欧州文化首都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2009年 欧州文化首都のシンボルを側面に描いたリンツの路面電車
2008年 欧州文化首都リヴァプールのバナー
1988年 欧州文化都市ベルリンの記念切手

欧州文化首都(おうしゅうぶんかしゅと、: European Capital of Culture: capitale européenne de la culture)は、欧州連合が指定した加盟国の都市で、一年間にわたり集中的に各種の文化行事を展開する事業。当初、「欧州文化都市」(: European City of Culture: ville européenne de la culture)と呼ばれていたこの事業は、1983年ギリシャの文化大臣メリナ・メルクーリが提唱し、1985年アテネを最初の指定都市として始まった。当初は、加盟国を一つずつ巡回する形で行なわれ、順番にあたる国の政府が開催都市を決定した。当初は各国の首都など、文字通り欧州を文化面で代表する都市が選ばれることが多かったが、やがて単なる文化事業ではなく、観光客の誘引など経済効果も大きい事業として注目されるようになると、都市開発の契機とすることを企図して、比較的知名度やイメージが見劣りする経済的に停滞した都市などを選ぶ例が増えていった。欧州連合への加盟国が増加し、この事業の導入希望が増えたことを受け、2000年には一挙に9都市が指定され、2001年以降は年次によっては複数の都市が指定されるようになった。1999年には、事業の改称が決定され、2005年から現行の名称となった。

2011年より、文化首都に選ばれた別個の国の二都市は協力し活動やイベントを運営する予定。

文化首都に選ばれるためには、欧州全体の文化の特徴を備えた文化プログラムを計画し、またそのイベントにはその都市の市民の参加も不可欠である。選ばれるイベントのテーマや芸術家や運営者も欧州各国から集まったものでなくてはならず、またプログラム自身もその都市の長期的な文化、経済、社会発展に継続的な効果のあるものでなくてはならないとされている。

制定都市一覧[編集]

2017年以降は欧州文化首都が選ばれる国のみ決定している。

外部リンク[編集]