サロ (フィンランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サロ
Salon kaupunki(スオミ語)
サロ中心街の夜景
サロ中心街の夜景
サロの市章
市章
位置
サロの位置の位置図
サロの位置
座標 : 北緯60度23分10秒 東経23度07分30秒 / 北緯60.38611度 東経23.12500度 / 60.38611; 23.12500
歴史
市場町 1887年
市制 1960年
行政
フィンランドの旗 フィンランド
 県 南西スオミ県
 郡 サロ郡
 市 サロ
首長 Antti Rantakokko
地理
面積  
  市域 2,168.27[1] km2 (837.2 mi2)
    陸上   1,986.49 km2 (767 mi2)
    水面   181.78 km2 (70.2 mi2)
人口
人口 (2011年現在)
  市域 55,243[2]
    人口密度   27.81人/km2(72/人/mi2
  備考 フィンランド第18位
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : www.salo.fi

サロ (Salo) は、フィンランド南西スオミ県の都市でバルト海岸に位置する。サロ郡に属する。人口55,243人 (2011年1月31日現在)でその内男性が27,134人、女性が28,109人である。サロはスオミ語で「森の地」という意味である。

ヘルシンキトゥルクの中間に位置し、ノキアの主力工場が立地する。

2009年、ハリッコ、キーカラ、キスコ、クーショキ、ムールラ、ペルニエ、ペルッテリ、スオムシェルヴィ、セルキサロを合併し、広大な市となった。面積2168km2

サロ出身の人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FINLANDS AREAL KOMMUNVIS 1.1.2011
  2. ^ 統計表No.734