大国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大国(たいこく)とは、

  1. 国土面積の大きな国家)。
  2. ある分野において国際的に大きな力を持つ国。
  3. 律令制から明治維新までの令制国の等級。通常は国司の等級として用いられた。大国 (令制国)を参照。

本項では2.について取り扱う。


  主に超大国とみなされる国
  主に大国とみなされる国
  主に地域大国とみなされる国
  主に中級国家とみなされる国
国際連合安全保障理事会における常任理事国の地位は、現代の典型的な政治的「大国」の象徴として記されることが多い。
北海道洞爺湖サミット2008年)での各国首脳。8つの国が国際問題を議論するため、非公式の世界政府などと批判される。
ヤルタ会談(中央ソファー左からチャーチルルーズベルトスターリン)。イギリスアメリカ合衆国ソ連の三つの国によって第2次世界大戦後の国際秩序が決められたため、冷戦体制を「大国による世界分断」(「NHK「映像の世紀」)と呼ばれることがある。

大国(たいこく)とは、ある分野において国際的に大きな力を持つ国のことである。

概要[編集]

現代では主に国際連合常任理事国であるアメリカ合衆国イギリスフランスロシア連邦中華人民共和国の5カ国に加え、経済大国である日本ドイツを指すことが多い[1][2]。近年では国力が高まってきたインドも含めることがある[3]。しかし、大国とは相対的なものであり、時代世紀国力軍事力、歴史的経緯など多様な要素によって判断されるので、一概に決めることはできず、固定的なものではない。

大国の分類[編集]

冷戦下のアメリカ合衆国とソビエト連邦は大国を超える存在として超大国と呼ばれていた。冷戦が終結しソ連崩壊の後は、アメリカが唯一の超大国とみなされている。

欧州連合 (EU) や独立国家共同体 (CIS) のような国家連合を国家ほどの一体性はないものの類する勢力とする考え方がある。

また、「地域大国」という表現もある。これは「大国」が全世界的に影響力をもつのに対し、ある一定の地域内で大きな影響力を持つ国を指すものである。例としては、東アジアにおける中国南アジアにおけるインド東南アジアにおけるインドネシア南アメリカにおけるブラジルなどが挙げられる。

さらに、その国のある特徴を指して「××大国」と表現されることがある。特に、福祉、軍事、経済の分野で使用されることが多く「福祉大国」、「軍事大国」や「経済大国」と表現される。他に「消費大国」や「離婚大国」、「人口大国」(インド、中国など)、「スポーツ大国」(オリンピックや国際大会で好成績の国)、「サッカー大国」(FIFAワールドカップでの優勝やベスト8以上に進出している回数の多いブラジルドイツなど)などもある。

日本は第二次世界大戦の敗戦で列強から脱落したものの、その後の復興で地政学的要因および経済大国として大きな影響力を持つようになったため、再び大国の地位を得ている。

また、「文化大国」という呼び方もある。どういう基準で大国と呼ばれるだけの巨大な影響力を持つか判断するのは議論が分かれるところであるが、基本的に世界の多くの国に文化的影響が認められるかどうかで判断される。

類似の表現として、周辺国に影響力のある国々を列強と言うことがある。また、このような大国に至った過程、又は大国を目指す意思や政策を立国と言う。

ミニ国家[編集]

対照的な定義として小国ミニ国家)がある。ただし、小国、ミニ国家については「領土面積」「人口」を基準としていることが多く、バチカン市国シンガポールのように国際的な影響力を持つミニ国家も存在する。「××小国」という表現は否定的な印象をあたえるため余り使われないが日本は(天然)資源小国などという言い方がある。

大国とみなされる国々[編集]

現在の大国間の相関図[4]
世界に占める大国のGDPと軍事費(2008年)

現在大国と呼ばれる国は、定義や研究者によって異なることがあるが、主要な研究機関[5]は以下のの7カ国を大国(Great Power)と位置づけている。[6][7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]


21世紀中葉には、アメリカ合衆国欧州連合ロシア連邦中華人民共和国日本インドの6か国・地域が大国になると予想されている。[14] [15] [16] [17] [18]

脚注[編集]

  1. ^ GLOBAL HIERARCHY
  2. ^ Great Powers in the Post-Cold War World
  3. ^ World’s fifteen most powerful countries in 2012
  4. ^ Current Alignment of Great and Middle Powers
  5. ^ アメリカ合衆国の国家情報会議(National Intelligence Council,略称:NIC)や戦略国際問題研究所(Center for Strategic and International Studies, 略称:CSIS )、イギリスの国際戦略研究所(International Institute for Strategic Studies,略称:IISS)、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(Stockholm International Peace Research Institute,略称:SIPRI)、インド防衛研究協会(Institute for Defence Studies and Analyses,略称:IDSA)、元外務省所管の日本国際問題研究所(The Japan Institute of International Affairs,略称:JIIA)、防衛省所管の防衛研究所(National Institute for Defense Studies,略称:NIDS)
  6. ^ CSIS - Democracy in U.S. Security Strategy
  7. ^ CSIS - Democracy in U.S. Security Strategy
  8. ^ IISS - Sanctions as Grand Strategy
  9. ^ SIPRI - A Future Arms Control Agend
  10. ^ EUROPEAN SECURITY FORUM - WHAT PROSPECTS FOR NORMATIVE FOREIGN POLICY IN A MULTIPOLAR WORLD ?
  11. ^ IDSA - North Korea after Kim Jong-Ⅱ:Implications for East Asian Security
  12. ^ JIIA - 平成22年度外務省国際問題調査研究・提言事業 アジア太平洋における各種統合の長期的な展望と日本の外交
  13. ^ NIDS - 平成15年度防衛戦略研究会議報告と討議 「イラク戦争後の国連、同盟、有志連合」
  14. ^ Global Powers in the 21st Century」
  15. ^ NIC - Report of the National Intelligence Council’s 2020 Projec」
  16. ^ CSIR - Regions and Powers The Structure of International Security」
  17. ^ RISING POWER - the new global reality」
  18. ^ アメリカ合衆国国家情報会議 - NIC Global Trends 2030

関連項目[編集]