血液型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

血液型(けつえきがた)とは、血液内にある血球の持つ抗原の違いをもとに決めた血液の分類のことである。

概要[編集]

抗原は、赤血球血小板白血球血漿などに存在し数百種類が知られており、その組み合せによって決まる血液型は膨大な数(数兆通り以上という説もあり)になる。世界を捜しても、一卵性双生児でもない限り自分と完全に同じ血液型をしている人はいないとすら言われる。この性質を利用して畜産、特にサラブレッド生産の分野において血液型が親子関係の証明に使われていた(現在は直接DNAを鑑定する手法が用いられる)。

輸血をする場合、ABO式など一部の分類は自然抗体が形成され、型違いの血液を混ぜると凝集や溶血が起きるため、型合わせする必要がある。また、血液型によって、凝集や溶血反応はそれぞれである。反応が一番激しいとされているのは、jr(a+)型である。

主な分類方法[編集]

ABO式血液型[編集]

赤血球による血液型の分類法の一種。1900年から1910年ごろにかけて発見された分類法で、最初の血液型分類である。

  • A型は赤血球表面にA抗原を発現する遺伝子(= A型転移酵素をコードする遺伝子)を持っており、血漿中にB抗原に対する抗体が形成される。
  • B型は赤血球表面にB抗原を発現する遺伝子(= B型転移酵素をコードする遺伝子)を持っており、血漿中にA抗原に対する抗体が形成される。
  • O型はどちらの遺伝子も持っておらず、赤血球表面にA/B抗原は無い。血漿中にA抗原、B抗原それぞれに対する抗体が形成される。
  • AB型は赤血球表面に両方の抗原(A抗原およびB抗原)を発現する遺伝子を持っており、血漿中の抗体形成はない。[1]

Rh式血液型[編集]

赤血球膜の抗原による分類法。1940年ごろから明らかにされた。現在は40種以上の抗原が発見されている。その中でもD抗原の有無についての情報を陽性・陰性として表示することが最も多い。すなわち、Rh+(D抗原陽性)とRh−(D抗原陰性)である。

Rh−型の人にRh+型の血液を輸血すると、血液の凝集、溶血等のショックを起こす可能性がある。Rh−型の女性がRh+型の胎児を妊娠することが2回以上になると病気・流産の原因となることがある。日本人の99.5%はRh+である[2]

ヒト白血球型抗原[編集]

白血球の抗原の分類によるもの。現在では血液に限らず、組織の適合性に関わる情報として用いられるようになっているものである。ヒトの遺伝子上で白血球の抗原に関わる部位は、主要なものだけでもA,B,C,DP,DQ,DRの6箇所があり、それらの部位のタイプの組み合わせは数万通り以上あると言われており、結果として、特に血縁関係でもない限り人間同士でHLA型が完全に一致することは極めて稀である(主要組織適合遺伝子複合体も参照のこと)。

ダフィー(Duffy)式血液型[編集]

赤血球表面の抗原(糖鎖)の多様性による分類法。Fy(a)とFy(b)の2つの抗原の有無によって、Fy(a+b+), Fy(a+b-), Fy(a-b+), Fy(a-b-)の4つの血液型に分けられる。三日熱マラリア原虫はヒトの体内で赤血球表面にあるFy(a)とFy(b)の2つの抗原に結合して赤血球に侵入、増殖する。Fy(a)とFy(b)のどちらの抗原も持たないFy(a-b-)型は三日熱マラリアに抵抗性を示す。Fy(a-b-)型はアフリカサブサハラの三日熱マラリア流行地に遺伝的起源を持つ人に非常に多いのに対して、それ以外の地域に起源を持つ人にはほとんど存在しない。なお、熱帯熱マラリア原虫は三日熱マラリア原虫とは赤血球への侵入様式が異なるためダフィー式血液型は熱帯熱マラリア抵抗性とは関係がない。

その他の分類方法[編集]

MN式P式など約300種類が発見されている。分類法としてはそれほど一般的ではない。遺伝関係の確認や警察の鑑識においてなど、可能な限り詳細な情報が必要な時に用いられる。

高頻度抗原を欠く稀な血液型[編集]

適合率が約1%以下の型。さらにⅠ群(適合率0.01%以下)、Ⅱ群(それ以外)に分けられる。

また、一人の人間が複数の血液型を持っている場合は、「血液型キメラ」と呼ばれる(例:A型99% AB型0.1%等)。この血液型は70万人に1人程度といわれている[3]

Ⅰ群[編集]

Ⅱ群[編集]

などがある。

適合性[編集]

赤血球[編集]

赤血球の適合性チャート
O型の人はA,B,AB型の人に与えることができる。A型,B型はAB型に与えることができる。AB型はどこへも与えることができない。
赤血球適合表[4][5]
受血者の血液型 ドナーの赤血球は以下の型のいずれかでなければならない:
O− O−
O+ O− O+
A− O− A−
A+ O− O+ A− A+
B− O− B−
B+ O− O+ B− B+
AB− O− A− B− AB−
AB+ O− O+ A− A+ B− B+ AB− AB+

血漿[編集]

