色のタイツを穿いていたことから名づけられた。秋山デビュー一周年の試合で繰り出した技の名前へそのまま受け継がれた。まだダイビング・ギロチン・ドロップをフィニッシュ技としていた頃である。因みに、オレンジ色はジャイアント馬場と交遊があった松山千春の発案とされる。
熱き青春の握り拳
小橋がムーンサルトを繰り出す前などに握りこぶしをつくり気合を入れていたことと、小橋のスタイルがまさしく若さ溢れる突貫ファイトであったことからこの名前がつけられた。最も長く親しまれた呼称であり、この名前が自伝「小橋健太 [青春自伝] 熱き握り拳」に採用されている。
熱き魂の握り拳
ベイダーを倒し第25代三冠王者に輝き念願だったチャンピオン・カーニバルで優勝した2000年を前後して、「もう30代で青春とかじゃないし」という理由で次第に「青春」から「魂」へと呼称がシフトしていった。余り定着はしなかった。
黒小橋
2000年10月7日、ディファ有明で行われた小橋・力皇組対秋山・金丸組にてそれまでのオレンジタイツから突如として黒のタイツに履き替え入場してくると、今までとは違った非情な攻めを続け、秋山、金丸を剛腕ラリアットたった3発で失神においこんだ。そして10月11日の愛知県体育館大会、対大森戦でのシングルで見せた小橋の徹底的な攻めに大森は大流血、半失神状態に追い込まれる。それでもなお無理やり掴み起こしてラリアット等の攻撃を繰り返した。今までの小橋では考えられない非情さと、タイツを黒に変えていたことから畏怖の念を込めて称された。また、「鬼小橋」とも呼ばれる。
鉄人
復帰は無理と思われていた膝の手術から戻ってきたため、不屈の精神へ尊敬の念を込めてこう称された。GHC戴冠後から特に強調されだし、「鉄人小橋」と半ば枕詞と化していた。
ミスタープロレス
2003年、蝶野正洋が小橋との対決を熱望してノアマットを訪れた際、「小橋、お前はミスタープロレスだ」と言い放った。2005年9月、小橋が初のアメリカ遠征に出向いた際、元祖ミスタープロレスでありミスターNWAと称されたハーリー・レイスから、「もう私はミスタープロレスではない。これからは小橋がミスタープロレス」と言われる。その後行われた試合では、NWA世界ヘビー級王座のベルトをレイスから巻いてもらった(後にそのベルトは「その名を受け継ぐには畏れ多い」という小橋の思いからレイスに返還されている)。現在WWE副社長であり元タッグパートナーのジョニー・エースからも同様の言葉を投げかけられた。このことから秋山はハーリー・レイス認定NWA世界ヘビー級王者と呼ぶこともあり、日本に存在するもう一人のミスタープロレス、天龍源一郎と区別するために「ハーリー・レイス認定ミスタープロレス」と付け加えることもある。
絶対王者
GHC戴冠後、選手権試合では必ず名勝負を繰り広げ勝ち続け、ノアのみならずプロレス界を一身で背負うその偉大な姿を指して「絶対王者」と称される。小橋を称する際の枕詞の如く使用され、まさしく絶対王者=小橋という状況であった。力皇にGHCを奪われた後は殆ど使われなくなったが、この言葉のインパクトは大きかったらしくその後も「元絶対王者」等と使われることがしばしばある。

