オウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オウル
Oulu
Oulu City Hall 2006 02 12.JPG
オウル市庁舎
Oulu.vaakuna.svg
市章
位置
北欧における位置の位置図
北欧における位置
座標 : 北緯65度01分 東経25度28分 / 北緯65.017度 東経25.467度 / 65.017; 25.467
歴史
建設 1605年
行政
フィンランドの旗 フィンランド
 県 北ポフヤンマー県
 郡 オウル郡
 市 オウル
市長 Matti Pennanen
地理
面積  
  市域 1,513.37 km2 (584.3 mi2)
    陸上   1,410.17 km2 (142.7 mi2)
    水面   103.2 km2 (39.8 mi2)
標高 0-60 m
人口
人口 (2011年現在)
  市域 141,742[1]
    人口密度   100.51人/km2(910.1人/mi2
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番号 90120
市外局番 +358-80
統計データ
公式ウェブサイト : http://www.ouka.fi/
大聖堂
街の風景

オウルOulu)は、フィンランド中部に位置する都市。北ポフヤンマー県の県庁所在地。オウル州存在時は、州都でもあった。オウル郡に属する。スウェーデン語ではウレオボルイUleåborg)。人口は約14万人(2011年統計)で、国内第6位の規模をもつフィンランド北部における中核都市。オウル市とその周辺都市とでオウル都市圏を形成しており、フィンランド国内でも早い成長を見せている場所のひとつである。都市圏の人口はおよそ23万人。ハイテク産業が発達していることで知られているが、すぐれた社会福祉サービスと教育システムをもち、戸外活動なども盛ん。

地勢・産業[編集]

オウル川ボスニア湾に注ぐ辺りに位置している港湾都市。オウル川沿いでは豊富な水量を利用して水力発電が盛んであり、金属・化学工業が発展している。近隣の都市としては、約160キロ北にあるロバニエミが挙げられる。

無線通信において世界最先端の技術をもち、ビジネスから研究、教育、起業、製品開発における体制が整っている。800以上のハイテク企業がオウル都市圏に進出しており、ノキアノキア・シーメンス・ネットワークスポーラー・エレクトロアナログ・デバイセズウィプロ・テクノロジーズサスケン・コミュニケーション・テクノロジーズエフ・セキュアフレクストロニクスがその代表例として知られる。また、医療分野の健康産業も強みとしている。

歴史[編集]

1605年スウェーデンカール9世によって建てられ、1610年に都市特権を認められた。1776年オウル州の州都となった。1815年ウィーン議定書でフィンランドはロシア帝国領となったため、オウルもロシアの支配下におかれた。1822年の大火で街は激しく損傷したが、その後復興を果たした。

2009年1月1日にイルキミンキ英語版を編入合併した。合併前のオウルは人口130,459人(2007年)、面積449.2km²(173.4mi²)うち陸上部369.7km²(142.7mi²)、水面75.5km²(29.2mi²)人口密度351.4人/km²(910.1人/mi²)であった。

文化[編集]

フィンランドの叙情詩人ヴェイッコ・アンテロ・コスケンニエミ(1885年 - 1962年)、作曲家レーヴィ・マデトヤ(1887年 - 1947年)、オウルの出身である。

イベント[編集]

1996年、オウルで第1回エア・ギター世界大会が開催された。以来毎年開催され、2004年・2005年には日本におけるエア・ギター界の先駆・金剛地武志が4位入賞を果たし、2006年にはお笑い芸人コンビダイノジの大地洋介が初出場にして初優勝の快挙を遂げた。

教育[編集]

大学[編集]

  • オウル大学 - フィンランド国内第二の規模をもつ研究型の総合大学。1959年に創設され、世界最北端に位置する総合大学でもある。
  • オウル工科大学 - 旧称名「Oulu Polytechnic」から「Oulu University of Applied Sciences」に名称を変更した大学。工科大学としては国内最大規模。およそ8,000人の学生が在籍している。

交通[編集]

  • 空港
    • オウル空港(OUL) - オウル市内から南西15kmに位置する。フィンランド国内において第二の利用乗客数をもつ空港。ヘルシンキより1時間。
  • 鉄道
    • VR - オウル駅からヘルシンキ駅までおよそ5時間44分で結ばれている。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 統計表No.564

外部リンク[編集]