血漿の適合性に関しては、赤血球の適合性チャートとは反対向きの関係があり、AB型からA,B,O型に与えることができ、A型B型からO型に与えることができる。O型はどこへも与えることができない。

血漿の適合チャート
AB型からA,B,O型に与えることができ、A型B型からO型に与えることができる。
血漿の適合表
受け手の血液型 ドナーの血漿は以下の型でなければならない:
AB AB
A A or AB
B B or AB
O O, A, B or AB

これらの性質を利用し、緊急時の危機的出血で血液型を確定できない場合には、交差適合試験抜きでO型の濃厚赤血球、AB型の新鮮凍結血漿濃厚血小板を使う。 しかし輸血前には必ず患者検体を確保し、後追いで検査を進める。また、輸血経過を記録し、使用済み製剤も回収して保存する。同意書は輸血後に確保してもいい。

血液型の発見と歴史[編集]

血液型と性格[編集]

日本、韓国、台湾など一部の国では血液型性格分類が存在するが、血液型と性格の関連性は科学的に証明されていない[10] 。だがテレビや雑誌の占いなどの影響で、血液型性格分類を信じる人がいまだ一定数存在している。

血液型性格分類に科学的根拠がないとされるにもかかわらず当たっているように感じる理由として、以下のことが挙げられている。

  • 分類に使われている性格の表現というのは、誰もが「あ~、そうかも」と思えるものが多い[11]。例えば女子の場合には「感情が変化しやすい」「さみしがりや」などがわかりやすい例であるが、誰にでも多かれ少なかれ当てはまるものである[11]。明るい性格の人であっても暗い気分の時があり、しっかりした人であっても、いつでもどこでもしっかりした人でいられるわけではない[11]。そのため、「××型だから○○」という表現を多く並べれば並べるほど、たいがいの人に当てはまる性格分析が出来上がってしまう[11]。このことを心理学では「バーナム効果」と言い、誰にでも当てはまる”あいまいで一般的な性格をあらわす記述”を、自分だけに当てはまる正確なものだと誤解してしまう現象として知られている。
  • 例えば「A型は几帳面」という思い込みがあると、A型の人が几帳面に行動する場面ばかりに目が向くようになり、A型の人がいいかげんな行動をする場面があっても「めずらしい」の一言で済ませてしまうようになる[12]。このことを心理学では「確証バイアス」と言い、自分の信念を裏付ける情報を重視・選択し、これに反する情報を軽視・排除してしまうという現象として知られている。
  • 例えばA型の人が「A型は几帳面」という情報を何回も聞くと、それを意識した行動を無意識のうちにとるようになってしまう[13]。行動が多少なりとも変わった状態で再び「A型は几帳面だ」という情報が入ってきた場合に、当たっていると感じてしまう。このことを心理学では「予言の自己成就」と言い、根拠のない予言であってもそれを信じて行動すると、予言通りの結果になってしまうという現象として知られている[13]

ブラッドタイプ・ハラスメント[編集]

血液型によって人の性格を判断し、相手を不快や不安な状態にさせる言動のことはブラッドタイプ・ハラスメント(通称ブラハラ)と呼ばれ、近年問題になっている[14]厚生労働省は「血液型は職務能力や適性とは全く関係ない」としており、血液型を採用面接などで尋ねないよう企業に求めている[14]

血液型のように本人によって選択できない遺伝情報に基づいて、人を否定的に捉えること自体が差別行為とされる[15]。このような「血液型差別」は人種差別と同様の構図を持っており、実際に欧米における血液型性格分類は人種差別を肯定するために研究されてきた歴史がある(例:○○人は血液型が...型だから優秀なのだ。○○人は血液型が...型だから劣るのだ)[15]。社会学的な考え方から、多数派ではない血液型が否定的な扱いをされるであろうことは予想がつく。少数派の軽視や意図的に特定の血液型の人間を差別する行為や、特定の血液型に悪い印象を持たせるように誘導する行為は基本的人権の侵害に繋がる可能性が高い[要出典]。現在の日本では「血液型を根拠に人格否定やレッテル貼り、気に入らない血液型の人間を疎外することは差別行為に該当する」という認識を持ちあわせた人間が少なく、かつそういった意識が低い点に問題があると、心理学者の山岡重行は指摘している[16][15]

血液型と体質[編集]

1980年代はABO式血液型と病気関係の仮説について持てはやされていたが、ヒトゲノム計画が終りつつあった2000年に、科学雑誌『Nature』にて総説が掲載され、その内容は「胃腸管に関するいくつかの形質に弱い相関が確認できるが、血液型と疾患の相関については再現性よく示されたものは無い」というものであった[17]。ただし、最近ではABO式血液型で病気や妊娠のリスクが変わるという報告もある[18][19]

関連書[編集]

