クリスティーナ (スウェーデン女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティーナ
Kristina
スウェーデン女王
フィンランド大公
David Beck - Christina, Queen of Sweden 1644-1654 - Google Art Project.jpg
在位 1632年11月6日 - 1654年7月6日
戴冠 1650年10月20日
出生 1626年12月8日
スウェーデン・バルト帝国の旗 スウェーデン・バルト帝国ストックホルム
死去 1689年4月19日(満62歳没)
ローマ
埋葬 1689年7月22日
バチカンサン・ピエトロ大聖堂
王朝 ヴァーサ朝
父親 グスタフ2世アドルフ
母親 マリア・エレオノーラ
宗教 ルター派(プロテスタント)
のちカトリック
テンプレートを表示

クリスティーナ(Kristina, 1626年12月8日グレゴリオ暦12月18日) - 1689年4月19日)は、17世紀ヴァーサ朝スウェーデン女王(在位:1632年 - 1654年)。グスタフ2世アドルフと王妃マリア・エレオノーラブランデンブルク選帝侯およびプロイセン公ヨハン・ジギスムントの娘)の娘。

後世の歴史家は、クリスティーナを「バロックの女王」と呼んだ。スウェーデン普遍主義に則り、フィンランド大公を兼ねた最後のヴァーサ家のスウェーデン君主である。晩年はカトリック改宗している[1]

生涯[編集]

父王の死後、6歳で即位。初め宰相であるアクセル・オクセンシェルナ伯爵の補佐を受けたが、三十年戦争およびトルステンソン戦争終結の1644年頃から親政を行った。彼女の治世下でもスウェーデン軍はフランス王国と提携して中央ヨーロッパに進出し、ヴェストファーレン条約ではポメラニアのほか多数の都市と賠償金を得る(スウェーデンは当初、戦勝国として膨大な要求を敗戦国に突き付けたが、クリスティーナはそれを拒否して大幅な譲歩をして交戦国と妥協した。クリスティーナの寛大な譲歩は、臆病な平和とスウェーデン国内から非難され、ウクセンシェルナなど守旧派の反発を招いたが、女王が意志を貫き通したこともあり、講和が成立した)。神聖ローマ皇帝に迫って新教徒の権益を拡げさせることにも成功している。オリバー・クロムウェル護国卿をしていたイングランド共和国と同盟を結び、スウェーデンのヨーロッパにおける大国の地位を安定させた。

クリスティーナは財政に疎く、あるいは無関心だった。後にスウェーデンは国家財政の財政難を招いてしまうが、この財政難の元凶の一端を担いでしまったのが彼女であった。しかし彼女は無能ではなく、高い政治能力を有していた。平和を願い、カトリックとプロテスタントの融和を説き、キリスト教の安寧と言う高貴な理想を抱いた一己の自由主義者であった。また彼女なりの王権成立に努力した騎士道精神の持ち主であった。神聖ローマ帝国におけるスウェーデン領のレーエン関係の成立などがそれを現している。しかし、絶対主義化とプロテスタント主義を目指すスウェーデン政府との軋轢が彼女を苦しめたのである。スウェーデンの国益と自由主義の狭間で揺れ動いた彼女は、最終的に己の意志を貫き、退位を決意したのであった。

豊かな教養を持つクリスティーナは、グロティウスデカルトらと交わり、彼らを宮廷に招聘している。一方、早くも20歳の時に王位を去る計画を立て、その7年後に従兄カール10世に王位を譲り、外遊を始めた。

1655年インスブルックで誓絶式を行い、カトリックに改宗した。1655年12月ローマに到着し、以後ローマに居を定め各国を旅行して廻った。フランス・ドイツ・スウェーデンを数回旅行し、ポーランド王国ナポリ王国の王位につこうとして失敗したのち、1668年からローマに定住し、学問・芸術・文学を研究する日々を送る。1674年にはローマにアカデミー(後のアルカディア学会英語版)を創設した。

1689年、ローマで逝去。遺体はバチカンサン・ピエトロ大聖堂に葬られた。

人柄と後世の評価[編集]

ヴォルテールがたびたびクリスティーナを自著で扱い、「クリスティーナは天才的な女性であった。戦争以外に何もわきまえない国民の上に君臨するよりも学者たちと語り合うことを好み、王位を惜しげもなく捨て去ることによって名を謳われたのである。新教徒は彼女を苦しめた。ルターを信じないかぎりすべての徳は無意味であるとさえ考えられる有様である。一個の自由思想家にすぎない女性の改宗を促すことは教皇にとって易々たる仕事であったに違いない」と賞賛している(『カール12世』より)。しかしフォンテーヌブローで家臣のモナルジテイタリア語版を殺させたことについては、「王位を賭して自身の哲学を実践しながら、この残忍かつ破廉恥な行為で、せっかくの哲学を台無しにしてしまった」と非難をしている(『ルイ14世の世紀』より)。

イギリスの歴史家ヴェロニカ・ウェッジウッド英語版は即位直後のクリスティーナを「名ばかりの人ではないにしろ、媚びへつらいに甘く、騙されやすかったが、強情でかつ知性をもった若人だった。あの高名な父の娘として、彼女は状況に対処する勇気を持ち、(彼女の老臣たちより)もっと大胆に、あっさりと、父の政策のセンチメンタルな墨守を放棄することができた」と評している。

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 菊池良生『戦うハプスブルク家 - 近代の序章としての三十年戦争』193P

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
グスタフ2世アドルフ
スウェーデン女王
1632年 - 1654年
次代:
カール10世