確証バイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

確証バイアス(かくしょうバイアス: Confirmation bias)とは社会心理学における用語で、自己の先入観に基づいて他者・対象を観察し、自論に合う情報を選別し受容して、それにより自信を深め、自己の先入観が補強される現象である。

確証バイアスの例[編集]

グループに一人だけ女性がいた場合(他は全員男性)、その女性が様々な行動を示していたにもかかわらず、女性への固定観念に合致する行動が特に認識されやすく「やはり女性は○○である」という結論に導かれる。

グレゴール・ヨハン・メンデルが論文で報告した実験データの一部が、メンデルの法則の理論値に合いすぎていることが発見されており、確証バイアスによってデータの作為的な選別が行われたとの推測がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]