出典 脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小川聡 総編集 『内科学書』第7版-vol6、中山書店、2009年、p49
  2. ^ 【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|血液型
  3. ^ 2009年4月29日放送 世界仰天ニュース
  4. ^ RBC compatibility table”. American National Red Cross (2006年12月). 2006年12月24日閲覧。
  5. ^ BLOOD TYPES and COMPATIBILITY BLOODBOOK.COM
  6. ^ Dr. Karl Landsteiner, Ueber Agglutinationserscheinungen normalen menschlichen Blutes, Wiener klinische Wochenschrift, 14 Jg., Nr.46 (14. November 1901), S.1132-1134.
  7. ^ Dr. Alfred v. Decastello und Dr. Adriano Sturli, Ueber die Isoagglutinine im Serum gesunder und kranker Menschen, Münchener medicinische Wochenschrift, 49 Jg., No.26 (1. Juli 1902), S.1090-1095.
  8. ^ Prof. E. v. Dungern und Dr. L. Hirschfeld, Ueber Vererbung gruppenspezifischer Strukturen des Blutes, II, Zeitschrift für Immunitätsforschung und experimentelle Therapie, Bd.6, H.1 (22. Juni 1910), S.284-292.
  9. ^ Landsteiner K, Wiener AS, An agglutinable factor in human blood recognized by immune sera for rhesus blood., Proc Soc Exp Biol Med 1940;43:223-224.
  10. ^ 学者による、十分な数の標本集団で、十分管理された統計においては、複数年にわたって特定の血液型と特定の性格に明確な関連性を示すデータは得られていない。血液型性格分類に対するステレオタイプを持つ被験者だけ、またはある年だけ見ると相関性が見られることもまれにあるが、同一調査を長期に渡って行うと逆方向の相関となる可能性もある。もしも長期に渡ってコンスタントに一定方向の相関が見られるならば、明らかに相関があると言えるのだが、そのようなデータは出ていない。
    • 山崎賢治&坂元章(1992) 「血液型ステレオタイプによる自己成就現象~全国調査の時系列分析~」『日本社会心理学会第33回大会発表論文集』 - 血液型性格関連説が社会的に広まり始めたころから数年後の1978年を起点に1988年まで、日本人延べ約3万人の自己評価による性格の経年変化を調べ、自己評価の性格がステレオタイプに沿ったものへとより強化される傾向があることを示した。ただし最も大きな偏りを示した項目でも大量のデータでないと有意味とされない程度の微弱なものであった。
    • 山岡重行(2001)「第二夜 血液型性格診断に見るダメな大人の思考法―思いこみと勘違いのメカニズム」 『ダメな大人にならないための心理学』(pp.35-73)
    • Sakamoto, A., & Yamazaki, K. (2004). Blood-typical personality stereotypes and self-fulfilling prophecy: A natural experiment with time-series data of 1978–1988. Progress in Asian Social Psychology, 4, 239–262.(上記の山崎賢治&坂元章(1992)と同様の内容)
    • 山岡重行 (2009) 血液型性格判断の差別性と虚妄性(自主企画(2)) 日本パーソナリティ心理学会大会 - 1999年から2009年までの6600人を調べたところ、血液型性格分類に対するステレオタイプを持つ被験者に限り多くの項目で有意差が出た。
    • 松井豊 (1991) 血液型による性格の相違に関する統計的検討 東京都立立川短期大学紀要 - 1980/82/86/88年の約1万人を調査したところ、上記の山崎賢治&坂元章(1992)と同じデータだが差は出ていないと述べている。
    • 縄田健悟(2014) 血液型と性格の無関連性 - 日米約1万人のデータを調べたが差は出なかった
  11. ^ a b c d “信じていいの、この占い。☆バーナム効果☆”. BONITA message. http://bonitamessage.jp/ww/cont/id/1152 2014年7月25日閲覧。 
  12. ^ “「確証バイアス」にご用心 ~血液型と性格との相関について~”. ITmedia オルタナティブブログ. http://blogs.itmedia.co.jp/tani/2014/07/16-4800.html 2014年7月25日閲覧。 
  13. ^ a b “予言の自己成就”. JAW 安全衛生ホームページ. http://www.jaw.or.jp/anzen/letter/no_25.htm 2014年7月25日閲覧。 
  14. ^ a b “科学 血液型と性格「関連なし」…日米1万人超を調査”. 読売新聞(YOMIURI ONLONE). http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140722-OYT8T50051.html 2014年8月17日閲覧。 
  15. ^ a b c 山岡重行「テレビ番組が増幅させる血液型差別 (PDF)
  16. ^ 山岡重行 (2009) 血液型性格判断の差別性と虚妄性(自主企画(2)) 日本パーソナリティ心理学会大会
  17. ^ Neil J. Risch, "Searching for genetic determinants in the new millennium", Nature, vol. 405, pp. 847-856 (15 June 2000) (doi:10.1038/35015718).
  18. ^ 永田宏『血液型で分かる なりやすい病気 なりにくい病気』がん、胃潰瘍、脳梗塞から感染症まで 講談社ブルーバックス 2013年 ISBN 978406257839 に紹介されている論文の例
    • Brian M. Wolpin et al., ABO Blood Group and the Risk of Pancreatic Cancer, Journal of the National Cancer Institute (2009) 101(6): 424-431.
  19. ^ Women with O blood type may struggle to conceive - Telegraph

関連項目[編集]