The indisputable champion

ジャパニーズ・レジェンド
2005年より、小橋はアメリカ、欧州と海外遠征に初めて出ることになったが、ニューヨークでのROHの大会に出場することになった際、地元紙には「Japanese Legend」の文字が載った。アメリカでもコアなファンはネットによって小橋の存在や活躍を充分知っており、会場入りする前にはノアのTシャツを着たファンに出会ったほど。試合内容も日本と同様に熱い小橋を存分に見せつけ、会場全体から「KOBASHI」コールが響いた。試合後、会場は「ARIGATO」の大コールに包まれた。
伝説の男
2005年10月2日秋山がW-1グランプリでボブ・サップと初対決し敗れたことから「伝説の男が4日に帰国するから、話してみるよ」と海外遠征中だった小橋にリベンジを期待する発言をし、10月8日の後楽園大会のセミで小橋とタッグで対決する際、表に「伝説の男 vs 野獣」、裏に「アニキ あとは 頼んだぞ!」というTシャツを着て入場し、小橋にTシャツを渡した。試合後のマイクでも、「アニキ、任せました!」と発言し握手を交わす。元々小橋は「生ける伝説」としてアメリカを始めとする日本以外のマニアックなプロレスファンから崇拝されており、小橋の米国遠征と掛けた秋山の新たなキャッチコピー作りの一環であると思われる。なお、「アニキ」はラッシャー木村がジャイアント馬場を「アニキ!」と呼び慕っていたことへのオマージュであろう。ちなみに「伝説の男 vs 野獣」はいまだ実現に至ってはいないものの、2006年5月13日のK-1オランダ大会でサップが試合直前に逃亡した件に関して、同月15日にK-1の谷川貞治イベントプロデューサーが行った会見にてサップが同年4月23日に行われたノアの日本武道館大会への出場オファーを拒否していたことが発覚。オファー拒否の理由は不明だが、もしサップが首を縦に振っていたら「伝説の男 vs 野獣」が実現していたのは間違いないだろう。
チョップ小橋
2005年の佐々木健介との一騎打ちで異常なチョップ合戦を繰り広げ、以降より一層チョップが小橋のトレードマークとなっているが、秋山が2005年末のノア中継スペシャルに於いて「ノアの話題賞」を考えた際に小橋を「チョップ小橋」と命名(秋山曰く「海外のファンが小橋さんのことをそう呼んでいた」とのこと)。小橋も「それに拘りますね」と発言したことから、現在の通り名となっている。

キャラクター[編集]

ノア以降、ハロウィン興行やクリスマス興行等で普段のハードな試合展開とはかけ離れた楽しく夢のある興行を打つようになる。それに伴い小橋もいくつかのキャラクターをその場限定で演じることがあった。以下それらを記していく。

BLAZE
2002年10月31日、ディファ有明で行われたハロウィン興行ではハロウィンにちなみ全選手が覆面を被り、パンプキンですを代表に楽しい試合を行っていた。しかし、メインイベントで登場したBLAZEという覆面レスラーは何時ものノアと変わらぬハードヒットを一人繰り返し、周りの覆面レスラーを戸惑わせた。常に真剣勝負の小橋らしい覆面レスラーである。もっとも、珍しい高速ブレーンバスターなどを繰り出していたので、本人的にはキャラをつくっていたのかもしれない。
ケン様
2004年9月23日、ディファ有明で行われた東西対抗戦の第二部、西軍「ブサイクの祭典(1人を除く)」にて小橋軍と秋山軍の対抗戦が行われた。これに際し負けたチームのリーダーが罰ゲームとして「自腹でファン5名に夕食をご馳走する」ことと、「ペ・ヨンジュンのコスプレ」が秋山の提案により課されていた。最後には小橋対秋山という大将戦までもつれ込むが、場外乱闘の後秋山は橋誠を投げつけて小橋のリングインを阻み、場外カウント勝ちを収めた。憮然とした表情で小橋は控え室に引き上げる中、リング上で秋山は秋山らしく女性が出るまで何度もくじを引き直して5名を選出、場つなぎで橋にマツケンサンバ IIを躍らせると遂に準備が完了する。あの曲が鳴り響く中、かつらにメガネ、セーター、マフラーとフル装備のケン様が笑顔で登場する。「アニョハセヨ」と韓国語で挨拶しポーズをとり、「もう一人ゲストが居ます! ユジン!」と似ても似つかぬ杉浦貴を招き入れた。再び二人でポーズをとると、空から粉雪のような紙ふぶきが舞い落ちてきた。すると突然スギンが暴走しケン様の唇を奪おうと強引に迫って来る。貞操の危機を感じたケン様は渾身のチョップを叩き込み、力でスギンをなだめ、二人は幸せそうに花道を引き上げていった。なお、これを見た秋山は「思ったとおりだね。感無量ですよ」、「ドーム以上の借りを返せた。次はクリスマスでコバケンサンバだ」と発言している。
剛腕大魔王
2004年12月24日、ディファ有明で行われたクリスマス興行において、毎年お約束と化していた日テレ製作(前年まではFIGHTING TV サムライ製作)の特別映像作品「ディファ有明戦隊ノアレンジャー」の中で登場したキャラクターの一人である(映像作品内の字幕では「豪腕大魔王」と表記されている)。セーラー服に身をつつみ、美しい長髪をなびかせるタモみに「おじちゃんとあそぼうか」と突如襲ってきた人物こそ剛腕大魔王その人である。しかし、三沢を中心としたやたらと多い「30人揃ってちょっとモッコリ、ディファ有明戦隊ノアレンジャー」に邪魔をされる。地力の違いで一気に27人を片付け残り3人としたが、ここでホワイトレンジャーがタモみのサラサラヘアーをなびかせた。「俺がやりたかったのにー」と気を取られている隙に、ある曲聴くと無性に踊りたくなる「スターネスサンバ」を受け敗れてしまった。上述の東西対抗戦にて試合後秋山が語っていた「クリスマスは躍らせる」という流れに上手く持っていったのだが、小橋は剛腕にモノを言わせ無理やり橋に踊らせた。全試合終了後、ノアレンジャーの姿のまま選手一人ひとりが挨拶を行う中、秋山は「ワシントンホテルで小橋が1人で泊まってます。よろしくお願いします」と発言し、小橋は「剛腕大魔王です。こんな格好で言うのも何ですでけど、今年1年どうもありがとうございました。来年もプロレス道へまい進していきます。よろしくお願いします」と大会を締めた。

