グレゴール・ヨハン・メンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレゴール・ヨハン・メンデル
Gregor Johann Mendel
人物情報
生誕 1822年7月20日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国, ハインツェンドルフ・バイ・オドラウ英語版
死没 1884年1月6日(満61歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国, ブリュン
居住 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
出身校 オルミュッツ大学英語版ウィーン大学
学問
研究分野 遺伝学
主な業績 メンデルの法則の発見
テンプレートを表示

グレゴール・ヨハン・メンデル: Gregor Johann Mendel1822年7月20日[1] - 1884年1月6日)は、オーストリア帝国ブリュン(現在のチェコブルノ)の司祭植物学研究を行い、メンデルの法則と呼ばれる遺伝に関する法則を発見したことで有名。遺伝学の祖。

当時、遺伝現象は知られていたが、遺伝形質は交雑とともに液体のように混じりあっていく(混合遺伝)と考えられていた。メンデルの業績はこれを否定し、遺伝形質は遺伝粒子(後の遺伝子)によって受け継がれるという粒子遺伝を提唱したことである。

生涯[編集]

オーストリア帝国オドラウ英語版近郊のハインツェンドルフ(Heinzendorf bei Odrau, 現在のチェコモラヴィアヒンチツェ英語版)に小自作農の子として生まれ、ヨハンと名付けられる。母語ドイツ語であった。オルミュッツ大学で2年間学んだ後、1843年聖アウグスチノ修道会に入会し、モラヴィア地方ブリュン修道院に所属、修道名グレゴール(グレゴリオ)を与えられる。

メンデルの所属した修道院は哲学者、数学者、鉱物学者、植物学者などを擁し、学術研究や教育が行われていた。1847年に司祭に叙階され、科学を独学する。短期間ツナイムギムナジウム数学ギリシア語を教える。1850年、教師(教授)の資格試験を受けるが、生物学と地質学で最悪の点数であったため不合格となった。

1851年から2年間ウィーン大学に留学し、ドップラー効果で有名な C.ドップラーから物理学数学、F. ウンガーから植物解剖学生理学、他に動物学などを学んだ。

ブリュンに帰ってからは1868年まで高等実技学校で自然科学を教えた。上級教師の資格試験を受けるが失敗している。 この間に、メンデルは地域の科学活動に参加した。また、園芸や植物学の本を読み勉強した。このころに1860-1870年にかけて出版されたチャールズ・ダーウィンの著作を読んでいたが、メンデルの観察や考察には影響を与えていない。

遺伝の研究[編集]

メンデルが自然科学に興味・関心を持ち始めたのは、1847年司祭として修道院の生活を始めた時である。1862年にはブリュンの自然科学協会の設立にかかわった。 有名なエンドウマメの交配実験は1853年から1868年までの間に行われた。エンドウマメは品種改良の歴史があり様々な形質や品種があり、人為交配(人工授粉)が行いやすいことにメンデルは注目した[2]。次に交配実験に先立って、種商店から入手した 34品種のエンドウマメを二年間かけて試験栽培し、形質が安定している(現代的用語で純系に相当する)ものを最終的に 22品種選び出した。これが遺伝法則の発見に不可欠だった。メンデル以前にも交配実験を行ったものはいたが、純系を用いなかったため法則性を見いだすことができなかった。

その後交配を行い、種子の形状や背の高さなどいくつかの表現型に注目し、数学的な解釈から、メンデルの法則と呼ばれる一連の法則を発見した(優性の法則、分離の法則、独立の法則)。これらは、遺伝子が独立のときのみ成り立つものであるが、メンデルは染色体が対であること(複相)と共に、独立・連鎖についても解っていたと思われる。なぜなら、メンデルが発表したエンドウマメの七つの表現型は、全て独立遺伝で 2n=14であるからである[3]

この結果は口頭での発表は1865年ブリュン自然協会で、論文発表は1866年に『ブリュン自然科学会誌』で行われた。タイトルは「Versuche über Pflanzen-Hybriden」(=植物雑種に関する実験)であった。さらにメンデルは当時の細胞学の権威カール・ネーゲリに論文の別刷りを送ったが、数学的で抽象的な解釈が理解されなかった。メンデルの考えは、「反生物的」と見られてしまった。ネーゲルから、ネーゲルの研究していたミヤマコウゾリナによる実験を勧められ、研究を始めたがこの植物の形質の要素は純系でなく結果は複雑で法則性があらわれなかったことなどから交配実験から遠ざかることになった。

1868年に修道院長に就任し多忙な職務をこなしたが、1870年ごろには交配の研究をやめていた。気象の分野の観測や、井戸の水位や太陽の黒点の観測を続け、気象との関係も研究した。没した時点では気象学者としての評価が高かった[4]

研究成果の承認[編集]

メンデルは、研究成果が認められないまま、1884年に死去した。メンデルが発見した法則は、1900年に3人の学者、ユーゴー・ド・フリースカール・エリッヒ・コレンスエーリヒ・フォン・チェルマクらにより再発見されるまで埋もれていた。彼らの発見した法則は、「遺伝の法則」としてすでにメンデルが半世紀前に研究し発表していたことが明らかになり、彼の研究成果は死後に承認される形となった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ しばしば7月22日誕生日とされるが、22日は洗礼を受けた日であり、誕生日は7月20日である。 Biography of Mendel at the Mendel Museum
  2. ^ エンドウ豆は、花の色が白か赤か、種の表面に皺があるかない(滑らか)か、さらに、花弁の中に雄しべ・雌しべが存在し花弁のうちで自家受粉するので、他の植物の花粉の影響を受けず純系を保つことができるなどの観察のしやすさを備えていることから使用した(フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 279ページ)
  3. ^ 後世の研究により7つの形質の対応する遺伝子のうちいくつかは連鎖していることが示されているので,原文のような憶測はもはや成り立たない.独立の法則の導出に使われた形質の組み合わせは,運良く独立の相同染色体に載っていたか,もしくは連鎖していたにもかかわらず距離が離れていたためかなりの確率で交差を起こし,あたかも独立であるかのように見えたかのどちらかであると考えられる;参考文献,Mendelian controversies: a botanical and historical review. Fairbanks and Rytting, American Journal of Botany,2001;88:737-752
  4. ^ 天才たちの科学史』杉春夫、平凡社新書(2011年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]