ラッペーンランタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッペーンランタ
Lappeenrannan kaupunki(スオミ語)
ラッペーンランタの港湾
ラッペーンランタの港湾
ラッペーンランタの市章
町章
位置
ラッペーンランタの位置の位置図
ラッペーンランタの位置
座標 : 北緯61度04分 東経28度11分 / 北緯61.067度 東経28.183度 / 61.067; 28.183
歴史
憲章 1649年
行政
フィンランドの旗 フィンランド
 県 南カルヤラ県
 郡 ラッペーンランタ郡
 町 ラッペーンランタ
首長 Seppo Miettinen
地理
面積  
  町域 1,723.50[1] km2 (665.4 mi2)
    陸上   1,433.36 km2 (553.4 mi2)
    水面   290.14 km2 (112 mi2)
人口
人口 (2011年現在)
  町域 72,038[2]
    人口密度   50.26人/km2(130.2人/mi2
  備考 フィンランド第13位
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : www.lappeenranta.fi

ラッペーンランタフィンランド語: Lappeenrantaスウェーデン語: Villmanstrand)はフィンランド南東部の南カルヤラ県にある都市である。ラッペーンランタ郡に属する。

都市はフィンランド最大の湖であるサイマー湖の南岸にある。また、ロシア国境からは30kmほどの位置でもある。2009年1月1日にヨウツセノと、2010年1月1日にユラマー英語版と合併した。

歴史[編集]

ラッペーンランタは16世紀から市場町として栄え、1649年にスウェーデンクリスティーナ女王から憲章を与えられた。1721年から1743年まではKymmenegårdとSavonlinna provinceの首都であった。

1741年から1743年のロシア-スウェーデン戦争英語版では激戦地となった。

ラッペーンランタ出身の人物[編集]

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FINLANDS AREAL KOMMUNVIS 1.1.2011
  2. ^ 統計表No.405
ラッペーンランタの港湾 (2008)
Northern-Europe-map-extended.png この「ラッペーンランタ」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