歴代付き人[編集]

出演[編集]

PV
トレーディングカードゲーム

引退興行[編集]

  • 大会名:『FINAL BURNING in Budokan』小橋建太引退記念試合
  • 日時:2013年5月11日(土)
  • 場所:日本武道館
小橋建太引退記念試合『FINAL BURNING』8人タッグマッチ 60分1本勝負
小橋建太
武藤敬司
秋山準
佐々木健介
39分59秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め KENTA
潮崎豪
金丸義信
マイバッハ谷口
第6試合『Four Men GET Together』スペシャルタッグマッチ 60分1本勝負
丸藤正道
鈴木みのる
18分26秒 エベレストジャーマンスープレックスホールド 高山善廣
大森隆男
第5試合『NOAH vs NJPW』スペシャル6人タッグマッチ 60分1本勝負
杉浦貴
モハメド・ヨネ
齋藤彰俊
14分23秒 ハイフライフロー→片エビ固め 棚橋弘至
永田裕志
小島聡
第4試合『J's Spirits vs Revolution』スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
森嶋猛
井上雅央
8分38秒 横入り式エビ固め 天龍源一郎
小川良成
第3試合『BURNING vs BURNING』タッグマッチ 30分1本勝負
本田多聞
志賀賢太郎
11分29秒 エンドレスワルツ 鈴木鼓太郎
青木篤志
小橋建太引退セレモニー
主な花束贈呈来場者:川田利明蝶野正洋百田光雄野田佳彦内閣総理大臣伍代夏子徳光和夫テリー伊藤福澤朗井浦新倉持明日香AKB48)、馳浩力皇猛田上明

レターメッセージ:ジョン・ロウリネイティス(旧:ジョニー・エース)
VTRメッセージ:スタン・ハンセン

第2試合『This is the NOAH Junior』タッグマッチ 30分1本勝負
SUWA
平柳玄藩
8分45秒 450°スプラッシュ→体固め 石森太二
小峠篤司
第1試合『Feel the Dengerzone』15分1本勝負
渕正信 6分21秒 バックドロップ→体固め 熊野準
開会宣言:ハヤブサ

出典[編集]

  1. ^ NOAHに移籍する以前は187cmだった。
  2. ^ 小橋建太選手欠場のお知らせ PRO-WRESTLING NOAH 2012年3月7日閲覧
  3. ^ a b 小橋 引退発表 戦力外は否定「もう1度だけ完全燃焼して区切りつける」 スポーツニッポン 2012年12月9日閲覧
  4. ^ ジムで小橋をパーソナル・トレーナーとして指導していたのは、アスレティックトレーナー時代の現・プロレスラーミステル・カカオであった。
  5. ^ “小橋が3冠ベルト管理を託された/全日本”. 日刊スポーツ. (2013年3月18日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130318-1099276.html 
  6. ^ [1]
  7. ^ デイリースポーツ. (2013年12月21日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/12/21/0006586325.shtml 
  8. ^ [http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/fight/all/2014/columndtl/201402140011-spnavi “小橋建太「プロレス界に恩返ししたい」 6月8日に小橋プロデュースの興行開催”]. (2014年2月14日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/fight/all/2014/columndtl/201402140011-spnavi 
  9. ^ a b 東京スポーツ・小橋建太引退特別号
  10. ^ 「全日本プロレス特集恒例!常連外国人レスラー回想録第4弾 小橋建太」(『G SPIRITS vol.33』辰巳出版、2014年、ISBN 9784777813278)P29
  11. ^ 「全日本プロレス特集恒例!常連外国人レスラー回想録第4弾 小橋建太」(『G SPIRITS vol.33』辰巳出版、2014年、ISBN 9784777813278)P29

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]