カウナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カウナス
Kaunas
上段: カウナス城、2段目左: ペルクーナスの家、同右: カウナス旧市庁舎、3段目: カウナスの沼、下段左: ヴィータウタス大公戦争博物館、同右: 聖ミコラス大天使教会
上段: カウナス城、2段目左: ペルクーナスの家、同右: カウナス旧市庁舎、3段目: カウナスの沼、下段左: ヴィータウタス大公戦争博物館、同右: 聖ミコラス大天使教会
カウナスの市旗 カウナスの市章
市旗 市章
位置
カウナスの位置(リトアニア共和国)の位置図
カウナスの位置(リトアニア共和国
座標 : 北緯54度53分48秒 東経23度53分32秒 / 北緯54.89667度 東経23.89222度 / 54.89667; 23.89222
歴史
文献に登場 1361年
市に制定 1408年
行政
リトアニアの旗 リトアニア
 地方 アウクシュタイティヤ
 県 カウナス県
 自治体 カウナス都市自治体
 市 カウナス
地理
面積  
  市域 157 km2 (60.6 mi2)
人口
人口 2009年現在)
  市域 352,279人
  都市圏 677,270人
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : http://www.kaunas.lt/
カウナス旧市庁舎

カウナスリトアニア語英語など: Kaunas.ogg Kaunas[ヘルプ/ファイル], ラトビア語: Kauņa, ポーランド語: Kowno, ロシア語: Каунас)は、リトアニア第2の都市で、ソビエト連邦併合以前のリトアニアの首都(臨時)。人口は約355,550人(2008年)。リトアニアのほぼ中央に位置し、ネムナス川ニャリス川の合流点にある市の中心部は歴史的な町並で有名。ワルシャワからリガタリンを通ってヘルシンキに到る高速道路「Via Baltica」(en)の沿線にある。

歴史[編集]

カウナスの歴史は、少なくとも10世紀まで遡ることができ、最初に、現存する文書に登場するのは1361年のことである。13世紀にはドイツ騎士団の攻撃から街を守る為に城壁が造られたという。1408年マクデブルク法による特許を得て以後、重要な川港を擁する交易の中心地として発展を始める。1441年、ハンザ同盟の都市となり、同盟の商業事務所が置かれた。16世紀、リトアニア大公国の元で街は大きく発展した。17世紀から18世紀に掛けて、ロシアスウェーデンナポレオン軍などの侵攻を受け、また疫病の流行などもあって街は荒廃した。1862年、ロシアとドイツを結ぶ鉄道が開通すると、カウナスは重要な中継地点となり、1892年には最初の発電所が稼働を始めた。1919年、それまで首都であったヴィリニュスがロシアに占領されると、リトアニア政府はこの街に移転して来た。そして翌1920年、ヴィリニュスがポーランドに併合されると、カウナスは臨時に首都となった(ただし憲法上はあくまでヴィリニュスが首都とされた)。

それから第二次世界大戦までの間、カウナスはリトアニア最大の都市として、工業的にも発展した。大戦が始るとリトアニアを含むバルト三国はポーランド東部と共にソ連に占領されたが、間もなくドイツ軍が侵攻し街は破壊された。戦後はソ連の一部となり、再び工業が盛んになった。リトアニアの工業生産の四分の一を担うまでになり、1966年にはトロリーバスが開通した。

1991年、ソ連の崩壊に先立って、リトアニアが独立すると、カウナスもその一部となり現在に至っている。

人口の変遷[編集]

  • 1723年 28,000
  • 1796年 8,500
  • 1813年 3,000
  • 1825年 5,000
  • 1840年 8,500
  • 1860年 23,300
  • 1897年 71,000
  • 1923年 92,000
  • 1940年 154,000
  • 1959年 214,000
  • 1966年 275,000
  • 1989年 418,087
  • 2001年 378,943
  • 2004年 366,652
  • 2005年 361,274

民族の割合[編集]

現在、市民の多くはリトアニア人である。ただしかつて19世紀において、リトアニア人の割合はわずか 6.6 % にすぎなかった[1]

各年度における民族の割合は以下の通り。

2001年

  1. リトアニア人 92.9%
  2. ロシア人   4.4%
  3. ウクライナ人 0.5%
  4. ポーランド人 0.4%
  5. その他    1.8%

1939年

  1. リトアニア人 60%
  2. ユダヤ人   25%
  3. ポーランド人 10%
  4. その他    5%

1919年

  1. ポーランド人 42%
  2. ユダヤ人   31%
  3. リトアニア人 16%
  4. ロシア人   1.5%
  5. その他    1%

(注:ただし多くのリトアニア人は「ポーランド人」として扱われている)

ユダヤ人脱出拠点としてのカウナス[編集]

ドイツ軍侵攻に伴い隣国ポーランドから迫害を逃れて流入してきた大量のユダヤ人に対し、当時在カウナス日本領事館に領事代理として赴任していた杉原千畝は、盟邦ドイツへの配慮から査証発給を避けるよう訓令を発していた本国外務省の意向に反し、ユダヤ人に対して日本通過を可能とした査証及び渡航証明書を発給して欧州からの脱出を支援した。この件では最終的には数千人分にものぼる査証・渡航証明書が発給されたと言われている。

旧日本領事館は現在資料館になっており、麻生太郎外務大臣2006年5月6日に視察している。また、ヴィリニュスに杉原通りもある。

姉妹都市[編集]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 志摩園子『バルト三国の歴史 エストニア・ラトヴィア・リトアニア』中公新書。2004年。p.124。

関連項目[編集]

  • 杉原千畝 - 第二次世界大戦中の在カウナス領事時代に日本通過ビザを発給してユダヤ難民を救った。

外部リンク[編集]