ブルノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルノ
Brno view.jpg
ブルノ市の眺め
Flag of Brno.svg Brno (znak).svg
位置
ブルノの位置の位置図
ブルノの位置
座標 : 北緯49度12分 東経16度37分 / 北緯49.200度 東経16.617度 / 49.200; 16.617
歴史
建設 1146年
行政
チェコの旗 チェコ
 州 南モラヴィア州の旗 南モラヴィア州
 郡 ブルノ市郡
ブルノ
市長 Roman Onderka
地理
面積  
  域 230.02 km2
標高 237 m
人口
人口 (2006年現在)
  域 366,680人
    人口密度   1,593人/km2
  都市圏 729,510人
公式ウェブサイト : www.brno.cz

ブルノチェコ語: Brno Cs-Brno.ogg listen[ヘルプ/ファイル])は、チェコ共和国第2の都市。モラヴィア地方の中心都市であり、スヴィタヴァ川スヴラトゥカ川の合流点に位置する。

ドイツ語名はブリュン (Brünn) またはブルン (Brunn)。

歴史[編集]

11世紀末にはプシェミスル家の城がおかれており、12世紀末よりモラヴィア辺境伯領の中心地となった。この頃よりドイツ人の移住が盛んになり、ドイツ化が進んだ。13世紀半ば、ボヘミアヴァーツラフ1世によって都市特権を認められた。15世紀前半のフス戦争では、皇帝ジギスムントを支持する姿勢をとった。そのため、フス派の攻撃を幾度か受けたが撃退に成功した。近世を通じてモラヴィア地方の中心都市であり続け、17世紀前半の三十年戦争でもスウェーデン軍による攻撃を守り抜いた。18世紀半ばのオーストリア継承戦争に乗じ、今度はプロイセンが街の征服を図ったが、これも失敗に終わった。

18世紀後半、この地の周辺で炭坑が見つかったことは、その後の工業化に有利に働くこととなる。19世紀より繊維産業が本格的に発展し、「チェコのマンチェスター」とも称された。1839年にはブルノ本駅が営業を開始し、ウィーンと鉄道で結ばれた。さらに、1860年にはそれまであった市壁が壊されて環状道路が設けられたことで、街の発展が一層進められた。工業化の進展は社会主義運動の高揚も引き起こし、1899年には、この地でオーストリア社会民主労働者党の党大会が開催され、ブリュン綱領連邦制的な民族問題綱領を含むことで知られる)が採択された。

ブルノは、第一次世界大戦後のオーストリア=ハンガリー帝国の解体に伴い、新たに建国されたチェコスロヴァキアの一都市となった。1919年には、市内に初代大統領であるトマーシュ・マサリクの名を冠したマサリク大学が建てられた。

住民は歴史的にドイツ系が多く、モラヴィアにおけるドイツ語言語島を構成していたが、第二次世界大戦後、チェコスロヴァキア政府によるベネシュ布告により、ドイツ系住民の市民権と私有財産の剥奪・没収が決定され、国外追放された[1]

1948年の共産主義化、1989年東欧革命1993年チェコ・スロヴァキア分離を経て、現在はチェコ共和国に属し、モラヴィア地方の中心都市としての発展をみている。チェコ共和国の憲法裁判所、最高裁判所、最高検察庁など政府の重要な司法機関も設置されている。

人口[編集]

ブルノの人口推移 1389-2011
データ出典元:1839年と1850年[2]。2011年[3]。それ以外のデータ[4]

教育機関[編集]

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

Central-Europe-map.png この「ブルノ」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