ベン・シャーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッコとバンゼッティの受難

ベン・シャーンBen Shahn, 1898年9月12日 - 1969年3月14日)は、リトアニア生まれのアメリカ画家ユダヤ系リトアニア人

20世紀アメリカを代表する画家であるシャーンは、1898年、リトアニア(当時は帝政ロシア領)のカウナスに貧しい木彫職人の子として生まれた。父はヨシュア・ヘッセル Joshua Hessel、母はギッテル・リーベルマン=シャーン Gittel Lieberman-Shahn で、両親ともユダヤ人だった。

略歴[編集]

1906年、7歳のとき、移民としてアメリカに渡る。ニューヨークブルックリンに住み、石版画職人として生計を立てていたシャーンは、肉体労働者、失業者など、アメリカ社会の底辺にいる人々と身近に接し、彼らに共感をもっていた。シャーンが社会派リアリズムの画家として、戦争、貧困、差別などのテーマを扱い続けたのも、こうした経歴と関係があろう。

1954年の核実験で被爆した第五福竜丸をテーマにしたシリーズ、フランスのドレフュス事件をテーマにしたシリーズなどが知られている。壁画、ポスター挿絵写真など、グラフィックアートのあらゆる分野に手を染めている。晩年には詩人リルケの『マルテの手記』をテーマにした石版画連作を残している。

代表作[編集]