大原はじめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大原 はじめ
大原 はじめの画像
プロフィール
リングネーム 大原 はじめ
OHARA
REY大原
マイバッハ SUWA Jr.
本名 大原 甫
ニックネーム 若き天才エストレージャ
はじぴょん☆
身長 174cm
体重 90kg
誕生日 1984年7月24日(29歳)
出身地 神奈川県川崎市
所属 フリー
トレーナー ウルティモ・ドラゴン
ネグロ・ナバーロ
デビュー 2004年5月16日
テンプレートを表示

大原 はじめ(おおはら はじめ、男性、1984年7月24日 - )は、日本プロレスラーである。本名は大原 甫(おおはら はじめ)。神奈川県川崎市出身。2014年現在はフリーランスとして、プロレスリング・ノアを主戦場としている。

経歴[編集]

中学生の時に高田道場に通い、高田延彦桜庭和志の指導を受ける。卒業後は、服部栄養専門学校に通い調理師免許を取得する[1]

2003年、闘龍門JAPAN入門、第13期生となる。翌2004年5月16日、メキシコ・アレナコリセオの松山勘十郎戦でデビュー。

2005年、新日本プロレスLA道場に遠征後、CMLLに参戦。奥村茂雄田口隆祐とのKamikaze Nipponesトリオを結成。CMLLのレギュラーとして活躍。

2006年、22歳でNWA世界ウェルター級王座を獲得。

2008年、ドラディションNWEに参戦。バルセロナでウルティモ・ドラゴンとマスカラコントラマスカラを行った。また、師であるウルティモ・ドラゴンからNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座を奪取する。同年の年末よりハッスルの所属になりREY大原(レイ おおはら)の名で活動する。

2009年8月23日、メキシコ、アレナメヒコのメインでウルティモ・ドラゴンとのマスカラコントラカベジェラを行う。同年12月からSMASHの所属となり、リングネームを大原はじめに戻す。

2010年8月、SMASH本隊を離れ、フィンランドのFCFの一員としてスターバックに師事し、主にジェシカ・ラヴとのコンビで活躍。

2012年4月からはSMASHの事実上の後継団体であるWrestling New Classic(WNC)に所属し活動。

2013年1月にWNCを退団。その後、プロレスでの活動がみられなくなったが、同年春にプロレスリング・ノアに突如NO MERCYの新メンバーとして出現した正体不明の覆面レスラー「マイバッハSUWA Jr.」が大原と似た技を使用したり、体型が類似することから、大原がその正体ではないかと噂されるなどした。SUWA Jr.初登場は、2013年3月31日のノア後楽園ホール大会。SUWA扮するマイバッハ谷口Jr.とマイバッハ谷口のシングル戦に、マイバッハ谷口Jr.側のセコンドとして現れた。この日は試合は一切行っておらず、目立った行動も行っていない[2]

その後、同年5月12日後楽園ホール大会『方舟新章』に出場予定だったSUWAが、前日の日本武道館大会『FINAL BURNING in Budokan』で頸椎を負傷し長期欠場となり、急遽代役としてマイバッハSUWA Jr.なるレスラーが登場することとなった。そして当日、平柳玄藩と組んで丸藤正道小川良成と対戦。これがマイバッハSUWA Jr.のデビュー戦となった。試合は、11分1秒、丸藤の腕ひしぎ逆十字固めに平柳がタップ・アウトし、敗北した[3][4]

その後、NO MERCYの一員となりフリーランスとしてノアへ継続参戦することが発表された[5]

SUWAは、マイバッハSUWA Jr.の正体に関し、SUWAの知っている人物で、実力者とした[6]

2013年3月には平柳とのタッグで第7回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグ・リーグ戦へ参戦。2勝2敗の勝ち点4でAブロック3位に終わった[7]。なお、同リーグ戦開催期間中、GHCジュニアヘビー級王座を保持する石森太二からタッグマッチ、シングルマッチでそれぞれピンフォールを奪っている[8][9]

2013年8月24日後楽園大会『Summer Navig.2013~丸藤正道デビュー15周年記念大会~』において、GHCジュニアヘビー級タッグ王者である獣神サンダー・ライガータイガーマスクのタッグの初防衛戦として、平柳玄藩とのタッグで挑戦する[10]。なお、体格などは一切公表されておらず、体重がジュニアヘビー級であることのみが判明していたが、試合に挑戦するにさきがけて身長174cm体重90kgと発表された。選手試合は、序盤から執拗にライガーに覆面剥ぎ行為を行っていたが、逆に怒りを受けて覆面剥ぎをされ、頭部が露出した状態になり、防戦一方になる。そして試合途中で、自ら覆面を脱ぎ捨て、正体が大原はじめであることが明かされた。試合は16分7秒でライガーの雪崩式垂直落下ブレーンバスターを受けたSUWA Jr.(大原)が体固めでピンフォールを奪われ、敗北した。また、今後は「大原はじめ」として参戦を続けることが正式発表された[11][12]

