ヴェイッコ・アンテロ・コスケンニエミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Veikko Antero Koskenniemi.jpg

ヴェイッコ・アンテロ・コスケンニエミフィンランド語: Veikko Antero Koskenniemi1885年7月8日 - 1962年8月4日)は、フィンランドの詩人。ジャン・シベリウスの「フィンランディア」を作詞し、合唱版の「フィンランディア賛歌」をつくったことで知られる。

オウル出身。1921年にトゥルク大学の文学史教授に就き、1948年にはフィンランド・アカデミーに入った。トゥルクで亡くなった。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテヨハン・ルドヴィグ・ルーネベリ象徴主義の影響を受け、かつては国内で最も人気のある作家のひとりだった。詩、紀行、エッセイで知られた。

1940年に発見された小惑星コスケンニエミ」は彼にちなみ名づけられた。

外部リンク[編集]