2014年1月、NO MERCYを裏切り森嶋猛率いる「超危暴軍」へ加入した。

得意技[編集]

フィンランド式フォア・アーム
変形のフライング・エルボー・アタック
ムイビエン
変形の腕極め式ボストンクラブ
ピョン・ウー
SUWA直伝のジョン・ウーのようなジャンピング・ニー・バット
その他の技

主要タイトル[編集]

  • NWA世界ウェルター級
  • NWAインターナショナルジュニアヘビー級

マイバッハSUWA Jr.[編集]

マイバッハSUWA Jr.(- スワ・ジュニア、Maybach Suwa Jr.、男性、生年月日非公開)は、日本のプロレスラーである。当初は、正体不明の覆面レスラーで、その素性、体格などは一切公表されておらず、体重がジュニアヘビー級であることのみが判明していたが、のちに身長174cm体重90kgと発表され、さらに正体を自ら覆面を脱ぎ、大原はじめであることを明かした。

プロレスリング・ノアで活動し、ユニット・NO MERCYに所属した。

経歴について詳細は、経歴の章を参照のこと。

特徴[編集]

  • SUWAが扮したマイバッハ谷口Jr.同様にマイバッハ谷口と同じデザインで色違いのマスクを着用し、全身を黒ずくめのボディースーツで覆っている。
  • マイバッハ谷口Jr.同様に、NO MERCYのメンバーからは「ジュニア」「ジュニアさん」と呼ばれている。テレビアナウンサーなどメディアではSUWA Jr.と略されることもある。
  • 言葉は発しない。稀に発するときは、NO MERCYのメンバー(主に平柳玄藩)に耳打ちをし、それをメンバーが代言する。ただし、その際に実際に発しているのかは不明。また、発していたとしても平柳の場合は、その通りに代言しているのか疑わしい。
  • ルチャ・リブレジャベに精通していると思われる技・動きを披露することがある。また、大原はじめと同じような技を見せることがある(のちに正体が大原本人であると公表)。

得意技[編集]

ジョン・ウー
SUWAの得意技をマイバッハSUWA Jr.も使用する。低空から上方へ突き上げるように蹴り飛ばす、正面跳び式ドロップキック。蹴られた相手が後方へ吹っ飛ぶ様が、映画監督ジョン・ウーの作品によく見られるアクションに似ていることからSUWAが命名。
腕極め式ハーフ・ボストンクラブ
ルチャ・リブレのジャベの流れを組む技。仰向けで倒れている相手に対し、自身の片腋に相手の片腕を抱え込んだ状態で、相手の片足をもう片腋へ抱え込んで、相手の背中を反らせる技。大原はじめが使用するムイ・ビエンと同じ技。
フライング・フォア・アーム
変形のフライング・エルボー・アタック
各種丸め込み技

前方回転エビ固め回転エビ固めなど。

脚注[編集]

  1. ^ 越中詩郎TAJIRIウルティモ・ドラゴンに料理の腕を褒められている
  2. ^ ベースボール・マガジン社『週刊プロレス』2013年4月17日号
  3. ^ SUWA選手欠場のお詫びとお知らせ|プロレスリング・ノア公式サイト2013年7月閲覧
  4. ^ 試合結果 2013年5月12日(日) 12:00~ 後楽園ホール|プロレスリング・ノア公式サイト2013年7月閲覧
  5. ^ 2013年5月ツアー「Northern Navig. 2013」5・17仙台~5・26金沢大会参加他団体、フリー選手発表|プロレスリング・ノア公式サイト2013年7月閲覧
  6. ^ GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権についてSUWA選手、平柳玄藩選手会見|プロレスリング・ノア公式サイト2013年7月閲覧
  7. ^ 第7回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグ・リーグ戦|プロレスリング・ノア公式サイト2013年7月閲覧
  8. ^ 試合結果 2013年7月19日(金) 18:30~ 米子コンベンションセンター|プロレスリング・ノア公式サイト2013年7月閲覧
  9. ^ 試合結果 2013年7月26日(金) 18:30~ 新発田市カルチャーセンター|プロレスリング・ノア公式サイト2013年7月閲覧
  10. ^ GHC選手権開催のお知らせ|プロレスリング・ノア公式サイト2013年7月閲覧
  11. ^ 「Summer Navig.2013~丸藤正道デビュー15周年記念大会~」8月24日(土)後楽園ホール大会 試合後コメント|プロレスリング・ノア公式サイト2013年8月閲覧
  12. ^ 2013年9月ツアー「Shiny Navig. 2013」9・7ディファ~9・23茅野大会 参加他団体、外国人、フリー選手 発表|プロレスリング・ノア公式サイト2013年8月閲覧

外部リンク[編集]

関連項目[編集]